ホーム > アイテム, カメラ, 趣味, 写真 > 人間の眼の遠近感に近いレンズは焦点距離100mm

人間の眼の遠近感に近いレンズは焦点距離100mm

さて、昨年11月に”デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。”という記事を書きましたが、やっと購入しました^^

Nikon D5300 18mm-140mmズームレンズ 40mmマイクロ単焦点レンズ

Nikon D5300 18mm-140mmズームレンズ 40mmマイクロ単焦点レンズ

タイトルの本題は最後のほうに書きますので、まずは前置きをグダグダと書かせてください。

*

はじめは、ニコンの新機種D7200を買おうと思っていたんです。

それで、とりあえずヤマダ電機に実物を見に行ったわけですが、D5300のボディーのコンパクトさに惹かれ、また、新製品D5500が発売になり型落ちになって価格が安くなっていたのと、いちばん使い勝手がよいと思われるAF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VRズームレンズキットがメーカーラインナップからなくなって店舗在庫だけになるとのことで、その場で即購入しちゃいました。

それから、KenUのブログの写真は接写ものが多いので、単焦点マクロレンズ(AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G)と、レンズ保護用にNikon NC(ニュートラルカラー)フィルターも同時に購入。

望遠レンズはまたの機会にということで・・・

余談ですが、KenUは3.11の震災以降、ネットよりも多少価格が高くても、震災のときに頑張って店を開けてくれた自宅周辺地域の店舗には恩返ししたいと思うわけで、そういった理由もあってヤマダ電気で購入しました。

さらに余談ですが、Canonデジイチを使っている下の娘からは、「なんでNikon? プンプン! レンズ交換できないじゃん。」というLINEが・・・(笑

*

はい、それではマクロレンズでためし撮り。

KenU's Breakfast (感度ISO100, 絞りf/3, 露出時間1/20sec, 露出補正+0.3)

KenU’s Breakfast (感度ISO100, 絞りf/3, 露出時間1/20sec, 露出補正+0.3)

KenUの朝食です。
料理は、アップで撮れば何でも美味しそうに見えるという典型ですね。

はい、お庭のあじさいです。

KenU's Garden hydrangea( 感度ISO100, 絞りf/7.1, 露出時間1/200sec, 露出補正+0.3)

KenU’s Garden hydrangea( 感度ISO100, 絞りf/7.1, 露出時間1/200sec, 露出補正+0.3)

それから、少し遊んでみました。

ロットルプとラーメンマン

ロットルプとラーメンマン

スペシャルエフェクトモードのセレクトカラーで残したい色を抽出して撮影。
某ビールのCMのようです。
この画像はカメラのWi-Fi機能を使って、iPhoneのカメラロールに送信してみました。
PCなしで写真をすぐにLINEやTwitterにアップできるので便利だと思いました。

*

さて、前置きは以上で、いよいよ本題です。

ニコンのホームページを見ると、

”ニコンのデジタル一眼レフカメラには、FXフォーマットとDXフォーマットの2種類があります。”
”フォーマットの違いでカメラの写し込む画像の範囲が異なります。”
”DXフォーマットの実撮影画角は、レンズに表記されている焦点距離の約1.5倍の焦点距離を持つFXフォーマットでの実撮影画角に相当します。”

と書いてあります。

購入したD5300はDXフォーマット(APS-Cサイズと同じ)カメラなので、35mmフィルムカメラ換算にすると、18-140mmレンズでは焦点距離22mm~210mm相当、40mmレンズでは焦点距離60mm相当の写真になるそうです。

まあ、それはいいのですが、じゃあ遠近感は?
たぶん、フルサイズの画面が切り取られるだけで、遠近感には影響はないのだろうなと思いました。

*

昔、Canon AE-1というフィルムカメラを買って勉強したときの知識として、”焦点距離80mmのレンズが人間の眼に近い遠近感だからポートレートに向いている。”というもの。
今日このブログを書くまで、そのまま鵜呑みにしていました。

また、あらためてネットで検索してみると”80mm~90mmが人の目の遠近感に近い”と書いているサイトがありました。
その一方で、”50mmを標準レンズと呼ぶのは画角が人の目に近いから”とか、”50mmを標準レンズと呼ぶのは遠近感が人の目に近いから”と書いているサイトもありました。

意見がばらばらです。

*

では、KenUの実験です。

まず、”人の目に近い遠近感”とはどういうことか?
はい、定義は単純です。
レンズを通して見た近くのものと遠くのものの大きさの比率が、肉眼で見たときの比率と同じということです。

まず、片目でカメラのファインダーを覗いて、もう片方の目で被写体を見ながらズームレンズを回して、ファインダー像と裸眼の像とが同じ大きさに見えるように調節します。

そうすると、距離およそ1.2mの被写体では、55mmズームのときに同じ大きさになりました。
そのズームのまま距離およそ12m先の被写体をファインダー像と裸眼の像とを見比べてみると、ファインダー像のほうが小さく見えました。
距離およそ12mの被写体では、65mmズームのときにファインダー像と裸眼の像が同じ大きさになり、1.2mの被写体はファインダー像のほうが大きくなりました。
つまり、焦点距離55mm~65mmのレンズの遠近感は、人間の眼に近くないということです。

でも、見た目の倍率が肉眼に近いので、そういった意味で焦点距離50mm前後のレンズが”標準レンズ”と呼ばれているのかもしれませんね。

*

じゃあ、人間の眼と同じ遠近感が得られるレンズはどれか?

肉眼との比較の結果、ズームリングを70mmと140mmとの中間の位置にあわせたとき、すなわち

”焦点距離100mmズームの遠近感が一番KenUの眼に近いっ!”

という結論になりました。

ズームリング回転位置と焦点距離

ズームリング回転位置と焦点距離

*

最後に・・・

DXフォーマットのマクロレンズには、85mm f/3.5G ED VRというのがありますが、今思うと40mmとどっちがよかったのかなぁ~?

*

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 18-140VR レンズキット ブラック D5300LK18-140VRBK
←Amazonで見てみる

Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR ニコンDXフォーマット専用 φ67mm
←Amazonで見てみる

Nikon ニュートラルカラーNC 67mm
←Amazonで見てみる

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用 φ52mm
 ←Amazonで見てみる

Nikon ニュートラルカラーNC 52mm
←Amazonで見てみる

*

[10/12 追加]
KenUは、現在片目の視力が0.3くらいで、カメラの視度調整ダイヤルを目いっぱいマイナス側にしてもピントが合わないので、接眼補助レンズDK-20C(-5.0)を購入して装着しています。
カメラ側の視度調整ダイヤルを一番プラス側にしてから5~6段階マイナス側に戻すと丁度よい具合です。

Nikon DK-20C 接眼補助レンズ

Nikon DK-20C 接眼補助レンズ

このとき付属の接眼目当てDK-25は装着できないので、取り外すことになります。
DK-20Cの上から装着できる接眼目当てはないとのことです。

一応ネットで検索してみると、DK-20接眼目当てが装着できるとの情報を見つけたので、騙されたと思って購入してみました。
見事に騙されました(笑
全くハマリマセン。

ノギスで測ってみると、DK-20Cの溝は幅1.35mm、DK-20の嵌合部の厚みは幅1.55mm。
嵌る訳がありません。
DK-20は、形状を測定するのに破壊して、ごみ箱行きになりました。
まあ、貯まっていた楽天ポイントで無料で買ったからいいんだけどね。

*

[11/18追加]
大型自動二輪の免許を取得してバイクを買ったので、D5300と単焦点マクロレンズ(AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G)で動画を撮影してみました。
別の記事に貼り付けていますが、参考までにこんな感じということで、こちらの記事にも貼っておきます。

*

*

[11/21追加]
D5300のGPS機能の精度に関する記事を書きました。

関連記事の、「YAMAHA・・・」参照ください。

************** 関連記事 **************

結婚披露宴の美味しい料理も控えめに食せば大丈夫

駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル

デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。

YAMAHAタンクバッグ シティーとNikon D5300と化女沼ツーリング

屋内撮影はバウンスフラッシュで。NikonスピードライトSB-700購入!

***********************************

広告
カテゴリー:アイテム, カメラ, 趣味, 写真
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中