ホーム > アイテム, ストーマ, stoma, 修理 > BOSTONサイド吊り型サスペンダーのクリップを交換

BOSTONサイド吊り型サスペンダーのクリップを交換

さて、KenUは、永久人工肛門(ストーマ)になってから、サイド吊り型サスペンダーを使用してズボンをはくようになり、「ストーマで困るのはズボンと下着と入浴とセックス」という記事に書いています。

何本か購入しているのですが、はずれのサスペンダーもあり、クリップが比較的すぐ駄目になってしまったものがあります。

今回は、そのサスペンダーを買い替えるのももったいないので、クリップだけを交換して復活させてみたので、その方法を紹介したいと思います。

*

駄目になったのは、BOSTONのサスペンダー(ネイビーカラー)です。※下写真はクリップ交換済

ボストンサイド吊り型サスペンダー ネイビー

実はこれ、購入したときからクリップが弱めで、少し厚手のズボンに使用したら、わりとすぐに挟む力が弱くなってしまったんです。
ベージュ色の同じものも使用しているのですが、そちらはまだなんとか使えています。

でも、BOSTONサスペンダーのクリップの品質はいまいちですね。
その点ではTANIWATARIサスペンダーのクリップはよくできています。

*

交換用に購入したクリップはこちら。

”くわえカン5個セット シルバー サスペンダークリップ”をアマゾンで購入。

サスペンダークリップ5個セット

鉄製で、表面光沢もなく、見た目クオリティーは低いですが、とりあえずこれでOKとします。

交換用クリップ表面比較

*

では、交換手順です。

まず、クリップの金具をラジオペンチで広げて、フラップを外して分解します。

ラジオペンチでクリップ金具開き

交換用クリップの分解

サスペンダー側のクリップも同じようにして分解します。

サスペンダークリップの分解

なお、サスペンダーの吊り革にぶら下がっているワイヤー金具は外さずに、そのまま使用します。

そして、そこに新しく購入した交換用クリップの部品を取り付けます。

サスペンダークリップ部品交換

ラジオペンチで金具を狭めて、フラップを取り付けます。

サスペンダークリップのフラップ取り付け

*

とまあ、こんな感じであっという間に簡単に出来ました。

下写真、右側がビフォー、左側がアフター。

サスペンダークリップ交換前後比較

で、もう片側も交換して・・・

はいっ!完成です。

ボストンサイド吊り型サスペンダークリップ交換後

*

以上、サスペンダーのクリップの交換方法を紹介しました。

使用感は、ワニ口のパチンと挟む力は強くなりました。
耐久性については、交換したばかりなのでわかりません。
ワニグチの凹凸樹脂を固定している、かしめ(金色の金具)がむき出しなので、そこが直接ズボンの繊維にあたると生地を傷めるかもしれませんから、高級ズボンには使用しないほうがよいかも知れません。

交換用のクリップを購入するときには、色々な形状・構造のクリップが販売されていますから、現在使用しているサスペンダーのクリップと同じような構造になっているか、交換可能かどうかをよく調べてから購入したほうがよいでしょう。

*

くわえカン5個セット シルバー サスペンダークリップ 9216
←Amazonで見てみる。

 

カテゴリー:アイテム, ストーマ, stoma, 修理
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中