ホーム > ストーマ, stoma, 未分類 > 今日5月23日は、直腸がん手術・人工肛門造設から、ちょうど3周年。

今日5月23日は、直腸がん手術・人工肛門造設から、ちょうど3周年。

はいっ、タイトルのとおりです。

それで、今日は節目ということで、ブログネタをあれこれ考えたすえ・・・
術後3年間のわたくしKenU個人の内容を書くことにしました。
情報提供とかではなく。

*

KenUの今の状況は? というと・・・
先月の造影剤CTの結果は、がんの再発や転移も見つからず、異常なしということでした。
そんな訳で、定期の外科外来受診が、3か月毎から6か月毎に延びました。
5年生存率が一つの目安になっているとのことで、あと2年間、定期的に検査を受けることになります。
その他にも、ストーマ外来も6か月毎に受診しています。

*

話は変わって・・・

3年間で書いたブログを数えてみると、140本ありました。
月当たりの平均にすると、約4本/月です。
換算すると、週一本程度なので、まあ、たいしたことはないですね。

でも、それらの記事の中には、
人工肛門(ストーマ)になっていなければやっていなかった、書けなかった、そんなことがたくさんあります。
ということで、今回、ストーマになったから「経験した」「経験できた」自己満足ベスト5を選んでみました

*

☆第5位☆

ストマ(人工肛門)になったら年金事務所へ障害年金の受給相談に行ってみよう!』(←参照リンク)

健常者が障害年金を受給することは不可能なわけですし、身体障害者になってしまったので「貰えるならもらっておこう!」ということで。

なんかね、『鋼の錬金術師』の「あちら側にもって行かれた」と「等価交換」というセリフが浮かんでくるんですよね。
障害年金なんて、まったく等価交換じゃないし。
エルリック兄弟的に言えば、お金なんかいらないから、肛門と直腸を返して欲しいに決まっています。

障害厚生年金証書

*

☆第4位☆

人工肛門から出る便のpHとストーマ用品のpHはどれくらい?』(←参照リンク)

人工肛門のうんこのpHを測定する人は皆無でしょうし、インターネット上での情報もぶれているし、ということで、うんちのpHが明確になって良かったです。

泣く泣く行く夜中のトイレでの便排出のときも、せっせとデータ取りをする自分に呆れたり笑ったりでした。

*

☆第3位☆

ストーマでも、いきなり大型自動二輪免許とりました。』(←参照リンク)

体力が低下していた上に、お腹の調子を気にし、排便を気にし、くやしい思いもし、いろいろ研究しながら、半年強の時間をかけて取りました。

*

☆第2位☆

夾雑物のない純粋な大腸粘液のpHを測定してみた。』(←参照リンク)

これがいったい何の役に立つのかわかりませんが、世界中の誰もやったことがない、そしてこれまで誰も明らかにしていない、ということで興味深かったです。

何でこんなことして見ようって、思いついたんだろう?
記憶がありません。

*

☆第1位☆

オストメイトがグライダーで飛行体験してみると・・・』(←参照リンク)

なんもいえねぇ!(笑

*

以上。

さて、この先5周年まで、KenUにはいったいどんなことが待ち受けているのでしょうか?

広告
カテゴリー:ストーマ, stoma, 未分類
  1. 2017-05-2622:21

    おお~!KenUさんも5月23日でしたか!私は2年前ですけど、奇遇ですね。
    MT-09乗ったり、グライダーで飛んだり、プラスマイナス、人生は退屈しませんね。
    楽しみましょう!また、飲みましょう!
    もちろん、また飛びましょう!

    • 2017-05-2623:42

      本当に奇遇だと思います。
      人生わからないものですね。
      はい、楽しみましょう。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中