ホーム > カメラ, ストーマ, スポーツ, stoma > オストメイトがグライダーで飛行体験してみると・・・

オストメイトがグライダーで飛行体験してみると・・・

先日の2017年4月16日、グライダーに搭乗させていただく機会に恵まれまして、ソアリングしてきました。
※「グライダー」とは、発動機のない航空機。滑空機。
※「ソアリング」とは、 上昇気流を利用して長時間滞空すること。

若い人向けに、エウレカセブンに例えていうと・・・
トラパーでリフをするマシュー機の後方座席に乗り込んで写真を撮るストナーになった、といったところかな?

その結果、KenUがストーマになる以前には味わったことがないくらい、夢のような一日になりました。

今回は、第一部「素晴らしきソアリングと美しすぎるグライダー」、第二部「オストメイトでもソアリングは問題なし」という2部構成の内容で記事を書きたいと思います。

*

———- 第一部「素晴らしきソアリングと美しすぎるグライダー」———-

搭乗させて頂いたのは、今回ソアリングに誘って頂いたカズさんが所属するグライダークラブで共同所有している、訓練用複座機(二人乗り)グライダーで ポーランド製のPW-6Uです。

グライダーPW-6Uと筑波山

かっこいいでしょっ!
翼幅は15mもあるそうです。
しかも、小用トイレ付。

後方に見えるのは筑波山。
そうです、KenUは宮城県在住ですが、ワクワク、そしてちょっとドキドキしながら、関東の滑空場を訪れました。

*

事前の連絡で、服装は普段着でOK、上空は日差しが強いので帽子+サングラス+日焼け止めがあったほうがよい、エチケット袋は必須、ということで、すべて準備していきました。

その他、現地に到着すると、グライダーど素人のKenUは「え?そんな想像もしていなかった」ということが色々とありました。

まず、パラシュートを背中に装着。
え?

そのまま後部座席に乗り込み、4点シートベルトを装着し、緊急脱出時のシートベルトを外す→キャノピーを開放→パラシュートを開く操作説明を受けました。

まじですか?
「いやいや、絶対にそんな操作は出来ませんから(笑」といいながらも、不安や心配はなく、興味深かったです。


グレーのベルトがパラシュート、赤いベルトがシートベルトです。
自作のストーマプロテクターも装着しました。

*

お昼過ぎに、曳航機(エンジンのあるプロペラ機)に牽引されてテイクオフ。

初体験、狭いコックピット、操縦の邪魔にならないように、などなど緊張しました。

上昇気流で旋回中のグライダーPW-6U
↑旋回上昇中で、丸山の風力発電所が見えます。

↓これは飛行ログで、操縦航路や高度などを表しています。

高度1300mまで上昇したことがわかります。緑色はグランド高です。

カズさんのブログにも、”稀有な出逢いのソアリング”(←参照リンク)という記事が掲載されていますから、ぜひ参照してみてください。

*

それから、KenUはパッセンジャーのつもりで搭乗したのに、後部座席の操縦桿を握る流れになって、しかもパイロットのカズさんに前席の操縦桿から両手離しをされてしまい、KenUがパイロットになった瞬間、一機に心臓がバクバクに(笑
操縦したのは、上ログ経路のピンク色線の部分だそうです。

「もう無理です!」と叫んで、操縦桿をお返ししました。
今まで生きてきた中で一番緊張しました(笑。

その後、気分が悪くなってしまったので着陸していただきました。
う~残念という気持と、自分が情けない気持ちと・・・。


橋の向こうの河川敷の緑の部分が滑空場で、着陸前のバンクです。

*

動画も撮ったので、YouTubeにアップしました(再生時間25秒)。

*

足がガクガクしていて着陸後しばらくの間立ち上がれず、やっとのことで機体から離れ、滑走路に仰向けに大の字に寝転んでしまいました。笑いながら。
だって、想像もしなかった・できなかったことがあり過ぎて・・・。

1時間とちょっと飛んだだけで、ど素人のKenUがグライダーの素晴らしさを語る資格なんてありませんが、自分がまったく知らなかったグライダーの世界を少し味わうことができて、この上ない喜びを感じました。
たった一日で、のんびりとした気分、心地好さから始まり、緊張感、興奮、解放感、感動、笑い、涙(いい)・・・人が一生のうちに感じる様々な感情・感覚が濃縮された最高の一日でした。

始終KenUにいろいろと気を配ってくださったパイロットのカズさん、そしてKenUを暖かく滑空場にお迎えくださったグライダークラブの皆様、ありがとうございました。

*

ここからは、美しすぎるグライダーの写真紹介です。

機体をぐるりと撮影!


ウィングレットのない翼端。

*

グライダーの格納も見学させていただきました。


主翼と水平尾翼を取り外したところです。


トレーラーに格納します。

このときは数人で作業していますが、基本的には組み立ても一人でもできるそうです。

*

次に、他のパイロットさんのグライダーを紹介!

こちらは、曳航機の牽引不要で離陸可能なプロペラエンジン装備セルフランチグライダーの離陸シーン。
この機体は、ん千万円するそうです。
プロペラエンジンは上空で機体内に収納されます。

*

こちらは、単座ピュアグライダーの着陸シーン。

美しい着陸。かっこよかったです。

*

———- 第二部「オストメイトでもソアリングは問題なし」———-

旅客機の場合、機内の気圧を調節する装置(与圧装置)で、機内の気圧は約0.8atmに調節されています。※与圧装置がなければ、飛行高度10,000mの気圧は0.36atm、酸素濃度26%なので、生きていられません。
それに対して、グライダーには与圧装置はなく、機内はほぼ上空の環境になります。着陸前の写真のキャノピーの丸い窓を開けているのわかりますか?
今回1300mまで上昇したので、気圧は0.86atmで、酸素濃度は地上の86%になります。

さて、ソアリング中のストーマパウチの状況ですが、まったく便は出ませんでした。
というのは、前日の夕食後に結構便が出たのと、さらに就寝中にも柔らかい便がパウチ半分くらい出ていたので。

そうなったら、たくさん食べさえしなければ、しばらく便が出ないパターンだということは経験的にわかっています。

そして、朝食をバターロールパン2個とコーヒーだけで済ませました。

結局、朝から晩まで便は出ず。
排便周期的、体調的にラッキーが重なりました。

ソアリング中は、ストマからガスが3回ほど出ました。

でも、ストマ装具のパウチが膨らむこともなく、消臭フィルターから無臭でガスが抜けるので、グライダーから降りたときにはパウチはぺったんこでした。

ストーマは、まったく問題ありません。

*

話は変わって・・・

もし、KenUが直腸がんでストマになっていなければ、カズさんと出会うことはなかったでしょうし、グライダーを体験することも絶対になかったと思います。

永久ストーマになってでも絶対に生きたいと願う人、永久ストーマになるくらいなら死にたいと思う人、様々です。
考えは人それぞれですから、どちらが良いとか悪いとか言う気はまったくありません。

さらに、「生きていれば、必ず良いことがあるから、生きるべき」なんて適当なことは言いません。

でも、ストーマになったとしても、良いことが起こる可能性があるということは言えると思います。

ちなみに手術前のKenUは、生への執着が強いわけでもなく、死への願望があったわけでもなく、ニュートラルでした。

*

一方、KenUは、何か上手くいかなかったり、失敗したり、何かを避けたかったり、逃げたいときには、オストメイトであることを言い訳にしたくなることもありますし、自分に言い訳することもあります。

ストマが不安になって、なにか行動することを避けたいと思うこともありますし、実際に避けることもあります。

人間そんなに強いわけでもないし、決してそれがいけないことだとは思っていません。

でも実際、ストマでもかなりいろいろなことができるんです。

実は、カズさんは一時ストマの経験者であり、そのときにもグライダーで大空を舞っていたそうです。

オストメイトはめんどくさいし、神経も使いますが、楽しみたいという気持ち次第で、本当にいろいろなことができます。

この記事が、これからオストメイトになるかも知れない方々の参考になり、また、心のケアに少しでもお役にたてればと願っています。

************** 関連記事 **************

KenUの直腸癌切除術と入院中の備忘録

バイクのライディング用にストーマプロテクターを自作してみた。

ストーマで飛行機に乗るときに困るのは?・・・心配しなくても大丈夫

***********************************

広告
  1. 2017-04-2020:00

    KenUさん、先日は遠路遥々お疲れ様でした。グライダーの魅力も「辛さ?」も、凝縮されたような一日でしたね。でも、楽しんで頂けてで良かったです。

    ストマであるなしは別にして、動力の無いグライダーで空を飛ぶ勇気は、半端なことではないと思います。私もまだまだ怖いですから。

    そんなKenUさんのチャレンジ精神には敬服します。私もストマを半年だけですが知ってるだけに、KenUさんを生き方を今後も深く参考にさせて頂きます。

    梅雨入りまでは、グライダーのベストシーズンなので、ガンガン飛びますよ!

    • 2017-04-2110:15

      カズさん、コメントありがとうございます。
      そして、お返事遅れて申し訳ありません。

      おかげ様で、顔がほころびっぱなしの一週間でした(笑
      周囲からは、KenUさんどうしたんだろう?と思われていたかもしれません。

      さて、はっきりと申し上げますと、カズさんのご迷惑でなければ、もう一度チャレンジしたい気持ちはあります。
      しかし、それには自分自身がいろいろな意味で未熟すぎるし、自信がないので、お時間を頂戴したいと思います。
      そして、ここまでして頂いたのに、さらになんて、あつかましいという思いもありますし。

      ちなみに、カズさんのソアリング技術は信じ切っていましたので、まったく怖いということは無かったです。
      着陸のときのアプローチもまったく不安なしでした。
      こちらこそカズさんには敬服致します。

      はい、梅雨入りまでガンガン飛んじゃってください!!

      P.S. とちおとめは、そのままだけではなく、妻がジャムもつくってくれて、毎日すこしずつ、とっても美味しくいただいています。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中