ホーム > ストーマ, 医療 > イレオストミー用の消臭・吸収ゲル化剤をコロストミーが使ってみた。

イレオストミー用の消臭・吸収ゲル化剤をコロストミーが使ってみた。

KenUはコロストミーですが、イレオストミーの方はたいへんだろうなと思います。

というのは、イレオストミーは回腸(小腸の一部)にストーマが造設されており、便が大腸を通過しない、つまり便の水分の吸収経路が短くなるので、水様便になるからです。

KenUも術後入院当初は、点滴のためストーマから出るのは水様便(ほとんど液体)でした。
そして、寝たきりだったのでストーマ装具面板の下に水様便が潜り込んで、ときどき漏れたりしていました。

パウチ交換後2日もしたら面板下に便が潜り込んで、パウチは防臭性のある素材が使用されているけれど面板には防臭性がなくて、むしろガス透過性が高い素材が使用されているために、ふとんの中が臭くなって、ものすごく鬱な気分になっていたことが思い出されます。

退院後は、比較的硬いコロコロ便になったので漏れにくくなり、ストーマ装具も長持ちするようになりましたが、それでも就寝中に水分の多いゲリ便や柔らか便がでると、ストーマと面板開口部の隙間から面板下に便がもぐりこみやすくなります。

起きているときは、下痢便でもパウチの下にたまって面板に触れないので大丈夫なのですが・・・。

*

それで、イレオストミーの方向けに、水様性の排泄物の水分を素早くゲル化して便を漏れにくくしてくれる、ConvaTec(コンバテック)からダイヤモンド消臭・吸収ゲル化剤という製品が販売されています。

ConvaTec Diamonds カタログ

ConvaTec Diamonds カタログ

基本的にKenUにはこの製品は不要と思いますが、イレオストミーの方もたくさんKenUのストーマ関連記事を読んでくださっているようなので、実験して記事にしてみることにしました。

コンバテックにサンプル請求すると、3個入りパックがもらえます。

ConvaTec Diamonds 3個入りパック(説明書入り)

ConvaTec Diamonds 3個入りパック(説明書入り)

そして、ストーマ装具を交換したときに、早速ダイヤモンドをパウチに入れてみたのが下の写真。

ダイアモンドだね~♪ AH AH~♪ いくつもの場面~♪(by PRINCESS PRINCESS)

ConvaTec DiamondsをストーマパウチにいれてみたコロストミーのKenU

ConvaTec DiamondsをストーマパウチにいれてみたコロストミーのKenU

ちなみに、ダイヤモンドに消臭機能があるので、デオールとかアダプトとかの消臭潤滑剤は入れません。

*

KenU はラーメンを食べると下痢をすることがわかっているので、実験のために冷やし中華を食べてみたのですが・・・下痢しなかった(笑
中華麺が原因ではなく、ラーメンのスープの油が原因のようです。

なので、コロコロ便でのダイヤモンドの使用感について述べたいと思います。

コロコロ便のときには吸収する水分があまりないので、ダイヤモンドは崩壊しません。
なので、パウチのそとからダイヤモンドをつまんで落とさないようにして、コロコロ便だけを便器に落としました。
そのときには、あまり嫌な臭いにおいがしなかったような気がします。
それから、液体の消臭潤滑剤を使用していないので、便がパウチの内面にひっついて汚れることがあまりなくて、トイレットペーパーねじりん棒でパウチ内面を清掃しなくても耐えられる汚れのレベルに抑えられました。
つまり、清掃時間が短縮されることから、トイレにこもっている時間が短くなるという訳です。

もしかしたら、ダイヤモンドはコロストミーにも有用かもしれません。
100個入り1箱が3800円+消費税(=4104円)。
つまり、1個41円なので、1日に1個しか使わなければ消臭潤滑剤よりもコストは低くなる計算になります。
興味がある方は是非試してみてください。

*

もう少し実験してみました。

まず、ダイヤモンドに水100mLを給水すると・・・

Diamonds 吸水実験100mL

Diamonds 吸水実験100mL

包み紙が崩壊して、臭いを吸収する活性炭が広がって黒くなります。

Diamonds 水100mL供給直後

Diamonds 水100mL供給直後

やがて、ポリアクリル酸Naが水分を吸収しながら膨潤してゲル化します。

Diamonds 100mL吸水ゲル化後

Diamonds 100mL吸水ゲル化後

ダイヤモンドの吸収量の目安が350mLということなので、水350mL入れてゲル化させたのが下写真。

Diamonds 吸水実験350mL

Diamonds 吸水実験350mL

これは、なかなか良さそうに思うのですが、イレオストミーのみなさんは、この製品どうでしょう?

え?
すでに使用している?
そうですか(笑

さらに、吸水したダイヤモンドがどのような性状なのかわかりやすくお見せするために、動画を撮ってみました。

*

*

以上、ダイヤモンドのKenU流レポートでした^^

ダイヤモンド 消臭・吸収ゲル化剤 ←参照リンク(コンバテックのホームページ)の”お問い合わせ”をクリックしてサンプル請求できます。

ちなみに、KenUはコンバテックから謝礼などを貰っているわけではありません。

たんなる ボランティア精神です。

*

と書いたその翌日・・・

さすがにダイヤモンドの袋に穴があいて、吸水していないゲル化剤と活性炭がパウチ内にばらけてしまって、便廃棄時に便器にもぱらぱらとこぼれました。
パウチの中も活性炭のせいで黒くなりましたが、そのまま使用し続けて、翌日にコロコロ便と一緒に廃棄しました。
やっぱりKenUは頻繁に水溶便になるわけではないのでリピはないかなぁ。

************** 関連記事 **************

ストーマパウチにあまり変なもの入れたりしないほうが良いと思いますが・・・

ストーマ装具の選定と便排出処理するのにこんなのが欲しい!

KenUの直腸癌切除術と入院中の備忘録

人工肛門ストーマパウチからのトイレでの便の出し方

人工肛門ストーマ装具交換の動画をアップしてみた。

はじめての人工肛門からの大腸内視鏡検査と不安要素

***********************************

広告
カテゴリー:ストーマ, 医療
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中