ホーム > アイテム, 腕時計 > 自分でGショック DWX-100のパッキン(Oリング)交換と電池交換をしてみた。

自分でGショック DWX-100のパッキン(Oリング)交換と電池交換をしてみた。

CASIO(カシオ)の腕時計 G-SHOCK(ジーショック)の電池交換方法を説明しているサイトはいくつかあり、自分で電池交換をする人は沢山いるみたいです。

一方、パッキン交換まで自分でやる人は少なそうです。

それで、私KenUは電池交換とパッキン交換の両方をやってみたので、裏蓋防水パッキン(以下、「パッキン」または「Oリング」)交換を中心に記事にしたいと思います。

その前に、こういう方法でやりましたという紹介であって、防水性能を維持・保障するものではありませんので、貴方のG-SHOCKが浸水したり壊れたりしてもKenUは一切の責任を負いませんということをご了解ください。

*

KenUが持っているG-SHOCKは、1998年10月発売の X-treme G-LIDE のDWX-100-4BT(←カシオHPより)というやつで20気圧防水(Water Resistant 20bar : 文字盤にはWR20BARの表示)です。
G-SHOCK DWX-100←パチンコの景品でとった約14年前のものなので電池が切れています。一度も電池交換したことがなく放ったらかしでした。

CASIO腕時計の取扱い説明書は、こちらからダウンロードすることができます。→ http://casio.jp/support/wat/manual/

G-SHOCK DWX-100の操作説明No.は[1978]です。

*

まず、時計バンドを外してから、本体ケース裏面にある4箇所のねじを外して裏蓋を開けました。
この時に、後でねじを締める時のことを考えて、ねじの締め具合の強さの感覚を覚えておきます。
最初、電池の外し方がわからなかったので、液晶ムーブメント(簡単に外れる)を取り出して電池押さえの金属枠ごと外してしまいました。
G-SHOCK 裏蓋開け
(※ムーブメントをバラバラにする必要はありません)

ムーブメントを取り外したボディー(ケース)のパッキンの溝やその周囲を湿らせた綿棒などでよく拭取って綺麗にしておきます。

それで、交換するパッキンのサイズがわからなかったのでノギスで計ると・・・
G-SHOCK Oリング測定
パッキンの溝は内径34mm・外径36mmで、はまっていたOリングの断面は幅0.85mm、厚み0.75mmの楕円形でした。
Oリングが扁平になっていますが、圧縮状態のまま長時間使用されると塑性変形(ヘタリ)を生じるからです。 圧縮応力を完全に除去した後も残存する変形(ひずみ)のことを”圧縮永久ひずみ”と言います。

変形したOリングの断面積を計算すると、0.85/2*0.75/2*π=0.500mm2 となり、
この数値から正円換算の直径を求めると、(0.500/π)^(1/2)*2=0.798mmとなるので、
厚み0.8mmのOリングが圧縮永久ひずみを生じたものと考えました。

※円形以外のパッキンのG-SHOCKに、円形のパッキンを無理やりはめてみたい場合のサイズの求め方は、パッキンの溝に糸(密着するようにグリス等を塗って)をはめてみて、糸の長さ(L)を測定して L÷π で円形の直径換算値を計算すればいいのでは?と思います。π=3.14

このことから、厚み0.8mm × 内径34mmの裏ぶたパッキン(5本入)とOリングに塗布するシリコングリスSEIKO TSF-451とを合わせて、有限会社中村時計材料店(←参照リンク: 時計部品→各種パッキンをクリック)から、パッキン315円+シリコングリス315円+送料180円+ATM振込み手数料315円=合計1125円で購入しました。
シリコングリス パッキン他 工具
その他に、バンドを外す時は精密ドライバ(-)を使いましたが、取り付けの時は難しそうだったので時計バンドピン外しを358円で、マイナスの精密ドライバでは電池押さえを外せなかったので、それ用に先端が細かく尖った超精密用ピンセットを1,080円で、交換用電池CR2016を298円で、ホームセンターで購入してきました(合計1,736円)。

その他にも、チャック付きポリエチレン(PE)袋100円、乾燥剤(シリカゲル)500円、使い捨てポリ手袋300円、が必要ですが、家にあるものを使用しました。

材料費は、これにノギス1200円(精度必要なのでダイソー品はダメ)、精密ドライバ(ダイソー100円)を合わせると、全部で5000円くらいです。

*

さて、材料が全て揃ったので、いよいよ交換作業です。

DWX-100の電池押さえの爪部分に精密ドライバーが入らなかったので、KenUは超精密用ピンセットを使用しました。 爪の部分に差込んで、手前にクイッとして外しました。

CASIO G-SHOCK DWX-100 Battery交換説明←掃除前の写真

古い電池はピンセットでつまんで取り出し、新しい電池は指で電池側面をつまんで取り付け、電池押さえをパチンとはめ込んでおしまいです。

分かりにくいでしょうから、電池押さえの外し方は他のサイトも参考にして見て下さい^^; こことか(参照リンク)→ G-Shock実験室

電池押さえには、”After battery replacement, contact AC with battery(+) using tweezers.”と書かれたシールが貼ってありました。
翻訳すると、「バッテリーを交換したら、AC接点(ACと書いてある)と電池のプラス側をピンセットで短絡(ショート)させてリセットしてください。」ということです。

G-SHOCK パッキン周りふき取り
電池を交換したら、もう一度、パッキンはめ込み部の溝を湿らせた綿棒できれいに拭き取ります。
その時に、綿くずや目に見えるほこりが付着しないように注意します。

両手に使い捨てポリエチレン製手袋をはめて、シリコングリースを少し指先につけて、Oリングにこすり付けるようにして、シリコングリースを薄く延ばしながらまんべんなく塗ります。
けっして綿棒に付けて塗らないように。綿棒の糸くずがシリコングリースと一緒にパッキンについてしまうと防水性はアウトです。
パッキンにシリコングリス塗布
このシリコングリースは動粘度が500,000CS(センチストークス)もあり、けっこう硬くて粘りがあります。水あめのようです。

ピンセットでOリングを傷つけないように、優しくパッキンの溝にはめ込みます。(サイズぴったりでした。)
G-SHOCK パッキン装着

続いて、ショックアブソーブ用ラバーを丁寧にかぶせます。
G-SHOCK ショックアブソーバ装着

次にパッキンやショックアブソーバーがずれないようにそっと裏蓋を乗せ、ねじを緩く締めて、裏蓋は浮かせたままにしておきます。

裏蓋は、あらかじめ錆び予防のためにシリコングリースを塗り広げてから、乾いた布でよく拭取り、表層に薄い膜を作っておきます。
G-SHOCK 裏蓋ねじ仮留め

ネジはゆるめておきます。
G-SHOCK 裏蓋ねじ浮かす

パッキンとショックアブソーバーがずれないようにそっと、乾燥剤(シリカゲル)が入ったチャック付きポリエチレン袋に入れて、そのまま一晩放置します。
空気は多少の水分(水蒸気)を含んでいるので、時計内部に入り込んだ水蒸気を乾燥させて減少させるのが目的です。
それで、ネジをきっちりと締めずに裏蓋を浮かせておいた訳です。
G-SHOCK 乾燥

翌日、裏蓋を指で押しつけたまま、チャック袋の上からそのまま、ドライバーで4箇所のねじを対角線上に均等に少しずつ締めていきます。
ネジのところの袋を突き破っても構いません。
ただし、せっかく時計内部を乾燥させたので、裏蓋を浮かさないように注意しながら作業します。
ネジは強く締め過ぎないように注意します。ネジを緩めた時の強さくらいに締めたつもりです。
G-SHOCK 裏蓋ねじ締め

裏蓋をきちんと閉めたら、初期水分テストをします。

腕時計窓の上にしばらく氷を乗せておきます。
窓の内側が結露して曇らなければ、時計内部の水分は減少しています。外側のくもりと間違わないように観察します。
窓の内側が曇った場合でも、すぐにくもりが消えれば問題ありません。
関連記事: 10気圧防水(W.R.100mまたは10bar)腕時計でお風呂はダメ?その根拠本当?
G-SHOCK 水分テスト
全く、くもりませんでした。

乾燥状態が確認できたので、時計バンドピン外しを使ってバンドを取り付けて完了です。
G-SHOCK ベルト取付

裏蓋がねじ止め式ではなく、スクリューバック(フタごとねじ込んで閉じるタイプ)の場合には、時計を固定する台と、スクリューバックオープナーが必要です。 レビューを見るとAmazonで販売している安価な物は中国製の粗悪品らしいです。

でも、きちんとしたメーカーの良い物は高いです。↓
ベルジョン(BERGEON)No.2819-4 3点式オープナー ←参照リンク
セイコー(SEIKO) S-212 万能ケースホルダー ←参照リンク

*

さて今回、新品の裏蓋パッキン(Oリング)に交換しましたが、実はこれでは防水性の保障は出来ません。

それは何故か?

腕時計は、工場では空気の清浄度クラス1,000というホコリの少ない環境のクリーンルームで組立てられますが、事務所の空気の清浄度はクラス1,000,000であり非常にホコリが多いからです(クラス1,000の1,000倍)。
空気清浄度クラス参考(株式会社ホクト総研HPより)→ http://www.hokuto-sk.co.jp/cleanroom/cleanroom1.html

部屋を真っ暗にして、懐中電灯をつけて光源近くをよく見てみて下さい。
ほーら、たくさんの埃が飛んでいるのが見えるでしょ?

防水パッキンと本体や裏蓋との間に大きなほこりが噛み込めば、隙間が出来て防水性は失われるというのは理解できますよね?
一般住宅の室内にはこんな ↓ 埃が飛んでいます。
iPhone上に落ちたホコリ←iPhone4S上の埃

これ ↓ は、家でiPhone4Sに保護フィルムを貼ったものですが、フィルムと本体の間にホコリが挟まって気泡ができています。
iphone 保護フィルム気泡←iPhone4S保護フィルムの気泡
そうなんです。ホコリがはさまるとこんなに隙間が出来ちゃうんです。
腕時計のパッキンが新品でもほこりが挟まったら防水性が保てないのも当たり前です。

埃は目で見えない場合が多く、パッキンにどれくらい挟まっているか確認できないので、運よくホコリがはさまっていなければ防水性能は保てるでしょう。

ということで、もしご自分でパッキン交換をしても、防水効果はあまり期待しないほうが良いかも知れません。
街の時計屋さんにパッキン交換をお願いしてもクリーンルームなど無いですから一緒です。
だから防水腕時計の電池交換は、メーカーでのパッキン交換と防水テストが必要なのでしょう。

そう考えると、オークション(中古)のG-SHOCKは要注意です。
CASIOに依頼せずに、自分で電池交換だけして防水性を低下させたものを出品している人がほとんどだと思います。 オークションで購入した中古のG-SHOCKは水に漬けたら水没する可能性があると思っておいたほうが良いでしょう。

埃の無いクリーン環境を作りたい人→ 簡易型クリーンブース
←Amazonで見てみる。AI型 3-4055-11

*

一応、お風呂で防水テストも行いました。
湯船の中で「これでもかっ!これでもかぁ~」というくらいに激しく腕を振ったり、湯面にたたきつけました(笑。
これでかかる圧力は、0.1気圧(0.1bar)くらいです。
関連記事: 10Bar,10気圧防水(Water Resistant 100m)時計で水泳できる?

その後は、腕から外して、浴槽の底に20分程度沈めておきました。※防水性能低下の原因であるせっけん、シャンプーを付けないように。
G-SHOCK 風呂浸漬テスト
お風呂上りに、氷での水分確認テストを行ったところ、復活したマイG-SHOCKの窓はまったく曇りませんでした。

以上、最低0.1気圧防水(0.1BAR防水、1m防水)性能はクリアーです^^。

*

その後も何度もお風呂での防水テストを繰り返し、それから、約5ヶ月後(2013.10.6)・・・

G-SHOCKパッキン交換くもりテスト
1. 氷で窓を冷却 → 2. 窓内側曇り10:34 → 3. 10:36 → 4. 10:38くもり消失

若干くもり方が激しいですが、すぐに自然に曇りが消えるレベルなので、日常生活上は全く問題ないと思います。
少し水分が入り内部の湿度が少し高くなったようです。
パッキンを交換したとは言え、クリーンルームもなしで素人メンテナンスなので防水性はこんなもんでしょう。 20気圧防水機能が欲しい人は、CASIO に出しましょう!

ボタンのところの防水性をメンテナンス出来ないので、そこからの水分侵入の可能性もあるかも知れません。
もう一度裏蓋を開いて、ボタンの可動部分にもシリコングリスを塗布して、シリカゲル袋に入れて内部を乾燥させて、裏蓋を締め込み直しました(翌日2013.10.7)。

G-SHOCKパッキン交換くもりテスト
1. 氷で窓を冷却 17:43 → 2. 全く曇らず17:46

*

[2015/09]
あれから、2年4か月。
いまだに正常に動いています。
最近では、大自二教習のときに使用しています。

G-SHOCK DWX-100 20150921

*

SEIKO シリコングリスTSF-451
←Amazonで見てみる。

ANEX 時計バンドピン外し工具 No.67
←Amazonで見てみる。

ANEX ステンレスピンセット GGタイプ No.145
←Amazonで見てみる。

シンワ アシスノギス 10CM
←Amazonで見てみる。

VESSEL 精密ドライバーセット TD-56
←Amazonで見てみる。

使い捨てポリ手袋
←Amazonで見てみる。

防水式腕時計用 スクリューバックオープナー+時計固定台
 ←Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

腕時計の100m防水と10気圧防水(10Bar防水)は同じとも違うとも言える。

10Bar,10気圧防水(Water Resistant 100m)時計で水泳できる?

10気圧防水(Water Resistant 100mまたは10Bar)時計で飛び込みできる?

10気圧防水(W.R.100mまたは10bar)腕時計でお風呂はダメ?その根拠本当?

10気圧防水(W.R.100m or 10Bar)腕時計は何m(メートル)まで潜れるの?

日常生活用防水(3気圧防水、W.R.3bar)腕時計を風呂に沈めてみた。

***********************************

広告
カテゴリー:アイテム, 腕時計
  1. 通りすがり
    2015-02-0403:56

    電池交換で検索していて、たどり着きました。
    準備、作業、その後の検証を含め
    大変参考になりました。
    ありがとうございます。
    結局、私はカシオに出そうと決意しました(笑)

    • 2015-02-0410:01

      通りすがりさんこんばんは。
      海での使用や防水性を維持したいのであればカシオに出すことは適切な判断だと思います。
      お気に入りの時計をたいせつになさってください。

  2. KobaChan
    2015-10-2411:20

    時計屋さんで1000円くらいで電池交換してもらってましたが、この記事を読んだら、かなりいい加減な仕事をされていたことが分かりました。
    お客の側にも知識がないといけないことを痛感しました。
    ところで、次の箇所で誤字を見つけました。
    誤 水没する確立が高い
    正 水没する確率が高い

    • 2015-10-2423:35

      KobaChanさんこんにちは。
      ご指摘ありがとうございます。
      「水没する可能性がある」という表現に修正しました。

  3. 橋沢育郎
    2016-03-2305:47

    注文された時計店のシリコングリスは激安ですね
    アマゾンだと同じ商品が倍以上の値段!
    いいお店教えていただきました

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中