ホーム > コンピューターとインターネット > 業務連絡。 PC修復終了。

業務連絡。 PC修復終了。

 
姉ちゃんのPC(Thinkpad R60e)がある日突然不調になったとのことで診てみた。
ちなみに、姉ちゃんのアカウントではなく僕のアカウントで作業。
 
インターネットエクスプローラー バーション6(IE6)を起動する度に、
”問題が発生したため、Microsoft Internet Explorer を終了します。”
というエラーが頻発。
なのでブラウジングが不可能で、問題解決の検索もできないし、
修復するためのソフトのダウンロードもできない状態。
 
その他に、タスクトレーにウィルスソフトの常駐アイコンも表示されないし、
インジケーターのオンスクリーン表示もできないし、
なんだか色々とおかしな事になっている模様。
 
で、対策を実施してみた。
 
・システムの復元
  これ常套手段ですが、途中まで動作はするが、再起動すると完了できませんとのことで、復元できない
  いろいろな復元ポイントで試してみるがダメ。
 
・僕のPCからFirefoxをメモリスティックへダウンロードし姉ちゃんPCにインストール
  Firefoxはエラー出ずブラウジング可能になった。
 
・FirefoxでMicrosoftのHPからIE8をダウンロードしてインストール
  IE8はエラーも出ずブラウジング可能になった。
 
その後、SP3だから関係ないはずなのに、
”問題が発生したため、Generic Host Process for WIN32 Services を終了します。”
というエラーが出ることが発覚。
 
http://support.microsoft.com/kb/894391/ja から修正プログラムをダウンロードしてインストール
  しかし、インストールの必要ないとのメッセージがでる^^; とりあえずこの問題はそのまま放置。
 
・シマンテックのサイトからNortonインターネットセキュリティー2009への無償バージョンアップを実施
  タスクトレーにアイコンは表示されるようになった。
  が、ライブアップデートで更新できず、古いウィルス定義ファイルのままという問題発生。
  それと、”問題が発生したためSymantec Servicre Frameworkを終了します。”というエラーが出る。
  のと、Windowsの自動更新が止まったまま進行しない問題が発覚。
 
で、シマンテックのサービスサポートの斎さんという方(中国人?)とオンラインチャットをしながら、
指示に従って、シマンテックソフトを完全消去してからインターネットセキュリティー2009を再インストールした。
(*サービスキー継続の問題とかあるので、自分勝手に削除したりしないように。)
 
でも、それだけでは解決しなかったので、
設定で電子メールスキャンとメッセンジャースキャンをオフにして、
その期間を15分に設定して(*15分後にはオンになる)、、、
放っておいたり、シャットダウンしたり、ログオンしたりしていたところ、
いつの間にか、
Generic Host Process for WIN32 Services の問題も
Symantec Servicre Frameworkの問題も
Windowsの自動更新の問題も
ライブアップデートの問題も
解決したみたいです^^。
何がどうなって、どれをした事が良かったのか、さっぱりわからんっ!(笑
 
・システムの完全ウィルススキャンを実施
  特に脅威となるウィルスとかは発見されなかったのでOKでしょう。
 
 
さて、あとはオンスクリーン表示の問題だけです。。。
 
・lenovoのサイトからホットキー機能ドライバーをダウンロードして削除、再起動、再インストール
  修復されず。レジストリをいじらないとダメらしい。
  やろうと思ったところ、
  [スタート]-[ファイル名を指定して実行]で、cmd も regedit も実行出来ないことが判明っ!
 
レジストリ編集できないじゃん^^;
regedit.exe を regedit.com にリネームしてダブルクリックしてみる方法も試したがダメ。
 
でも、
[ファイル名を指定して実行]で、command.com と入力して実行するとMS-DOS窓が起動。
cd c:¥windows  (*カレントディレクトリをCドライブのwindowsに移動する)を入力して
enter でディレクトリを変更。
そこから regedit.exe と入力して enter でレジストリエディターを起動できた。
 
ここまでで、丸1日以上かかってしまったぜ。
まだまだ、いろいろと細かいところで不具合があるけど、
一応、普通にWINDOWSの起動・終了とインターネットやソフトが使えるので、これで良しとしました。
 
あー疲れたw。 
 
 
——————————————————–
 
と書いたが、その後のオンスクリーン機能について、、、、、
 
regedit.exeを起動し、
 
HKEY_CURRENT_USERSoftwareIBMTPHOTKEYOnScreenDisplay
 
を丸ごと削除して再起動してみたが回復せず。
もう一度、ホットキー機能ドライバーを削除、再起動、再インストール、再起動、
してみたがダメ。
で、諦めていた。
 
3日後の4/29に姉ちゃんが、IEでリクナビを見ていたら、
ノートンさんから ” Trojan Horse を検知し、遮断しました
というダイアログボックスメッセージがタスクトレーのところから、
3~5秒間隔でピョコピョコ出たり引っ込んだりして、ウザイんだけどと駆け込んで来た。
 
どうやらこれまでの問題は、” トロイの木馬 ” というウイルスに感染していた事が原因かも。。。?
 
とりあえず、再起動してみると、ノートンさんから ” Trojan Horse を削除しました ”とのダイアログが
1回出てそれっきり落ち着いた。
 
そして、な、なんと、それ以降、
オンスクリーン表示機能が回復したのであった。
 
訳わからん^^
 
 
広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中