安心してください。人工肛門オストメイトは臭くないですから。

最近はバイクの記事ばかり書いていてすみません。
今回は人工肛門関連の記事です。

*

さて、KenUのブログのアクセス解析をしてみると、訪問者がどんなことを知りたくてアクセスしてきているのかが想像できます。
そして、”ストーマ 臭い(におい、くさい)” などをキーワーにして検索して来られる方々が結構いて、「人工肛門になって、やはり皆さんニオイを気にされているんだなぁ~」ということがわかります。

おそらく、不安に駆られるのは、においがしないメカニズム、臭ってしまうメカニズムが分からないからではないでしょうか?
ということで、KenUが科学的に解説したいと思います。

*

基本的に、ストーマ装具(以下、「装具」と略。)が正しく装着され、装具が正しく機能していれば、オストメイトから便臭がすることはありません。

でも、他からクサイにおいがしても、もしかして自分から?と不安になることもありますよね?

自分の臭いは、自分ではなかなか分かり難いもの。
まずは自分がにおっているかどうか、確かめてみましょう。

方法としては、就寝時に頭から布団をかぶってみるのがもっとも簡単で、もっともわかりやすいです。
それで臭わなければぜんぜんOKです。

*

臭う原因は3つ考えられます。

影響が小さい順に書くと・・・

(1) 便排出時に装具パウチ外側に便が付着したのに気が付いていない
恐らく、このようなことはほとんど無いのではないかと思います。
「排出口に付着した便が綺麗に拭き取られていないから」と言われることがあるようですが、拭き残りが目視で確認できないレベルであれば問題ないと思います。
そうでなければ、便排泄後にトイレットペーパーでお尻を拭くだけの健常者は、皆くさいということになりますから。

(2) 装具パウチの防臭フィルター機能が弱い
防臭フィルターに使用されている活性炭は、におい成分の吸着性能にキャパシティーがあります。
なので、便の性状や排泄量によっては、防臭フィルター部分からわずかに臭いが漏れるようになることがあります。
しかし、普段からパウチ内に消臭潤滑剤を入れたり、消臭機能のあるカバーを付けるなど、臭いを抑える工夫を併用していれば、気にならないレベルに維持できると思います。
また、メーカー指定目安以上の日数で装具を使用しないということも必要でしょう。

(3) 面板の下に便が潜り込んでいる
これが主要原因であることがほとんどだと思います。
装具パウチは、防臭性に優れたフィルムが使用されているので、中に便が入っていても臭いが透過して外に漏れることはありません。

ですが、面板は、防臭性に劣るフィルムが使用されているので、面板下に便が潜り込むと臭いが透過して外に漏れることになります。

これについては、次にもう少し詳しくメカニズムを説明します。

*

ゴミ袋などに使われているポリエチレン製のフィルムは、ガスを通しやすいので臭いを遮断する機能は低いです。

一方、装具パウチは、例えば、PVDC(ポリ塩化ビニリデン)、EVOH(エチレン-ビニルアルコール共重合体)、ナイロン66(ポリアミド)、PAN(ポリアクリロニトリル)、PET(ポリエチレンテレフタレート)など、ガスバリア性の高いフィルムとヒートシール性のあるフィルムを貼り合せた多層構造になっていて、防湿・防臭機能が高くなっています。
PVDCはサランラップ、PETはペットボトルとしても有名ですね。

ガスバリア性の高いフィルムの炭酸ガス(CO2)透過度は、ポリエチレンの1/100以下です(表1)。

装具パウチは、そのようなガスバリア性の高いフィルムが多層に重ね合わされてできていますから、臭いが外に漏れることはないのです。

表1 各種フィルムの炭酸ガス透過度および水蒸気透過度
各種フィルムの炭酸ガス透過度及び水蒸気透過度
出典:安田 武夫, プラスチック材料の各動特性の試験方と評価結果(5), プラスチックスVol.51, No.6, pp.119-127 (2000)

装具面板には、発汗によって皮膚保護剤のハイドロコロイドが吸湿したり、皮膚が蒸れたりするのを防ぐために、水分が発散しやすい機能が求められます。

そのような理由で、面板の外表面には、ポリウレタンなどの水蒸気透過度(透湿性ともいう)の良好なフィルムが使用されます。
しかし、そのことは同時にガスバリア性も低下させることになります。

ポリウレタンの炭酸ガス透過度は、PVDCの1000倍以上です(表1)。

面板の粘着性のある皮膚保護剤部分もガスバリア性は低いので、面板の下のフランジ部分より外側にまで便が潜り込むと、臭いが外に漏れることになります。
ちなみに、これが原因で臭いが漏れているかどうかを確かめる方法としては、面板の上を指先でこすって、指先のにおいを嗅いでみるとわかります。

*

以上、におわない・臭うのメカニズムがはっきりしましたね。

少し、KenUの体験を書きます。

術後、病院のベッドで布団に頭を突っ込むと、へんなにおいがしました。
臭う原因も理由も何もわからず、「人工肛門のせいで、この先ずーっとこんな臭いを発して生きていくのか?」と思うと悲しかったです。
実は面板の下に水様便が漏れていたんですね。また、そのせいで開腹後縫合部の傷が化膿しました。

点滴から入院食に替わって、水様便が固形便になっても面板の下に潜り込みました。
ストーマ脇にできた大きな不良肉芽のせいで、わずかに皮膚が盛り上がっている部分があって、そこと面板との密着性が良くなかったためです。入院中ずーっと布団の中が臭かった。

退院しても、ときどき面板の下に便が潜り込みました。そうなると自宅の布団の中も臭い。
それで、何も知識がなかったので、特に面板側の対策はしないで、自作の消臭ストーマパウチカバーを開発しました。
頻繁に、指先で面板を擦って指先のにおいを嗅いで、漏れを確認していました。

術後2か月して、はじめてのストーマ外来で不良肉芽を切除してもらい、それからは、面板下に便は漏れなくなりました(※少量ならときどきあります)。
そして、布団の中に頭を突っ込んでも臭くなくなりました。

ということで、臭わないようにするためには、面板の下への便の漏れをいかに制御するか、また、面板の下に便が潜り込んだときにどのように臭気を捕捉・消臭するかがポイントになると思います。

そのときには知識がなかったんだけど、漏れ防止のペースト製品などがあることを今は知っています。
今は便の潜り込みはほとんど生じないのでペーストなどのストーマケア商品を検討する機会がありませんが、時間があるときにでも対策は考えてみたいと思います。

*

余談ですが・・・

あるメーカーの装具の特許の文面に興味深い内容を見つけたので紹介します。

****************

【発明が解決しようとする課題】
前略・・・しかしながら、従来のフラップ固定構造のドレナブル排泄物収容装具においては、下記のような問題があった。
即ち、日常生活の中では、不意にフラップに衣服やその他の接触物が引っ掛かってしまうことがあり、そのような引っ掛かりが生じた場合には、フラップの係合は一気に剥がれてしまう可能性があり、その結果、排泄物の漏れが起こる恐れがあった。・・・後略

****************

ここでいうフラップとは、便排出口を折り曲げて止めておく面ファスナーのことですが、例えば、腹巻をしていて、それをグッとめくり上げるときなどは注意が必要かもしれませんね。

KenUは、面ファスナーを外そうとしてフラップをグッと引っ張ったときに、勢いが強すぎてパウチを破ってしまったことがあります(笑

ストーマ装具の取り扱いは丁寧にしましょう。

************** 関連記事 **************

KenUの直腸癌切除術と入院中の備忘録

ストーマ造設後およそ3か月での大きさ変化

手作りストーマパウチカバーの型紙と消臭ストーマパウチカバーの作り方

ストーマ装具の選定と便排出処理するのにこんなのが欲しい!

***********************************

カテゴリー:ストーマ, stoma

AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

さて、以前、モーターサイクル・バイクグローブの防寒対策で、次の二つの記事を書きました。

「MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!」

「気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!」
です。

今回、同じ条件で、ハンドルカバーとオーバーグローブを比較してみました。

*

外気温は、およそ2℃

左手、つまりクラッチ側は、コミネのネオプレーンハンドルウォーマーAK-021 (親指部分切り取りあり。)、グラブは春夏用のRSタイチ ベロシティ レザー メッシュ グローブRST-417(←参照リンク)を装着しました。

右手、つまりブレーキ側は、アーバニズムのUNG-209 ヒートポケッテッドロングオーバーグローブ(ホッカイロなし)、グラブは冬用のRSタイチ サージウインターグローブRST601(←参照リンク)を装着しました。

詳しくは、以前の記事(関連記事)参照。

ak-021 vs ung-209

*

結果は、YAMAHA MT-09で1.5時間走行しましたが、防寒性は同等かなぁ。
どちらも、指は痛くならなかったけれど、指先は冷たくなりました。

クラッチレバーにしろブレーキレバーにしろ熱伝導率の高い金属製なので、厳寒の中それに触れていれば冷たくなるのは当然です。
KenUは、信号待ちなどの停止時は、ギアをニュートラルに入れずにローギアのままクラッチを握りっぱなし、ブレーキレバーも握りっぱなしなので、そのときに冷たくなります。
走行中も、ブレーキレバーに指2本を掛けているので、時間が経つと指が冷たくなってきます。

今回比較の結果、ウインターブローブ+ハンドルカバーが良いと思いました。

レバーの操作性を考えると、オーバーグローブよりハンドルカバーのほうが分(ぶ)があります。
ハンドルからの手の放しやすさといった点では、ハンドルカバーよりもオーバーグローブに分があります。

ということで、外気温や走行距離、その他状況によって使い分けようかと思います。

そして、指先が冷たくなったら、これまでのように、休憩してエンジンの熱で温めたらいいかなと(笑

************** 関連記事 **************

MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

***********************************

カテゴリー:アイテム, バイク

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

さて、以前「MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!」という記事の中で、オーバーグローブUNG-209も注文していることを書きました。

そして、今日のお天気は晴れ、朝の気温は0℃だったので、オーバーグローブの防寒テストを兼ねて、MT-09を駆って伊豆沼まで白鳥の写真撮影に行ってきました。

オーバーグローブのレビューは、以前の記事の更新ですると予告していましたが、やっぱり新規の記事します。

*

KenUが現在使用している冬用グラブは、RS TAICHI(タイチ)のサージウインターグローブRST601のMサイズ。
ナップス仙台泉インター店でセール特価品を購入しました(笑

今回これに、Amazonで購入したurbanism(アーバニズム)のUNG-209 ヒートポケッテッドロングオーバーグローブ(ブラック)のMサイズを装着しました。

RST601ウインターグローブとUNG-209オーバーグローブ

←Amazonで見てみる。

手の甲の内側に、ホッカイロが入れられるポケットがあります。
UNG-209オーバーグローブにホッカイロ装填

オーバーグローブの装着は、親指以外の指をはめるのが若干きついです。
でもグローブを手にはめてみると、特に問題はなかったです。
RST601にUNG-209を装着

人差し指と中指が割れているところが、コミネのではなく、この商品を選んだ理由です。

*

では、レビューです。

防寒性は・・・
ないよりは良いといった感じでしょうか。
0℃の外気温でも、指先は痛くなりませんでした。
でも、指先はやっぱり冷たくなります。
特に親指が。

ホッカイロの効果は・・・
ホッカイロある・なしで比較していないのでわかりません。
走行中はほとんど効果がないかもしれないけれど、信号待ちなど停止したときには暖かくなっているかも?

操作性は・・・
やっぱり多少は悪くなります。
全部の指を深くまで折り曲げてグリップを握るのは難しくなります。
ブレーキとクラッチを握るのは問題ないです。
両手全部の指でグリップを握ってしまうと、とっさのブレーキ・クラッチ操作ができなくなるので、両手とも2本指はレバーの上にのせて運転するのが安全だと思います。
ウインカーのボタン操作に全く問題なかったというのは、意外にも良かった点です。

*

ハンドルカバーとどっちが良いかと言われると・・・

微妙・・・

どちらが良いとも言えない。
同じ外気温でハンドルカバーを試せていないというのもあるけど、オーバーグローブはハンドルから手を放しやすいという手軽さはあるから。

次回、クラッチ側はハンドルカバー、ブレーキ側はオーバーグローブ(ホッカイロあり)にして、どちらが良いか試してみたいと思います。
もちろん氷点下のときに(笑

*

レビューは以上で、ここからはラムサール条約湿地の宮城県 伊豆沼の写真です。

実は、この場所は栗原市で観光誘致しているわりには、見栄え的に整地されていなくて、KenUとしては不満があります。
せっかく綺麗な白鳥がたくさんいて素晴らしいところなのに、枯れた雑草がたくさんあったり、枯れ枝も見栄えが悪くて、「バイクのある風景」写真にはイマイチなロケーションだと思います。

でも、いろいろ思考を巡らせて、粘って写真を撮ってきました。

(9:15)バイクのカタログ風を狙いました。
伊豆沼の白鳥とMT-09
ほんと、自分で枯れた雑草を刈りたかったなぁ~。

白鳥が水上を走ります。 かわいい(笑

水上を走る白鳥

また、「冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!」という記事で、栗駒山の写真を掲載しましたが、ここ伊豆沼からも栗駒山を臨むことができます。そして、5羽の白鳥飛来!
伊豆沼から臨む栗駒山と白鳥

*

(10:01)こちらは、マガンです。
伊豆沼のマガンとMT-09

千葉県から来たという人から、ハクガンとシジュウカラガンはいませんか?と声を掛けられました。

伊豆沼・内沼にようこそ お願い看板

たぶん、マガンだけだと思います。↑クリックすると拡大表示できます。

みなさん、生態系に影響を及ぼさないように、マナーを守りましょう!!

ほんとここでは、これっ!といった写真がなかなか撮れません。
悔しいので、満足のいく写真が撮れるまで、もう何度か行きたいと思います。

*

[2016/12/03追加]
もう一回行ってきました。
今日は気温が8℃だったので、ホッカイロなしオーバーグローブで全く手は冷たくなりませんでした。

で、やっぱり生き物の写真は難しいです。
KenUが使用しているレンズは、28-140mmズームで、望遠レンズではないので。
そして、渡り鳥の写真撮影は朝夕が勝負らしいのですが、ヒーターを付けて待てる車ならまだしも、バイクではさすがにその時間帯は勘弁です。

flying swan and YAMAHA MT-09

写真はトリミングしました。 もうこれ以上無理。 伊豆沼はおしまい!のつもり。

************** 関連記事 **************

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!

冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!

AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

***********************************

駐車場の心配いらずMT-09で行く大崎バルーンフェスティバル

今日、第31回大崎バルーンフェスティバルの開催3日目に行ってきました。

昨年「駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル」という記事を書きましたが、今年は大丈夫でした。

だって、バイクだもん(笑

*

天気予報では晴れの予想だったのに、現地についてみると、ときどき小雨が・・・。
写真を撮るにはあいにくの曇り空。

外気温は、この時期にしては比較的暖かい6℃。
その点では、路面凍結の不安もなく、防寒対策もばっちりだったので、問題ありませんでした。

*

(6:48) まだ、熱気球の離陸準備が始まったころです。

MT-09とバルーン

(6:50) ハロウィンの熱気球が起き上がりました。

大崎バルーンフェスティバル離陸準備とMT-09

ちなみに、バルーンと愛車ヤマハMT-09が一緒に写っている「バイクのある宮城の風景」写真を撮るには、会場の江合川河川敷の川を挟んだ向こう岸というロケーションしか見付けられませんでした。
バルーンとの距離がありますが、この場所で我慢です。

*

(6:55) すこしの間だけ、雲間から日が差し込みました。

熱気球の写真を撮る人達

(7:07) 会場のある堤防には、たくさんの観客が見えます。

大崎バルーンフェスティバル会場風景

この赤と白と黒色の熱気球は、今回の大会で初めて見ました。

どこから来たチームの何という名称のバルーンかな?
会場まで行ってパンフレットをもらってこなかったので、わかりません。

*

(7:09) この時間になると、ほとんどの気球が飛び立ってしまいシャッターチャンスがなくなるので、こちら側の観客は帰りはじめてだいぶ減りました。

バルーンフェスティバルに見入る二人

(7:15) 数分前まで正面に見えていたバルーンが頭上に。

熱気球バーナー点火

何故だか今回は、このチームのバーナー噴射とKenUのシャッターを押すタイミングが何度も合ったんだよなぁ~。
しかも、このチームの炎しか撮れていないんだけど(笑

*

以上、大型自動二輪免許取得後2年目に突入したKenUによる大崎バルーンフェスティバルレポートでした。

これからも、バイクでいろいろな宮城県を紹介できるといいな。

************** 関連記事 **************

大自二輪免許取得1年後MT-09のある宮城の風景まとめ

駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル

デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。

最近、写真のブログになってきてるし^^;

***********************************

MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!

さて、以前「バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!」という記事の中で、グローブの防寒対策が出来ていないということを書きました。

そこで、まずはハンドルカバー(ハンドルウォーマー)をヤマハMT-09に取り付けてみたので、記事にしたいと思います。

以下、選択理由、駄目出し、改造など、について書きます。

*

まずは、モーターサイクルのハンドルの防寒対策方法について。

調べてみると、いろいろあることがわかりました。

グリップヒーター2 スポーツ120(←参照リンク;ワイズギアHP)
Q5KYSK063Y02 18,360円(税込) 17,000円(税抜) 税率:8%
←Amazonで見てみる。
気になる点は、
・価格に工賃プラスになると・・・いい値段するなぁ。
・氷点下の外気温でも効果ある?
・ブレーキに指2本かけたままにするので、その指先はやっぱり痛くなるよね?
・掌は暖かくなっても、手の甲は冷たくなる?
・冬場はあまり乗れないので、バッテリーへの負荷は大丈夫?
ということです。

GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス(←参照リンク;コミネHP)
本体価格 17,000円(税抜)※充電式バッテリー、シガーパワーケーブルは別売り
←Amazonで見てみる。

←Amazonで見てみる。
気になる点は、
・グリップヒーターなみに価格が高い
・バッテリーはじゃまにならない?
・バッテリーは重たくない?
・毎回バッテリー充電するのは面倒だなぁ
・途中でバッテリー切れしたら最悪ですよね?
ということです。

UNG-209 ヒートポケッテッドロングオーバーグローブ(アーバニズム)
3,800円(税抜)
←Amazonで見てみる。
オーバーグローブに関するブログやレビューを見て、気になった点は、
・防寒性はあまり期待できそうもない
・操作性が落ちる
ということです。

AK-021 ネオプレーンハンドルウォーマー(←参照リンク;コミネHP)
本体価格 2,900円(税抜)
←Amazonで見てみる。
アマゾンのレビュー数がものすごく多く、人気があるようです。
しかし、良いのか悪いのかまったく想像がつきません。

以前ブログのコメントに、ハンドルカバーが暖かいとのアドバイスもいただき、また、上記の製品中ハンドルカバーが一番低コストなので、まずはこれから試してみることにしました。

*

はい、取り付けました。

MT-09にコミネ ネオプレンハンドルウォーマーAK-021装着

MT-09クラッチ側KOMINEネオプレンハンドルウォーマー

MT-09ブレーキ側KOMINEネオプレンハンドルウォーマー

まだそれほど気温が下がっていないときに走行したので、防寒性についてはわかりません。
外気温10℃の晴れた日に、夏用のグラブをはめてテスト走行しましたが、とても暖かかったです。

でも、そのときに「あ~、だめだ。この商品を使うのはこれっきりかも?」と思いました。

というのは、スクーター用ということで適合しないのか、MT-09で使用するには、ダメなところがたくさんあります。

まず、致命的な問題として、素早く、思うようにウインカー操作ができない!!
そして、ウインカー操作にもたもたして、視線や意識がそちらに行ってしまい、安全運転上非常に問題です。
この商品は、購入したままの状態で大型バイクには使用しないほうが良いと思います。

その他の欠点としては、
・グローブをはめてグリップを握った親指を、ハンドルカバーの親指部分に瞬時にうまく入れられないときがある。 これもウインカー操作の妨げになって安全運転に支障がある。
・ウインカー以外のボタン操作にも難点がある。パッシングはできなし、MT-09の走行モードを知らないうちにBモードからAモードに切替えてしまわないか不安。
・ハンドルグリップの鍔(つば)の大きさが考慮されておらず、親指をいれる部分の位置の設計がおかしい。 だから、透明ビニールがよれてしまって、見た目がかっこ悪い。
・親指の透明ビニール部分は、そこから操作ボタンが見えるわけでもないし、親指が見えても意味がないし、そのような設計にしている意味がまったくわからない。 ネオプレンで一体化したほうがよいのでは?
・グローブをはめたままでの手の抜き差しがスムーズにできないので、信号待ちでヘルメットのシールドを上げたり下ろしたりしたいときに不便。 ※なお、この製品使用中手放し禁止の注意書きがあります。
・脱落防止用の紐を通すハトメが少し錆びていたので、ピカールを綿棒につけて磨いて錆びを落とす必要があった。

まあ、そんなところです。

この商品は、「スクータユーザーに最適な・・・」と書かれていますが、手袋をはめないで運転する原付スクーター用に設計されているのかも知れません。

だから、コミネを駄目だしするのではなくて、そういった商品を大型バイクに装着してグラブをはめて使用する、こちらが悪いんだということだと思います。

でもね、一応コミネさんに忠告すると、あまりにも商品の説明が不十分なので、これで誰かが事故を起こして、PL(製造物責任法)の訴訟にでもなったら、コミネさん絶対に負けますよ(笑

*

一回きり使って終わりぃ~ではあまりにも悲しいので、安全な操作ができるように改造してみます。

親指部分をはさみで大きく切り取りました(笑。

コミネ ネオプレンハンドルウォーマー加工後

クラッチ側のハンドルカバー親指部の切り取り具合↓。
コミネ ネオプレンハンドルウォーマーAK-021左手側加工後

ブレーキ側のハンドルカバー親指部の切り取り具合↓。
コミネ ネオプレンハンドルウォーマーAK-021右手側加工後

でもね、このようにしてしまうと・・・

穴を開ける=防寒性能の低下

になります。

ということで、今後この状態のハンドルカバーで、どれくらいの外気温低下までKenUの手指が耐えられるかテストしたいと思います。

*

ちなみに、MT-09はもともとモタード系スタイルなので、このハンドルカバーを取り付けても、思ったよりもかっこ悪くなかったです。
大崎バルーンフェスティバル離陸準備とMT-09

[11/20写真↑追加] 外気温6℃、ウインターグローブをはめての走行では、手はまったく痛くならず、また、ハンドルカバー改造のおかげでウインカーの操作も問題なし。

*

それから現在、UNG-209 ヒートポケッテッドロングオーバーグローブもブログネタのために発注してみたので、後日、レビューを書きたいと思います。

乞うご期待!

KenUは、ブログネタのための無駄なものの購入・出費が、かなりあります(笑

************** 関連記事 **************

いきなり大型バイク購入。MT-09納車されました。

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!

駐車場の心配いらずMT-09で行く大崎バルーンフェスティバル

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

***********************************

カテゴリー:アイテム, バイク

冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!

ブログタイトルについては後回しにして、まずは本日のバイクのある宮城の風景から。

深山牧場から臨む栗駒山とMT-09

実は、宮城県には、あまり標高の高い山がありません。
なので、KenUは、富士山や立山連峰の近くに居住している人がうらやましいです。

でもまあ、ないものねだりをしても仕方がないので、比較的高い山を求めてツーリングしてきました。

県内で蔵王山に次いで高いのが、栗駒山(くりこまやま)1626m。

そして、栗駒山と愛車MT-09を一緒に撮影できそうな場所をいろいろ調べてたどり着いたのが、宮城県 栗原市 市営の深山牧場(ふかやまぼくじょう)(←参照リンク)です。

MT-09深山牧場駐車場にて

牧場駐車場の休憩場所からも、栗駒山を展望することができます。

牧場には残雪があり、そして、栗駒山には多くの雲がかかっていました。

深山牧場から臨む栗駒山

雲がかかった栗駒山

牧場には誰もいません。

牛も馬もいません。

唯一、KenUの”鉄の馬”だけ(笑

*

さて、では本題です。

本日の天気予報は晴れ。
そして、栗駒山が冠雪しているであろうことを狙って、あえてここへやってきたわけです。
見事的中。

*

ですが、ここにたどり着くまでに、何度か弱気になりました。

まず、道中所々で霧が発生。
「あ、ちょっと指が冷たくなってきた。」
「ずっとこのままだと萎えるなぁ。」

日が差し霧が晴れたが、少し進むと天気予報に反して小雨がパラパラと・・・
「え?雨具もってないし。」
「目的地までかなり距離があるし、このまま進んで大丈夫だろうか?」
「びしょ濡れになったら、この季節凍えてしまうよな。」

小雨も止み「ほっ!」としたが・・・

道は全く調べておらず、iPhoneでGoogleマップのナビに完全依存。
「山道に入っていって、もし通信エリア外になってしまったら迷うよな。」
「ドキドキ」

山道に突入すると、急勾配とたくさんのコーナーに、この季節は濡れ落ち葉がいっぱい。
「うっ、落ち葉の上は滑る。怖い。」
「ここで、こけたら誰にも助けてもらえないだろうなぁ」
「ドキドキ」

路面は濡れていて、日陰は凍結していそう・・・
「ツルッ」
「まじか」
「あと、どれくらいで目的地だ?」
「Googleマップはただしくナビしてくれているのだろうか?」
「ドキドキ」

「おっ、あと800mで目的地か。」
「iPhoneの通信エリア内でよかった。」
「よし、ナビを信じて、転倒しないように、このまま慎重に慎重に・・・」

という感じだったわけです。

*

今回の教訓から、誰もいない、初めて行く場所、もしかしたらスマホの通信圏外、天気予報の確実性が低い、しかも冬、という状況での、Googleマップナビ完全依存のヒトツー(一人ツーリング)は、とっても不安なのでやめることにします。

そして、恐らく使わないにしろ、万が一に備えて、紙の地図とコンパスくらいは用意しようかと思います。

*

それにしても、冬以外の季節であれば、本当に深山牧場は宮城県内のナイスなツーリングスポットです。
帰り際に山から見下ろす栗原市内の風景、ところどころで出会う真っ赤に染まったモミジもとっても良かったし。
写真を撮る精神的余裕がなかったので、写真はありませんが(笑

************** 関連記事 **************

宮城県のツーリングスポットと言えば、ここに行かずして・・・

大自二輪免許取得1年後MT-09のある宮城の風景まとめ

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

バイク用のレインウエアにはどれくらいの耐水圧が必要か?

YAMAHAタンクバッグ シティーとNikon D5300と化女沼ツーリング

超簡単!アライのフルフェイスヘルメットにイヤホンのスピーカーを仕込む方法

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

さて、以前「2015年クリスマスプレゼントはクシタニのレザーバイクジャケット!」という記事を書きましたが、冬にバイクに乗るときに革ジャンでは寒いですよね?

革ジャンは、防風性能はあるけど、防寒性は高くないから。

でも、KenUは、昨冬シーズン、宮城の-2℃という外気温の中でも、この革ジャケットを着てバイクに乗っていました。

なぜなら、ある防寒対策をしたら、まったく寒くなくて、平気だったから。
そして、冬でもかっこいい革ジャケットを着たいから。

ということで、その防寒方法を紹介します。

*

クシタニ K-0670 クランプジャケット 前

この↑下にこれ↓を着ます。

ダウンベスト

中綿ベストではなく、ダウンベストです。

革ジャケットの首からダウンベストの衿が出てしまい少し恰好悪いですが、ライディング中に誰かに見られるわけでもないし問題ないかなと思って、気にしていませんでした。

実は、この衿は積極的に活用もできます。
ダウンベストの衿をさらに引っ張り上げて、フルフェイスのヘルメットのあご下部分に押し込めば、チンカーテン(あごの防寒; チンウォーマー)にもなります(笑。

こうすると、外気温-2℃の中、革ジャケットを着てライディングしても上半身はまったく寒くありません。

*

ただし、ダウンベストを下に着ると、革ジャケットの着心地が少しきつく感じたので、今年の冬シーズンは、試しに↓これを購入してみました。 Vネックインナーダウンベストです。

Vネックインナーダウンベスト

←楽天で見てみる。

ダウン使用量が少ないので、とても薄くて、クシタニのジャケットの下に着ても違和感はありません。
薄さゆえに保温性にやや不安がありますが・・・
もう少し値段が高くてもいいから、ダウン使用量をもう少し増やして欲しいかな。

収納はとてもコンパクトなので、バイク積載にも便利。

v%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%88%e5%8f%8e%e7%b4%8d%e8%a2%8b

昨日、このダウンベストと長袖のヒートテックを革ジャケットの下に着て、あご部分にフェイスマスクを被せて、外気温7℃の中バイクで走行しましたが、寒さを感じませんでした。
もっと寒くなったら、インナーにユニクロのエクストラファインメリノVネックセーターを追加すればいいかな?

*

下半身は、コミネのプロテクタージーンズにインナースパッツの組み合わせですが、寒いといった感じはしません。

seobean輸入メンズタイツ

Komine PK-718 Super FIT Kevlar D-Jeans

*

わざわざ、冬シーズン用のバイクジャケットを買うのも無駄だし、まあ、こんな感じでKenUは防寒対策しています。

まだ解決できていない問題は、グローブです。
外気温が2℃以下になると指先が冷たくなって痛くなります。
エンジンの熱をグローブに吹き込めたらいいのに。

ヒーター付きグローブを買ってみようかな?

*

[2016/12/11追加]
今日は雪が降っているので出動できません。

20161211snow MT-09

そんなわけで時間があり、また意外にもこの記事のアクセス数が多いので、他の革ジャンを着るときの防寒対策も写真付きで説明したいと思います。

AVIREXの革ジャンを着るときは、こんな感じ(↓)で着込めば、氷点下の気温でバイクに乗っても全く寒くありません。

AVIREX革ジャン防寒

写真の順番に着ているものを説明すると・・・

AVIREX VARSITY 2834 Blackとコミネ スーパースリムフィットストレッチジーンズWJ-737S

楽天で買ったダウンベストとコミネ エルボーガードSK-610

ユニクロ薄手パーカー(裏地ボア、パイルなし)

コミネ  ボディプロテクションライナーベストSK-673

ユニクロ半袖Tシャツとしまむらファイバーヒート裏起毛長袖シャツとSEOBEAN(セビン) インナースパッツ

首には、クシタニ フェイスマスクK-4186

ちなみに、ブーツ(安全靴)は教習所通いのときから履いているもの。

************** 関連記事 **************

2015年クリスマスプレゼントはクシタニのレザーバイクジャケット!

プロテクター付きバイクジーンズPK-718とユニクロジーンズを比べてみた。

プロテクター付きバイクジーンズWJ-737Sも買ってみた。

この安全靴は何だ!バイクシューズなのか?

いきなり大型バイク購入。納車されました。

MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

***********************************

カテゴリー:アイテム, バイク, 未分類