ホーム > バイク > フレームスライダーって本当に滑るの?

フレームスライダーって本当に滑るの?

以前「エンジンスライダー、フレームスライダーは必要?不要?取り付けたらだめなの?」(←参照リンク)という記事を書きました。

そこでは出典を直接的にあまり書かなかったので、半信半疑と受け取られたかな?と思い、今回補足の記事を書くことにしました。

********** 目次 **********
1.種々レースのルール、レギュレーション
2.スライダー装着モーターサイクルクラッシュ実験の論文
3.最初の樹脂製フレームスライダー
*************************

1.種々レースのルール、レギュレーション

以前の記事に書いた、「レースにおけるスライダーの装着はrequired( 要求)ではなく、approval(許可)する程度のレベル」ということについて・・・

幾つかのレースのルール、レギュレーションから原文をそのまま転載します。
日本語への翻訳は各自、Google翻訳などでやってください。

*

以前の記事で、一つ訂正があります。
それは、ジムカーナでのスライダーの装着は、recommended(推奨)でした。

出典:” Motogymkhana SA Rules and Regulations ”
「d) Crash bars or frame sliders are highly recommended.」

以下は、ロードレースにおけるスライダーの装着についてです。
中には許可していないレースもあります。

出典:”DAYTONA200 2016 Race Rules And Regulations ”
「The following motorcycles must have case guards installed on both sides of the engine.(中略) Frame sliders are not acceptable as engine case guards.」

出典:” The Motorcycle Sportsmen of Qld ”
「Formula 3
Permitted Additions.The following may be added:
2.Frame protective sliders」

出典:” Clubman Class Supplementary Regulations ”
「The following may be added:
7. Frame protective sliders, and engine case covers or protectors」

出典:” 2016 MRA Rulebook ”
「2.10 Production Cup Class
Only the following modifications from showroom stock are permitted:
Relieving bodywork for clearance of hand and foot controls, exhaust and frame sliders is permitted.」

出典:” AUSTRALIAN SUPERBIKE CHAMPIONSHIP 2015 CLASS TECHNICAL REGULATIONS: SUPERBIKE ”
「13.18.7 Permitted Additions
13.18.7.1 The following may be added:
g) Frame protective sliders」

出典:” AMA motorcycle regulations ”
「3.10 Frame
c. Crash bars/frame sliders may be installed.」

そんなところで、どのレースでもスライダーの装着が義務付けられているものではないことがわかります。
なお、プロテクティブコーンまたは二次カバーの装着が義務付けられたものもあります。

出典:” 2017 鈴鹿サーキットロードレース統一特別規則書 ”
「鈴鹿サーキットロードレース車両既定
第1章 鈴鹿ロードレース基本仕様
第1条 以下に規定する基本仕様はロードレース競技を行う上で必要とされる基本規則であり、鈴鹿サーキットにて開催される特別規則により指定されたクラスの全ての車両に適用される。カテゴリー別に必要とされる詳細な仕様にかんしては、各カテゴリー別仕様が適用される(以下省略)
~1)カテゴリー 1-1レーサークラス 1-2スポーツプロダクション
4-12-18 全ての4ストローク車両はプロテクティブコーンの装着、もしくは2次カバーのいずれかの装着を義務付ける。」

同じく” 2017 鈴鹿サーキットロードレース統一特別規則書 “から、
「第3章 FUN&RUN! 2-Wheels 車両既定
第4条 ST250車両既定
7-3-1-4 転倒時に車両のダメージを最小限に抑えるためフレームにプロテクティブコーンの取り付けは可。
7-3-1-5 プロテクティブコーンを取り付けた場合、プロテクティブコーンの突き出し量はフェアリングの表面から20mm以上突き出してはならない。また、プロテクティブコーンのRは10R以上とする。」

エンジンスライダーの機能を明確にしたものもあります。

出典:” 2017 もてぎオープン11時間耐久ロードレース”もて耐”特別規則書 ”
「第3章 車両・装備規定
24-5 ボディーワーク
⑳転倒時の車両のタメージを最小限に抑えるためフレームにプロテクティブコーンの取り付けを認める。プロテクティブコーンはフェアリング表面より突き出し量を20mmまでとし、先端は半径10mm以上の曲面で面取りされていなくてはならない。また、プロテクティブコーンにエンジン保護以外の機能をもたせることは禁じられる。」

上記のすべての出典についてはネットで検索できますから、興味があれば確認してみてください。

SUZUKI YOSHIMURA

*

2.スライダー装着モーターサイクルクラッシュ実験の論文

フレームスライダーを装着していると、転倒したときに、装着していないバイクよりも長い距離を滑って行くのでしょうか?

その答えは「ノー」という論文を見付けたので紹介します。

タイトルは ” Motorcycle Sliding Friction for Accident Investigation ”
著者は、Louis R. Peck, Bill Focha, Toby L. Gloekler

イントロダクションでは、「フレームスライダーを装備したオートバイの滑り挙動に関する情報はほとんどありません。」と述べられています。
そして、実際にクラッシュしたときの滑り摩擦係数をGPSテクノロジーを使用して測定し、フェアリングあり(フルカウル)のバイクに樹脂製のフレームスライダーを装着した場合と、次の表のバイクでスライダーを装着していない場合を比較しています。

バイク滑り抵抗係数測定実験コントロール車両一覧
出典:Motorcycle Sliding Friction for Accident Investigation

*

結果では、「スライダーありの15回のクラッシュテストでの平均抗力係数は-0.45g、上表のバイクのフレームスライダーなしの平均効力係数は-0.48g。」
「重要なのは、フレームスライダーがスポーツバイクの抗力係数を低下させずに、実際には効力係数が増加すること。」
「効力係数が増加した結果は、フレームスライダー装着によってフェアリングとの接触を防ぎ、フェアリング非装着の一般的なバイクと同じような挙動を示したため。」と述べています。

つまり、わかりやすく言えば、滑りやすいフルカウルのバイクにスライダーを付けると、ネイキッドのバイク程度に滑りにくくなる、と言うことです。

*

日本国内では、感覚的に滑る滑らないが論じられているようですが、海外ではきちんとそれを数値で示す研究がなされ、そして報告されているのですね。

これで、スライダーに関する論争は終結できるかな?(笑

*

3.最初の樹脂製フレームスライダー

1990年代に評判だったクラッシュ時のプロテクション製品「bungs(バング)」というのが始まりのようです。
しかし、それはフレームにダメージを与えるという欠点がありました。

1999年に、R&Gレーシングがクラッシュバングを改良した製品を開発。
スズキGSX-R750用に高密度ポリエチレン(HDPE)製の丸型プロテクターを作ったのが最初の製品でした。

R&Gについて(←参照リンク)

広告
カテゴリー:バイク
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中