ホーム > アイテム, バイク > AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

さて、以前、モーターサイクル・バイクグローブの防寒対策で、次の二つの記事を書きました。

「MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!」

「気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!」
です。

今回、同じ条件で、ハンドルカバーとオーバーグローブを比較してみました。

*

外気温は、およそ2℃

左手、つまりクラッチ側は、コミネのネオプレーンハンドルウォーマーAK-021 (親指部分切り取りあり。)、グラブは春夏用のRSタイチ ベロシティ レザー メッシュ グローブRST-417(←参照リンク)を装着しました。

右手、つまりブレーキ側は、アーバニズムのUNG-209 ヒートポケッテッドロングオーバーグローブ(ホッカイロなし)、グラブは冬用のRSタイチ サージウインターグローブRST601(←参照リンク)を装着しました。

詳しくは、以前の記事(関連記事)参照。

ak-021 vs ung-209

*

結果は、YAMAHA MT-09で1.5時間走行しましたが、防寒性は同等かなぁ。
どちらも、指は痛くならなかったけれど、指先は冷たくなりました。

クラッチレバーにしろブレーキレバーにしろ熱伝導率の高い金属製なので、厳寒の中それに触れていれば冷たくなるのは当然です。
KenUは、信号待ちなどの停止時は、ギアをニュートラルに入れずにローギアのままクラッチを握りっぱなし、ブレーキレバーも握りっぱなしなので、そのときに冷たくなります。
走行中も、ブレーキレバーに指2本を掛けているので、時間が経つと指が冷たくなってきます。

今回比較の結果、ウインターブローブ+ハンドルカバーが良いと思いました。

レバーの操作性を考えると、オーバーグローブよりハンドルカバーのほうが分(ぶ)があります。
ハンドルからの手の放しやすさといった点では、ハンドルカバーよりもオーバーグローブに分があります。

ということで、外気温や走行距離、その他状況によって使い分けようかと思います。

そして、指先が冷たくなったら、これまでのように、休憩してエンジンの熱で温めたらいいかなと(笑

************** 関連記事 **************

MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

***********************************

カテゴリー:アイテム, バイク
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中