この花、何の花、気になる花~♪ 日立のパクリwww

今日は、先週の造影剤CTの結果を聞きに、定期の外科外来を受診しました。

直腸がんの術後3年半が経過。
経過観察の5年まであと1.5年です。

結果は・・・

これは6か月前の前回検査でも言われたことですが、甲状腺に腫瘍がありました。
でも、大きくなっていないということと、恐らく良性の腫瘍だから心配はないということ。

その他は全く問題なく良好ということと、血液検査結果も、腫瘍マーカー含めてまったく問題ないということでした。

*

いろいろとありますが、今年は、誕生日プレゼントにお花をもらったりしました。

その中に、これなんだ? 面白い!!と思った花があります。

一番トップ・先端の花です。
咲き方が面白く、また、とても長持ちなんです。

下から上に向かって・・・

順々に花が咲いて、枯れていきます。

垂れ下がりますが、先端は上を向こうとします。

プレゼント05

で、問題は、プレゼントしてくれた本人も花の名がわからないということ(笑

誰か分かる方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると嬉しいです。

それから、最初の写真の白い小さな花は、カスミソウではなくて、レースフラワーだそうです。

これまでにもらった経験が一度もなく、いいなぁ~と思いました。

広告
カテゴリー:修理

オストメイト対応トイレ使い方講習があれば参加してみたいかも?

はいっ、久しぶりの人工肛門・ストーマ関連ねたです。

いきなりですが・・・

全国各地で「オストメイト交流会」、「ストーマ患者会」などが開催されていますが、そのような場でオストメイト対応トイレ(以下、「オストメイトトイレ」といいます。)の使い方について、講習会的なことを企画してみては?

というのがKenUの提案です。

そこで今回、何故そのようなことを思ったのかを記事にしたいと思います。

*

これ ↓ は、KenUが定期的外来している病院の、オストメイトトイレ(TOTO製)です。

病院のTOTO製オストメイト対応トイレ

↓同じ病院の2Fのトイレ

病院2Fのオストメイト対応トイレ

すでに3年前、「人工肛門ストーマパウチからのトイレでの便の出し方」という記事で、ここのトイレでの便の排出を解説しました。

その一方、オストメイトトイレというのは”ストーマ装具(ストマパウチ)の交換にも使用できるもの”とイメージされていると思いますが、KenUはまだそうした用途で試したことがありません。

オストメイトのみなさんは、オストメイトトイレでどのようにストマパウチ交換をしたらよいのか、イメージできているでしょうか?

一言にオストメイトトイレといっても色々なタイプのものが存在しますが、どのタイプでも快適に利用できるのでしょうか?

使い勝手の良し悪しがあり、初めて使うタイプのオストメイトトイレではパウチ交換が上手く出来ないのではないか?という不安を抱いていないでしょうか?

正直言って、KenUはオストメイトトイレでパウチを交換する勇気はありません。

*

これ ↓ は、皇居東御苑平川門にあるオストメイトトイレです。

皇居東御苑平川門のオストメイトトイレ

尿瓶(しびん)洗浄タイプと言われるものですが、外したストマパウチを洗浄するための水洗ノズルが便座の下に付いていて、下に向かって水がでます。

これ ↓ も、しびん洗浄タイプの新幹線車内のオストメイトトイレです。

新幹線のオストメイトトイレ
写真提供:れんこんじじいさん( ツイッターより)

揺れる列車内で、うまく使いこなせるでしょうか?

これ ↓ は、時々お買い物に行くスーパーマーケットのオストメイトトイレです。

スーパーマーケットのオストメイトトイレ

手持ちの水洗ホースが付いています。
片手が不自由な人には使いにくいかもしれません。

多目的トイレ入口にオストメイトトイレの表示があっても、入ってみると色々な面でがっかりすることが多いです。
所詮、設置した側は健常者目線なんですよね。
でもまあ、それは仕方の無い事だと思います。
だって、KenUも健常者だったときには、障害用のトイレの使い勝手など考えたことなかったから。

でも、障害者になってはじめて気付くことがあるんですね。
パウチの水洗いができる便器が「あればいいんではありませんよ」という意見(※1)があり、KenUも同感、共感したりします。
※1「簡易型オストメイトトイレ」←参照リンク(赤い着物と黒いギターの大腸癌患者より)

そんなわけで、いきなり糞便まみれのパウチで試すのは不安なので、未使用のパウチで練習してみたくないですか?

*

さて、外出先でストーマ装具を交換するシーンというのは、装具が外れそうとか、パウチが剝がれてしまったとか、便が漏れてしまったというときですよね?

KenUは未だそのような状況になったことがないので、想像してみます。

・まず、ストーマパウチを外すので、便が付かないようにズボンは脱ぎたい。脱いだズボンはどうしたらいいのかな?

・ストーマパウチの中の便を出来るだけ便器に出してから、ストーマ装具を外します。外した装具はどこに置いておいたらいいのかな?

・ストーマとパウチのどちらを先に洗う? もちろんストーマが先ですよね?

・ストーマとその周囲皮膚を綺麗にします。普段持ち歩いているトイレに流せるおしりナップを使って、ふきふきします。この操作は問題なさそう。

・新しい装具を装着します。十分な物置きスペースがあれば操作的には問題ないでしょう。ただし、緊急かつ応急的な交換なので、皮膚被膜剤とバリケアパウダーで処置したり、シール材を使ったりはできませんが。

・最後に外したパウチの中を水洗します。これをやったことがないので不安。水流の勢いを強くし過ぎて、便の跳ね返りを浴びたりしない? 体や衣服が汚れたら嫌だなぁ・・・。

・洗ったパウチを捨てるところはトイレ内にあるのかな? なかったら、どうやって持ち帰ろうかなぁ?

*

ということで、トイレメーカーさんに協力を頂いて、モックアップでいいので(水はでるようにして)、オストメイトトイレの使用体験、模擬練習ができたら、とても有意義だと思います。

また、同時にオストメイトトイレを設置する側の関係者にもお越しいただいて、実際にオストメイトがどのように利用するのかを直に見て頂くことが出来れば、さらに有意義でしょう。

トイレメーカー開発者、利用者、設置者が共通の理解・情報共有することで、より快適な方向へ改善が進むのではないかと思います。

*

余談ですが・・・

先日の東京モーターショーに行った前日の晩に、バルバッコア クラシコ 丸の内店でディナーをしました。

バルバッコア クラシコ 丸の内店

ブラジリアンバーベキューのお店ですが、焼パイナップルが美味しくて、ここ大好きなんです。
高いけど、ここでのオフ会とか誘われると嬉しいなぁ(笑

え~っと、そういう事ではなくて・・・

バルバッコアに入る前にストーマパウチから便を出しました。
新丸の内ビル(通称:新丸ビル)の一般大便用トイレは、綺麗で、広くて、扉内側には引っ掛けるフックがあり、荷物を置けるスペースもあり、ティッシュペーパーホルダーは台付きで、人も少なく静かで、周囲のことを気にすることなく落ち着いて処理できるので快適です。

ですから、多目的トイレにオストメイト対応として尿瓶洗浄タイプの便器を設置してもらうよりも、このようなトイレに、水が出せるちょっとした機能を付加してもらったほうが快適にストーマパウチ交換に使用出来るのではないかと個人的には思う訳です。

試したことはありませんが、ウォシュレット付便座でもパウチは洗えそうな気がするんですよね。ウォシュレットのノズルを便で汚してしまうでしょうけど。

カテゴリー:ストーマ, stoma

東京モーターショー2017でカメコの一人として初参戦!!

先日の11月4日、東京ビッグサイトで開催されたTMS(東京モーターショー2017: TOKYO MOTOR SHOW 2017)に行ってきました。

楽しかったです。

そして、TMSで撮ってきた写真の一部をピックアップしてダラダラとコメントを挟み、記事にしたいと思います。

なお、今回はカメコ(カメラ小僧)にもチャレンジしてみました。
ということで、コンパニオンの写真も少しあります(※1)。

※1:コンパニオン本人の許可について:一応、法的な解釈は調べました。撮影を黙示的に『承諾した』と認められる状況であり、撮影され公開されることを前提に自らポージングをしており許諾されたものと解釈。

*

12時少し前に到着。

入場前手荷物検査があります。

まずは、東展示棟1階から。

トラックのブースは、あまり注目されないと思いますが、意外に興味深かったです。

学生のころ、引っ越しのアルバイトで大型トラックの助手席に乗せてもらっていたことを思い出します。

UD TRUCKSのGH11エンジン。トラックのエンジンは初めて見ました。

三菱FUSOトラック

*

smart vision EQ fortwo。お先にどうぞ(笑

Mercedes-Benz

Mercedes-Benz 220GLA 4MATIC。欲しいと思っている4輪駆動車の一つ。実物見られてよかった。

BMW  Z4 Concept。このボディーカラーは好きです。

背もたれがマッハGoGoGoみたいです。

*

国産車ブースのコンセプトカー

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT。ヘッドランプがVOLVOのパクリと言われそう。

NISSAN IMx CONCEPT。ここで頑張っても、やっぱり無資格検査偽装は痛いなぁ。

SUBARU VIZIV CONCEPT。スバルもニッサン同様、偽装検査は残念で・・・。4輪駆動車ではスバルも候補だったのに。

スバルBRZのコンパニオン。近寄れずバリアングル+望遠で撮影・・・目線はキャッチできず。

*

ポルシェかっこいい。911のカラーリングとコンパニオンの衣装の統一感がいいです。

PORCHE 911 GT3 CUP

*

東新展示棟へ移動です。

スズキのブースのコンパニオンは超人気で人だかりがすごい。近寄れずバリアングル+望遠で撮影・・・目線はキャッチできず。

YAMAHAやKAWASAKIのバイク展示もあり。

YAMAHA MOTOROiD

そういえば、HONDAのブースもあったのに、バランス制御技術を応用した「こけないバイク」を見るのを忘れました。

歩き疲れて、足が限界に近づいていたから、集中力が切れてたかも(笑

*

がんばって西展示棟1階に移動。

ここでは、「やっぱりトヨタはすごい!!」と思いました。

照明が他のブースとまったく違い、写真が綺麗に写るように配光されているような感じさえします。

お金かけていると思います。

TOYOTA CONCEPT-愛i ステージ

GR GV Sport CONCEPT。アジアンビューティー系のコンパニオンと車がよくマッチしています。

TOYOTA YARIS。見せ方が上手い。

TOYOTA WONDER-CAPSULE ステージ

*

その他・・・

自動車部品メーカーのコンパニオンさんから、カメラ目線頂戴しました(笑

日本特殊陶業株式会社 NGKスパークプラグ、NTKニューセラミック。いいね!

コンパニオン撮影って、結構難しかったです。

場所場所で照明の明るさが変わるので、状況に応じた露出補正をしないといけないし、コンパニオンの目線を頂戴した瞬間に、適正露出で一発で仕留めなければならないしで。

ISOの設定もどの程度がいいのかよくわからず。
もっと修行が必要です。
コンパニオンさん、あまり綺麗に撮ってあげられなくて、ごめんなさい。

それにしても、カメコは車に目もくれず、コンパニオン一点集中で、すごい。
しっかりカメラ目線の綺麗な写真を撮るんですもん。

KenUはとてもかないません。

*

車の撮影も難しかったですね。

というのは、人が多過ぎて、好みのポジショニングが取れないし、車の前にいる人にどいてもらう訳にもいかないので。

一般客がいない報道関係者への公開日(プレスデー)に入場できるといいですよね。

と、前ふりをして・・・

じつは、障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日という設定があったことを後で知りました。

TMS(東京モーターショー)のオフィシャルサイトから引用すると、「第45回東京モーターショー2017では、10月26日(木)(プレスデー2日目)の13時30分~18時00分を『障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日』として設定しました。事前にお申し込みいただいた障がい者手帳をお持ちの方を入場料無料にてご招待いたします。この機会にぜひご来場ください。」とあります。

KenUは障がい者なので申し込めばその日に入場可能になりますが、それよりも「車いす」を使用している障害者の方々にこうした機会を活用して、TMSを見てほしいと思いました。

だって、先日のTMSの会場で車いすの少年や成人を見かけたときに、こんなに人が沢山いて、人気のブースは人だかりができていて、車いす高さの目線では良く見えないだろうなぁと思ったから。
入場者数が少ないプレスデーなら、車椅子でもよく見えるようになるだろうし、車椅子でも会場の写真撮影を楽しめるかも知れませんよね。

もし、知り合いに「車いすの障害者」の他、車いすでなくても「人込みでの歩行に苦労を要する障害者」の方がいましたら、TMS  2018でも特別見学日が設定されるかもしれないので、ぜひ教えてあげて欲しいと思います。

*

余談ですが・・・

今回は3人で行き、障がい者手帳でKenU(障害者本人)と妻(付添い)は無料、娘はチケットを購入しての入場でした。

************** 関連記事 **************

様々な人にオフで会えた東京モーターサイクルショー2017

身体障害者手帳と映画鑑賞・・・どうして割り引いてくれるの?

***********************************

カテゴリー:カメラ, 自動車, 写真

「花札とMT-09」は6割の達成率。今年の目標は浅はかでした。

今年の目標は、花札とMT-09をテーマにした写真を撮ることでしたが、ハードルが高すぎたようです。

達成できないことがわかり、断念しました(笑。

一応、実績をまとめてみると・・・。

・1月の花札  松にMT-09
(昨年撮影したもの。この写真からテーマのアイデアが生まれました。)

・2月の花札  梅にMT-09

・3月の花札  桜にMT-09

・4月の花札  藤にMT-09

・5月の花札  あやめにMT-09
(アヤメと呼ばれているが本当はカキツバタ。写真は同じアヤメ科アヤメ属のハナショウブで代用。MT-09は右上隅に小さくぼやけて写っています。)

・6月の花札  牡丹にMT-09
(牡丹がみつけられず、同じボタン科ボタン属のシャクヤクで代用。でも、花は終わっていました。)

・7月の花札 (萩)見つけられず。

・8月の花札  芒(ススキ)にMT-09

・9月の花札 (菊)見つけられず。

・10月の花札  楓にMT-09
(植物学的には”モミジ”というのはないそうです。カエデ属植物の葉形が蛙の手の形に似ているとこから「かへるで→かえで」となったとのこと(※1))

・11月の花札 (柳)見つけられず。 皇居で見たんだけどなぁ(笑)

・12月の花札 (桐)見つけられず。

来年は、もう少しよく考えて目標を決めたいと思います。

*

最後に・・・

今年も「バイクのある宮城の風景」フォトブックを作りました。

年賀状も作らないと。

※1:もみじとかえでの違い(←参照リンク:もみじかえで研究所)

バイク関連記事一覧へのリンク

カテゴリー:バイク, 写真

台風の災い転じて福となす・・・BS

先日23日、日本に上陸した平成29年台風第21号(アジア名: ラン/Lan)ですが、緊急避難警報まで出されていたわりには、我が家が豪雨・強風に煽られたという感じはしませんでした。

ですが、ご近所から「おたくのアンテナ倒れてるわよ」と。

こんな状態でも、いつもどおりTV(地デジ)を見ることができたので、まったく気が付かなかったんです(笑。

映らなくなってたのは、NHK Eテレだけ。

*

とりあえず、電気屋さんにお願いして、新しいアンテナとブースターを取り付けてもらいました。

そこでわかったのが、
アンテナ台座がかなり錆び付いていて、強度が落ちていたことが倒れてしまった直接の原因で、そこへ持ってきて台風が台座の足を折るというアシストをしたというわけです。

そして、復活!!

新たにBSアンテナが加わりました。

え? BSなかったの?

うん(笑

*

実はずーっと前から、高利得の地デジアンテナに替えたいのと、BSアンテナを付けたいと思っていたんです。

それは、NHK Eテレで毎週日曜 午後8時からの”日曜美術館”(再放送)を見ているときに、電波が乱れて見られなくなることが頻繁にあったことと、BS12 トゥエルビで”鈴鹿8耐”が見たかったから。

*

さて、KenUのBS放送最初の視聴ですが・・・

この記事を書いている途中、14:00からNHK BS1で”エアレース 世界選手権2017最終戦 in インディアナポリス”を放送していたので見ました。
室谷義秀選手が最速タイムをたたき出して、年間チャンピオンを獲得したレースです。

実は、今春一緒に飛行させていただいたグライダーパイロットさんの先日のブログ記事に、エアレースのことが書かれていて、エアレース(←参照リンク)というものを知りました。
今日、BS番組表を見ていて、エアレースが放送されるのをたまたま見付けたので、初めて見たというわけです。

*

ということで、台風で思わぬ出費でしたが、BSアンテナを取り付けるきっかけとタイミングはよかったかも。

余談ですが・・・

昨日の晩は、映画館のレイトショーで『バリー・シール アメリカをはめた男』を観ました。

今年のKenUは、飛行機ばかり見ているような気がします(笑

*

さらに、余談ですが・・・

台風の前日、タリーズで紫芋のハロウィンドーナツを注文すると、店員さんが「温めますか?」と聞いてくるではありませんか。

一瞬「え?」、「チョコレートがけドーナツなのに、チョコが溶けちゃわない?」と思いつつ、温めてもらうことに。

チョコがトロっとして、生地はフワフワ。
これは、”あり”でした。

カテゴリー:未分類

私の遺伝と直腸がんと筋ジストロフィーと運命と

先日の人間ドックでの眼底検査の所見が「視神経乳頭陥凹拡大」ということで、要精密検査・再検査の判定でした。
近々、再検査に行こうと思います。

*

さて、病院に行くと・・・

大腸がん予防に関するポスターが貼ってあり、そこには、大腸がんの原因として「食生活の欧米化」・「たばこ」・「過度の飲酒」・「運動不足」・「肥満」・「遺伝」などがあげられています。

KenUの家族、親戚に、がん患者は誰一人とおらず、唯一自分だけが「直腸がん」になりました。
なので、KenUが直腸がんになった原因が、「遺伝」とは考えていません。

そこで今回は、遺伝に関するお話しと、KenUのがんの原因について書こうかと思います。

*

遺伝といえば・・・

過去にも書きましたが、KenUは、X連鎖性劣性遺伝の赤緑色弱(red-green weakness)という色覚異常があります。

そして、従兄は、X連鎖性劣性遺伝のベッカー型筋ジストロフィー(Becker muscular dystrophy:BMD)という希少難病のため50歳代で他界しています。

————-
[X連鎖性劣性遺伝の補説]
女性はXX、男性はXYの組み合わせで性染色体を持つ。女性の場合、一方のX染色体にのみ原因遺伝子がある場合は保因者となり、両方に原因遺伝子がある場合に発現する。男性の場合、X染色体が1つしかないため、原因遺伝子があれば発現する。
出典:小学館/デジタル大辞泉
————-

男性のXY染色体のYは父親から、Xは母親から受け継ぎます。

つまり、KenUと従兄は、それぞれの母親から原因遺伝子を受け継いだわけですが、母と伯母は姉妹なので、赤緑色弱の原因遺伝子(遺伝子座Xq28の錐体色素遺伝子の変異)、BMDの原因遺伝子(遺伝子座Xp21のジストロフィン遺伝子の変異)は、母方の祖父・祖母から受け継いだことになります。

祖父はBMDではなかったので、BMDの原因遺伝子(仮に「Xb」)は祖母が保有していたことは明らかです。
祖父の息子達(叔父)は赤緑色弱でもBMDでもなかったので、赤緑色弱の原因遺伝子(仮に「Xr」)は祖父が保有していたことになります。
結論は、祖父は赤緑色弱でXrY、祖母はBMDの保因者でXXb、伯母はBMDと赤緑色弱両方の保因者でXrXb、KenUの母は赤緑色弱の保因者でXrX、だったということです。

そして、従兄は、伯父のYと50%の確率で伯母のXbを受け継いで、XbYを持ちBMDになり、KenUは、父のYと50%の確率で母のXrを受け継いで、XrYを持ち赤緑色弱になったわけです。

遺伝の系図を表すと、次のようになります。

赤緑色弱とBMD遺伝系図

そういうわけで、親戚に治療不可能な遺伝性難病で命を落とした人がいる一方、KenUは、体の一部を失い人工肛門になりましたが、まだ生存しています。
筋ジストロフィーは治癒することはありませんが、がんは治療することが可能ですし、治癒する可能性があります。

また、悲しいことですが、従姪はXbの保因者で、男児を生んだ場合には50%の確率でBMDで、KenUの娘はXr保因者で、男児を生んだ場合には50%の確率で赤緑色弱です。

これも何かの運命だったのでしょうか?

*

余談ですが・・・

ベッカー型の他に、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)というのがあります。

筋ジストロフィーには、確立された治療法はありませんが、2016 年にジストロフィン遺伝子(Xp21)のエクソン50が欠失したDMDに限り適応の医薬品が米国で承認されました。

商品名はExondys 51(エクソンディスフィフティーワン)、一般名は eteplirsen(エテプリルセン)。

これは、Dystrophin pre-mRNAを標的にした30塩基長のオリゴヌクレオチドからなるアンチセンス核酸医薬です。

エクソン50が欠失し、エクソン49に続いてエクソン51が読まれると、ストップコドンとして翻訳されてしまい、ジストロフィン(細胞質たんぱく質)の合成がストップしてしまうのですが、アンチセンスでエクソン51をスキッピング(飛ばして翻訳)させると、エクソン49に続いてエクソン52を読み、不完全ではあるけれども部分的に機能するジストロフィンを合成する翻訳がされる仕組みです。

難しいこと書いてすみません。下↓のサイトの図が分かりやすいかも。
https://www.researchgate.net/figure/51529518_fig1_Antisense-mediated-exon-skipping-rationale-for-DMD-Patients-with-Duchenne-muscular

で、この薬は、FDAの「迅速承認プログラム」の適用を受けて承認されたので、臨床的な有用性は確立されていません。
また、薬の効果が認められたとしも、合成されるジストロフィンは不完全なものなので、治癒するわけではありません。

*

ここで、ポスターに書いてある「遺伝」以外の大腸がんの原因について、KenUにどの程度あてはまる考えてみました。

「食生活の欧米化」:野菜が好きでよく食べていたし、便秘は皆無。毎朝快便。
「たばこ」:手術をする5年半前の2008年12月に完全に喫煙をやめるまでは、1日1箱程度。
「過度の飲酒」:1日350mL缶ビール1本程度。過度ではない。
「運動不足」:週1回水泳、毎日筋トレ。運動不足なし。
「肥満」:まったくの非該当。

ポスターに書いてあることは、ほとんど当てはまりません。
強いて言うと、たばこは否定できないのかなぁ~?

その他に考えられるのは・・・

化学物質による健康障害防止指針(がん原性指針)」(←参照リンク)という我国の指針があります。
2014年10月31日にこの指針が改正されたときに、新たに対象化学物質が追加されました。
それは、KenUが研究開発職だったころに7年間ほど取り扱っていた化学物質なんです。

もし、それが原因で、かつ直腸がん発症との因果関係が証明されれば、労災になると思います。

厚生労働省の「労災保険相談ダイヤル」(←参照リンク)というのがあるので、電話してみようかな?

*

[2017/11/1追加]
改めて、上記「がん原性指針」の曖昧にしていた部分について書くことにします・・・

2014年10月31日に、新たに「がん原性指針」の対象になった化学物質は、スチレン(スチレンモノマー :styrene、C6H5CH=CH2、分子量 104.15、芳香族炭化水素)です。

KenUは、2003年4月から2010年3月まで、スチレンを主原料とした新製品の開発・実験、製造プラント・生産ラインの立ち上げの仕事をしていました。
当時、スチレンはがん原性指針の対象物質ではなかったので、発がん性があるという意識もなく取り扱っていたし、会社ががん予防対策を講じることもない状況だった訳です。

KenUは、2014年5月に直腸がんの手術をしたので、スチレンの取扱いを始めて10年以上、発がんのタイミングとしては合っているのかな?と思うところもあります。

でも、いろいろ文献も検索しましたが、因果関係を証明するのは不可能だろうなぁと感じています。
WHOの国際がん研究機関(IARC)による発がん性の分類のグループ1(ヒトに対する発がん性がある)やブループ2A(ヒトに対しておそらく発がん性がある)ならまだしも、スチレンは、グループ2B(ヒトに対して発がん性があるかも知れない)ですからね。

*

ですが、今日、とりあえず、労災保険相談ダイヤルに電話だけはしてみました。

すると、所轄の労働基準監督署に問い合わせてくださいと言われ・・・。

労基署に電話して、受付に説明すると、担当に回され・・・。

受付に説明した内容は担当には伝わっておらず、担当に同じ説明をし・・・。

すると、専門の担当がいるから折り返し電話するからと言われ、いったん電話を切りました。

30分後くらいに専門の担当から電話がかかってきましたが、内容は伝わっておらず、また、一から説明し・・・(笑。

また別の担当に回されて、
「労災認定されるかどうかは、労災申請してみないとわからないので・・・」
「因果関係がはっきりしていないので・・・」
「会社から事情聴取したり、専門家との意見聴取をします・・・我々は警察といっしょですから・・・」
「何度も労基署に足を運んでもらうことになります・・・」
「かなりの労力と時間を要しますよ・・・」
的な説明を聞かされ・・・

以上、典型的なお役所仕事です(笑

KenUは、はじめから期待していなかったし、面倒そうなので、「もういいや!」となって「はい、おしまい」です(笑

まあ、「ダンダリン」みたいな人はいないでしょうし、おおよそそんな感じだろうなという見当もついていて、承知の上で電話しただけなので、ドンマイです。

なんというか、他の人で、スチレンを取り扱っていたために「がん」になったのかもと考えている人のために、このブログ記事に追補しました。

*

余談ですが・・・

今日は、「視神経乳頭陥凹拡大」の精密検査・再検査に行ってきました。
問題ないようで、ほっとしました。
来月、念のため視野検査も行います。

カテゴリー:medical, 健康, 医療

ギックリ腰でもMT-09で鳴子温泉鬼首すすき野原へ

少し前に、「~ ブラケンユー、宮城県岩出山の酒蔵へ! ~」と「ストーマで困るのはギックリ腰になったとき」(←参照リンク)という記事を書いたのに・・・
実は、3連休最終日の9日に、骨盤ベルトをしてバイクで走りに行ってしまいました。

今年の目標である「花札とMT-09」テーマの写真撮りは未達成になることが決定していますが、出来る限り頑張りたかったので(笑

現地は雨上がりで、山には霧がかかっていましたが、これはこれで幻想的だったので、良い時間に来たなぁ~と思いました。

とりあえず、8月花札”すすき”の目標は達成です!
もう10月初旬ですが(笑

*

すすき野原の道路を挟んだ向かい側は市営牧場になっています。

奥に見える小さな黒い点々は、牛さんです。

ここへは、オニコウベスキー場のレンタサイクルで来ている方々もいらっしゃいました。

*

KenUは、20年以上前にオニコウベスキー場でスキーをしたこともあるので、帰りがけに寄ってみました。

霧も晴れて、禿岳(かむろだけ)が良く見えて、懐かしかったぁ~。

ゴンドラは、登山客用など利用者が来るたびにゴンドラをセッティングして、空での運転はしていないようです。

*

今回、鬼首へは、平成27年11月15日に開通した国道108号花渕山バイパスを利用しました。
トンネルは多いですが、車の通行量も少なくて、排気ガスの臭いもほとんどせず、バイクでも結構快適に走れますよ。

************** 関連記事 **************

いきなり大型バイク購入。MT-09納車されました。

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

野生の藤の花みいつけた!田舎はいいねぇ~

5月の花札はアヤメじゃなくてカキツバタ(燕子花、杜若)

ボタン科ボタン属シャクヤクの時期は6月上旬だったのか

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真