アーカイブ

Archive for the ‘エンターテイメント’ Category

初見、大人パンダと皇居。お上りさんのすすめ。

先週の2017年9月9日~10日に東京へ出かけてきました。

メインの目的は、これっ!
上野 東京都美術館。

「ボストン美術館の至宝展」のパンフレット。

7/20から10/9まで開催されています。
なお、障害者手帳で入場無料。ありがとうございます。

実は、元祖ドラゴンボール的な陳容 《九龍図巻》が見たかったんです。
いやぁ~、本当によかった。
こういうのを見ると、再度(また)若い頃の様に絵を描きたくなります。

*

で、ここから先の記事は、元埼玉県人のKenUが地味にお上りさんをしてきたので、行ったところについて、適当にだらだらと写真をアップしながら、つぶやいていきます。

*

KenUがまだ悪ガキだった小学生の頃、親に内緒で国鉄蕨駅から上野へたまにぶらっと来ていました。

今の若者は、渋谷、原宿、六本木などが好きかも知れませんが、KenUは、上野、秋葉原、銀座辺りが好きです(笑

美術鑑賞の次は、「そう言えばジャイアントパンダを一度も見たことないなぁ~」ということで上野動物園行きを提案して・・・

その前に、腹ごしらえということで、上野公園内のパークサイドカフェで美味しいパスタ(ペペロンチーノ)を食しました。 美味しかった。

*

上野公園内にあるポストはパンダ仕様になっています。
一緒に写っているのは、現地で落ち合った東京在住の次女です。
イケメン彼氏募集中?!(笑

上野動物園の入園口にはパンダの垂れ幕。

はい、またしても障害者手帳で入園無料。ありがとうございます。

上野動物園のパンフレット(案内図)

パンダ可愛い。

手前ガラス越しまで迫ってきました。ぬいぐるのような毛並みです。

お尻をこちらに向けて脱糞シーンを披露(笑

お腹がすっきりしたところで、ランチタイムです(笑

KenUは、動物園というと、いつも寝ていて全く動かない動物ばかり、というイメージを持っていましたが、パンダはサービス精神旺盛でした。
これも、飼育スタッフさんがたくさんの人に楽しく見学してもらうために工夫をして、一生懸命してくれているからだと思います。

ちなみに、こちらは、笹のセッティングをするスタッフさん。

フクロウの動きがなかなか受けます。

ゾウも飼育スタッフさんが最前部まで誘導してくれます。

子供より、大人のほうが入園者数が多かったような気がした動物園でした。

*

当日の宿泊先は「ホテル グランドアーク半蔵門」。

翌朝の14階ツインルームの窓から見える景色はこんな感じ。

写真左側に皇居。
写真右手前から上へと、国立劇場・最高裁判所・国会図書館・国会議事堂など。
写真右上から左へと、東京タワー・霞が関ビル・金融庁・内閣府・外務省・国土交通省・警察庁・東京高等裁判所・警視庁・検察庁など。

川口市の小学校5年生だったときの遠足で国会議事堂の中に入ったことはありますが、永田町、桜田門周辺の記憶は全くなくて、すっかりお上りさんです(笑

*

9/10は皇居までお散歩することにしました。

桜田門。皇居外周路はランナーでいっぱい。ぶつかられないように路隅を気を付けて歩行します。

皇居外苑。左手に警視庁、右手に二重橋。

正門石橋。微動だにしない直立不動の警備員さん。

正門鉄橋(二重橋)。警察官が双眼鏡で監視(笑

警視庁 白チャリ。前輪部の透明の丸い筒は何だろう?

大手門から皇居東御苑に入ります。 警察官による手荷物検査を受けます。

入園料は無料。入園票で出入りチェック。

売店や休憩所もあります。

売店の自動販売機NESCAFEの紙カップが洒落ていました。

天守台。まるで建設途中のピラミッドのようです。

平川門を出て、東京メトロ竹橋駅に向かいます。

*

余談ですが、KenUは天皇皇后両陛下に半径10m以内まで接近したことがあります(笑

2003年6月13日に東京駅ホームで新幹線を待っていたら、ほんとたまたま同じホームに到着されたところだったんです。手まで振っていただきました。
そのときの写真ですが、今みたいに高性能カメラ付き携帯電話ではなかったので、がっかりな感じですね。

*

さて、昼食はサブウェイ(SUBWAY)が食べたかったので九段下まで移動。

その後、スポンサーとして娘のショッピングに付き合う約束をしていたので池袋へ移動。

東武百貨店とルミネを挟む通路の一画でワークショップが開催されていて、娘がやると言うので写真を撮りながら待っていました(笑

期間イベントで、この日は「心くすぐる動物ブローチの色つけ by 松岡マサタカ」でした。

娘もイラストレーターなので同業なんですよね(笑

*

3か月前「JRを使わずに地下鉄(東京メトロ)だけで遊ぶ東京」という記事を書きましたが、今回はSUICAと東京メトロ24時間券(¥600) を使いました。

料金を調べてみると・・・
上野広小路(東京メトロ銀座線)→三越前(東京メトロ半蔵門線)→半蔵門 IC:195円はSUICAを使用。

17:56から翌日まで、24時間券を使用
半蔵門(東京メトロ半蔵門線)→永田町 IC:165円
永田町(東京メトロ半蔵門線)→半蔵門 IC:165円
竹橋(東京メトロ半蔵門線)→九段下 IC:165円
九段下(東京メトロ半蔵門線)→大手町(東京メトロ丸ノ内線)→池袋 IC:165円
池袋(東京メトロ丸ノ内線)→東京 IC:195円
合計:855円

ということで、255円お得でした:)

*

最後に余談ですが、人工肛門ストーマねたを少々。

下写真の皇居東御苑内の平川門付近に設置されているトイレの他、皇居内のトイレにはオストメイトマークがあります。

入ってみると・・・

うっ、残念。
スタンディングで便を排出できるタイプではありませんでした。

これは、し瓶洗浄タイプと言うそうなのですが、KenUは、本当にこれで上手にストーマパウチの交換ができるのだろうか?という疑問を持っています。

また、別の機会に、オストメイト対応トイレに関する記事を書きたいと思っています。

*

以上、大人になってから、改めてお上りさんになって訪れる東京は、なかなか楽しいものですね。

*

[2017/12/13追加]
妻からiPhoneで撮影した写真をもらいました。

KenUが上野動物園で買ってきたおみやげのぬいぐるみhとTVに映った香香(シャンシャン)。

上野動物園のお土産パンダとTVに映ったシャンシャン

グッドショット!!(笑

広告

今年も行くぞ!!東京モーターサイクルショー2017

昨年「やっぱりMT-09を買ってよかったことが確認できた東京モーターサイクルショー2016」という記事を書きました。

そして、今年も行きます!!

宿泊と新幹線の予約をしました。

*

何故行くのか?

「そこにバイクがあるから」

というのは、おふざけの答えで、本当は特に理由はありません。

なんとなく?
何か新しい発見があるかもしれないし、新しい出会いがあるかも知れないし?
そして、ブログネタを探す良いチャンス?

そんな感じです(笑。

*

昨年は妻と行きましたが、今年は単独行動です。

ストマなKenUにとっては、一人で遠方に出かけるというのはちょっと不安です。
でも、その反面、楽しみなこともあるので、ドキドキよりもワクワクのほうが上回っています。

仕事休みをとったので、3月24日(金)に宮城県から移動して、そのまま会場入りする予定です。

当日は、プレスの方にはAMから公開ですが、一般の方には13:00からの公開で、その時間ちょっと前には国際展示場駅に到着します。

*

この時期は、学生さんが春休みで、ディズニーランドに行く人がたくさんいるようなので、東京近郊の宿泊施設を予約するのは、なかなか難しいです。
で、KenUが予約したのは、会場の東京ビッグサイトからかなり離れてしまいますが、さいたま新都心駅最寄りの”ラフレさいたま”。
さすがに昨年と同様、シャングリラ東京は予算的に贅沢ということと、もともと埼玉県川口市出身のKenUにとって大宮近辺は懐かしいし、土地勘もあるので安心なチョイスです(笑。

*

当初は、24日のPMだけモーターサイクルショーに行くつもりだったのですが、25日のAMも行くことにしました。

というのは、ときひろみさんの出演が決まったことを知ったので。

それ誰っ?って
ですか?

YAMAHAのバイク、MT-07のプロモーションガール(レディー?)のタレントさんです。
55mph – Beautiful Riders ~55mphな女性ライダーたち~(←参照リンク YAMAHAのサイト)

*

*

大型バイクの免許を取る前に、MT-09かMT-07のどちらを購入するか迷っていたときに、何度も見ていた動画なんです。
というわけで、ライブで見たいじゃないですかっ!!
可愛いし(笑

そうやって、楽しみを増やしてモチベーションを高めます。

*

もし、会場でKenUを見かけたらお声がけ下さい。
コーヒー一杯以上おごりますよ(笑

************** 関連記事 **************

やっぱりMT-09を買ってよかったことが確認できた東京モーターサイクルショー2016

様々な人にオフで会えた東京モーターサイクルショー2017

***********************************

カノンロックはなぜ世界中の人々にカバーされるのか

KenUがギター(エレキ)を始めたのが、2005年。
年齢も40歳を過ぎていました。
今では、ほとんど練習もしないし、思い出したときに少しギターに触る程度です。

最近、YouTubeの「あなたへのおすすめ」で紹介されたのが、ラトビア共和国の綺麗なおねえさんがアイバニーズのエレキギターでカノンロックを弾く動画でした。

KenUにとってカノンロックは、「そういえばギター初心者の頃に少し練習して、挫折したなぁ~」と、ちょっと思い出ある曲です(汗。

*

『カノンロック』(Canon Rock)とは?
台湾の音楽家・作曲家であるJerryC(ジェリーシー)による『ヨハン・パッヘルベルのカノン』のネオクラシカルメタルアレンジ作品である。(Wikipediaより)
Youtubeでは2006年に、本人による演奏動画がアップロードされています。

ヨハン・パッヘルベルのカノンとは?
ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。(Wikipediaより)

弦楽四重奏ヨハン・パッヘルベルのカノン Pachelbel Canon


2013/08/14 に公開 視聴回数 1,907,379 回 (2017.1.13)

*

Youtubeには、世界中の人々によるカノンロックのギターカバー動画が溢れています。
その他に、サイト内検索すると、ギター以外のいろいろな楽器でもカバーされていました。
それが面白かったので、集めてみました。

*

まずは、JerryCのオリジナルのカノンロックから。


2006/03/10 にアップロード 視聴回数 20,255,067 回 (2017.1.13現在)

次、ラトビアの綺麗なおねえさん・Laura(ローラ)さんによるカバー

すごく丁寧にきれいに弾いていると思います。 メタルではなく普通にロックなところが、KenUとしては他のカバーよりも最高にグッドだと思いました。

2016/07/20 に公開 視聴回数 8,529,592 回 (2017.1.13現在)

ギター教室の発表会の映像かな?
Lauraさんは、他の生徒さんのギター演奏のときはベースを弾いています。
YoutubeにLauraチャンネルもあります。

*

ここから下は、エレキギター以外でのカバーです。

電子バイオリン


2010/06/26 にアップロード 視聴回数 342,648 回 (2017.1.13現在)

ピアノ


2012/07/23 に公開 視聴回数 16,376 回 (2017.1.13現在)

フルート


2013/08/21 に公開 視聴回数 2,300,078 回 (2017.1.13現在)

サックス


2013/08/18 に公開 視聴回数 471,366 回 (2017.1.13現在)

リコーダー


2013/05/13 に公開 視聴回数 709,329 回 (2017.1.13現在)

オカリナ


2008/07/11 にアップロード 視聴回数 39,839 回 (2017.1.13現在)

ウクレレ


2014/05/06 に公開 視聴回数 270,344 回 (2017.1.13現在)

おもちゃのキーボード

途中『猫ふんじゃった』が混ざっています。

2007/05/13 にアップロード 視聴回数 1,045,989 回 (2017.1.13現在)

*

お琴とか、尺八は、カノンロックは見つからず、パッヘルベルのカノンでありました。

身体障害者手帳と映画鑑賞・・・どうして割り引いてくれるの?

さて、今日5・23、私KenUが直腸がんにより永久人工肛門(ストーマ)になって、まる2年が経ちました。

身体障害者手帳(直腸機能障害 4級)を交付してもらい、これまで、いろいろなシーンでの障害者割引サービースを利用させてもらっています。

おかげさまで、今ではちょくちょく映画鑑賞に出かけるようになりました。

一般料金1,800円のところ、障害者手帳提示で1,000円で観られます。
付き添い者も2名まで、一人1000円。

とっても、有難いです。

でも・・・

腑に落ちないというか、しっくりこなかったんです。

今回、永久ストマ造設2th Anniversaryということで、KenUが障害者割引に対して何故しっくりこなかったのか、そして、自分自身が納得するために調べたことを第一部として書き、第二部に余談で、KenUの映画とのかかわりについて書きたいと思います。

*

****** 第一部 ******

目や耳が不自由といった映画鑑賞に支障がある障害でもないのに、割引いてもらえる理由がわからなかったんです。

東京モーターサイクルショーも無料だったし、何故なのかとっても疑問でした。

映画を観に行くのは、ただ単に好きだからであって、健常者と同様に不自由なく鑑賞できるし、べつに割引いてくれなくてもいいのに、と思っていました。

そんな気持ちから、割引を利用することに、ちょっと罪悪感を感じていました。

映画館ではないのですが、妻と出かけたときに、「付き添いじゃなくて、ただ一緒についてきているだけだから、妻の分は通常料金でいいよ。」と言ったことがあります。
だって、妻は単なる同伴者であって、べつに付き添い(介助)してもらってるわけじゃないんだもん(笑。
結局、「いえ、付き添い料金で大丈夫ですから。」と言われたので了解しました。

それ以来、あまり深く考えずに、素直に同伴者割引も利用するようにしています。

以前”ストーマ装具などの価格から自己負担額を計算してみた。”という記事のなかで、「KenUの場合は、補助金だけでは足りず30年で260万円必要」と書いています。
なので、しっくりこないけど、いろいろなところで障害者割引きサービスが利用できると、経済的に助かります。

割引サービスを提供して下さっている事業主様に感謝申し上げます。

*

という訳で、割引してもらえる理由について、まずは、法律で規定しているのかどうか調べました。

障害者関係の法律などがたくさんあるなかで、”身体障害者福祉法”(←参照リンク)の第一条~第三条に割引理由のヒントや興味深い事が書いてあります。

(法の目的)
第一条  この法律は、・・・・・・中略・・・・・・、身体障害者の自立と社会経済活動への参加を促進するため、身体障害者を援助し、及び必要に応じて保護し、もつて身体障害者の福祉の増進を図ることを目的とする。

(自立への努力及び機会の確保)
第二条  すべての身体障害者は、自ら進んでその障害を克服し、その有する能力を活用することにより、社会経済活動に参加することができるように努めなければならない。

2  すべて身体障害者は、社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会を与えられるものとする。

(国、地方公共団体及び国民の責務)
第三条  国及び地方公共団体は、・・・中略・・・、身体障害者の自立と社会経済活動への参加を促進するための援助と必要な保護を総合的に実施するように努めなければならない。

2  国民は、社会連帯の理念に基づき、身体障害者がその障害を克服し、社会経済活動に参加しようとする努力に対し、協力するように努めなければならない。

上記を簡単にまとめると・・・

ワンピースのルフィー風に言うと、

「障害があっても頑張れ!!! みんなで協力・援助するからよ!!! お前は俺たちの仲間だ!!!」

ということですね。(笑

これが、事業者が割引サービスを提供してくれる理由なのかな?

*

それから、“障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律”(←参照リンク)というのもあって・・・

(国民の責務)
第三条 すべての国民は、その障害の有無にかかわらず、障害者等が自立した日常生活又は社会生活を営めるような地域社会の実現に協力するよう努めなければならない。

これも、民間事業者が割引サービスを提供してくれる理由の一つになっているのかな?

第五節 補装具費の支給
第七十六条 市町村は、・・・中略・・・、当該障害者又は障害児の保護者に対し、当該補装具の購入又は修理に要した費用について、補装具費を支給する

ストーマ装具の助成は、法で規定されているんですね。

他には、事業者に割引サービスを設けるように直接的に規定している内容は見つかりませんでした。

*

さらに、「障害者の権利に関する条約」というのもあり、国際的に歩調を合わせる必要があるのかな?

内容については、ここでは省略します。

興味のある方は、外務省のホーメページ(←参照リンク)をご覧ください。

*

それから、専門家の学会での発表を見付けました。

”2015年11月8日 障害学会12回大会 「日本の鉄道・バスにおける障害者割引の現状と課題」(大阪府立大学 人間社会学研究科)”。 報告要旨はこちら→リンク

この発表は、交通機関に限らず、その他の業種における障害者割引に関する理解も助けられると思います。

パワーポイント発表資料スライドから内容をピックアップして要約すると・・・

障害者割引に法律上の定めはなく、事業者の内部規則で行われている。」
割引の強制や行政指導はできず、事業者にお願いするしかない。」

ということで、あくまでも割引は、事業者の考えに基づくサービスとして実施されているということですね。

割引の拡大についての事業者の意見は、

「本来は福祉政策として、国や地方公共団体によって国等の負担でやるべきもの。」
「新たな割引は運賃収入への圧迫になり、割引の拡大は他の利用客への負担にもつながる。」

という考えがある一方、

割引しても、なるべく多くの人に乗ってもらうほうが路線の維持にプラスになる。」

といった、前向きな考えもあります。

映画の場合は、映画離れを防ぐためにも、割引して多くの人に見てもらったほうが収益的にプラスになるのではないかとKenUは思いました。

そして、学会発表のまとめの考察として、

「交通機関の障害者割引は何のためにあるのか」 ⇒ 「理論的な根拠については、あいまいである。」
「もともとは身体障害者に介護者が同行して乗る時に、運賃が余分にかかることを重視し、障害者に低所得者が多いことも考慮して、制度が設けられたとみられる。」

と述べています。

*

上手くまとめられないのですが、いろいろと調べてKenUが導いた結論としては・・・

民間事業者による身体障害者割引サービスの提供は、パイレーツオブカリビアンのジャック・スパロー風に言うと、

「障害者割引は、『掟』というより、どちらかというと『心得』だ。」

ということがわかりました(笑。

そして、事業者の経営努力によって障害者割引サービスが成り立っていることを謙虚に受けとめないといけない、と思いました。

以上のことから、身体障害者だからといって何でもかんでも、やみくもに割引を求めるのは身勝手ですが、現時点で提供されている割引サービスは大いに利用してもよいし、社会経済活動に参加するために積極的に障害者手帳を活用するべきである、ということがわかり、すっきりしました。

これからも遠慮せずに、身体障害者手帳を活用させてもうらおうと思います。

*

****** 第二部 *******

はい、余談です(笑

思い出というか、KenUの映画とのかかわりを振り返ってみます。

(幼稚園・・・たぶん)
KenUが生まれてはじめて映画館で見たのが、おやじに連れていかれた「妖怪大戦争」。
内容はあまりよく覚えていない。

(小学生)
唯一見たのが、これもおやじに連れていかれた「ガメラ対バイラス」。
どこの映画館か覚えていない。

(中学生)
唯一3年生のときに見たのが、同級生と行った「スターウォーズ」。
有楽町の映画館だったと思う。
銀座のソニープラザによく遊びに行ってたから。

(高校生)
お小遣いも増えたし、アルバイトもしたので、洋画、邦画、アニメ、なんでも、たくさん見ました。
一人でよく行ったのが、ニュー蕨映劇。
埼玉県川口市に住んでいたのでチャリンコで行ってました。
この映画館の何が良かったかというと、いついってもガラガラで、そして、安い(笑。
新作封切映画を上映せず、2か月遅れくらいで2本立て600円で上映してたんです。

友達と行くときは、大宮、池袋、新宿が多かったかな。
ジャッキー・チェンが流行り始めた頃。
つまんないB級の邦画も暇があれば結構見てたなぁ。
新宿で、オールナイト上映、旧作邦画5本立て1,000円というのを見て、始発電車で朝帰りなんてのもありましたね。
上野に行くと、日活ロマンポルノを見たり。 高校生なのに(笑
原悦子が人気だった頃で。 原節子じゃないですよ。 せつこじゃなくて、えつこ。
上野は、洋物ポルノが3本立て300円っていうのもありました。 高校生なのに(笑

(大学生)
いろいろと他にすることも増えて、高校のときほど映画に行かなくなって。
何を見たかあまり思い出せない。
「郵便配達は二度ベルを鳴らす」を見たと思うけど、まったく内容を覚えていない(笑
スピルバーグの映画が流行ってたころかな?

(社会人)
ビデオデッキが普及しちゃってたから、独身の頃はビデオばかり見てました。
トップガンはビデオで、数えきれないくらい何度も見たなぁ。
映画館に行ったのは、ほとんどデートのときだけだったかも。

(結婚後)
大阪に住んでいたので、万博公園外周のドライブインシアターに、週末の夜になると行ってました。
ドライブインシアターって知ってます?
夜に車で出かけて行って、野外の大きなスクリーンの前に駐車して、車の中からフロントガラス越しに映画を見るんです。
音声は・・・FMラジオで受信するんだったかな? 音声受信機を借りるんだったかな? 忘れちゃった。
途中、雨が降ってきて、ワイパーを動かしながら見るということもありました。
ちなみに、車は、最初の頃は昭和57年式AE70型トヨタカローラ1.5SRクーペ。
次に初代の日産180SXの新車に買い替えて。妻の貯金で(笑。

そして、身体障害者になった今は、禁酒デーを兼ねて、週末の夜にレイトショーを見に行ってます。

いやぁ~、映画って、本当にいいもんですねっ。
それじゃぁまた、ご一緒に楽しんでまいりましょう。

*

最後にリンクを・・・

僧帽弁閉鎖不全症で心臓弁手術をして障害者になられた方の奥様が、体験をもとに、障害者手帳の利用をまとめたサイトです。

Statice’s Heart ~身体障害者手帳などについての体験記~(←参照リンク)

************** 関連記事 **************

KenUの直腸癌切除術と入院中の備忘録

ストーマ装具などの価格から自己負担額を計算してみた。

1989年当時の初代NISSAN 180SXと妻

人工肛門になったら年金事務所へ障害年金の受給相談に行ってみよう!

一時的ストーマでも身体障害者手帳交付可能。閉鎖後無返還は十万円以下の罰金

***********************************

ラルク国立ライブ オリジナル「L’edバンド」の使い道は?

2014年3月22日(土)「L’Arc-en-Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」に行ってきました。

2014.03.22 国立競技場

2014.03.22 国立競技場

都営地下鉄大江戸線の国立競技場駅に早めに到着していたのですが、娘と二人でスターバックス慶應義塾大学病院店でコーヒータイムしながらおしゃべりしていたら、いつの間にか開演時間間近になってしまってライブグッズは購入できませんでした^^;

それで、お土産代わりの「L’edバンド」についての記事を書こうかなと思ったわけです。
ライブの記事じゃないのかよっ!(笑
ライブの記事はたくさんの方が書いているだろうし、ファンクラブ会報でも詳しく記事が載りますし。

一言・・・ライブはもちろん最高でしたっ!  聖火台にも炎がともされました。
そして、”新国立競技場”(←参照リンク)に生まれ変わります。

*

さて、昨年に行ったaikoのライブ(←過去記事リンク)と同様に今回もまたLEDで光るリストバンド(L’edバンド)が無料で配布されました。
あちら側のプログラムで自由に発光(点灯・点滅・変色)させて観客によってライブ会場の演出をするというものです。

L'Arc-en-Ciel Live 2014 at 国立競技場 LEDリストバンド

L’Arc-en-Ciel Live 2014 at 国立競技場 LEDリストバンド

バンドは腕に巻かずに真っ直ぐに伸ばして手持ちすることも出来るし、ライト部分をスライドさせてバンドの位置をずらすことも出来ます。

aikoのときのザイロバンドは家に持ち帰っても点灯させることが出来ませんでしたが、こちらはスイッチ付で持ち帰ってからでも点灯させることが可能で、さらに点灯色も6色に変化させることができます。

点灯色(上から);消灯、白、青、緑、黄、赤、紫

点灯色(上から);消灯、白、青、緑、黄、赤、紫

点灯色の変え方は、スイッチを入れたり切ったりすると自動的にランダムに切り替わりますから、 好みの色が点灯するまでon offを繰り返せばOKです。

で、使い道は、
暗い夜道を歩く時の事故防止のために使用するとか、
夜ジョギングする時に使用するとか、
特に意味もなくイルミネーションとして使用するとか、
でしょうか?。

まあ、何かには使用できるのではないでしょうか。

Larc-en-Ciel Live 2014 at 国立競技場 銀テープ

Larc-en-Ciel Live 2014 at 国立競技場 銀テープ

*

そうそう、もう一個お土産ありました・・・

先月娘の埼玉県から千葉県への引越しの手伝いの時にIKEAに行き、その時に買ってきたのにお持ち帰り忘れていたものも持ち帰ることができました。

IKEA 南船橋

JR京葉線・武蔵野線 南船橋駅前から見たIKEA

可愛くて安かった(299円)ので衝動買いしたロットルプ(LOTTORP)という時計です。

LOTTORP BL-1343

Design and Quality IKEA of Sweden LOTTORP 802.434.53 Made In China

他に黒色と白色があって、時計以外にも温度計,アラーム,タイマーの機能があって横向きに倒すと表示か変わり、倒した時から数秒間は色違いの明かりが点灯します。

大きさは手のひらサイズ。

LOTTORP caseback

LOTTORP caseback

IKEAの通販では”クロッキス(KLOCKIS)”という名前で販売されているようです。

←Amazonだと送料と販売者利益が上乗せされるので割高になってしまいますね。

IKEA前

IKEA前

*

で、まったく関係のない話になってしまうんだけど・・・

ちなみに、先月お願いした引越し屋さんは、アリさんマークの”引越社”でした。
何社か見積もり取った中で一番安かったので不安でしたが、全然悪くなかったです。
ものすごく親切・丁寧で、ダンボール箱に入れられない家電製品等は専用のクッションで包んでくれたり、詳しくは説明しませんがドライバーさんの対応もとても良かったです。
と、宣伝しておきましょう(笑

アリさんマークの引越社の名刺

アリさんマークの引越社の名刺

不動産屋さんも対応良くしてくれて、ヤマダ電機の店員さんもとても親切な良い人で、いろいろな人に助けられて生きているんだなぁ~と実感させられる引越しでした。

*

以上、ラルクに元気付けられて、明日KenUは手術します。 「手術されます」かな?(笑

*

***** 関連記事 *****
 久しぶりのラルクライブ^^。チケット先行予約当選!2014国立競技場

久しぶりのラルクライブ^^。チケット先行予約当選!2014国立競技場

2014年3月21日(金/祝)、2014年3月22日(土)に東京 国立競技場で行われる「L’Arc-en-Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」のLE-CIEL会員チケット先行予約に当選しました。

ラルクファンクラブ会員選考予約当選

2011年5月28日(土)20周年記念ライブ(20thラニバ)の時は一般発売で購入したのですが、昨年の5月に再度ファンクラブ(LE-CIEL)に入会していてよかったです。

LE-CIEL会員証とKISSバンドスコア表紙
LE-CIEL会員証201305

で、公演場所が ” 国立競技場 ” ということで、やはり不安なのはお天気です。

15thラニバのときはドームだったから心配なかったし、20thラニバのときは台風が接近し雨の中でのライブでしたが屋根のあるメインスタンドの座席指定だったので濡れずに済みましたが、国立競技場は屋根がありません。
3月なのでまだ肌寒いでしょうから、コートの上からでも羽織れる雨具(ポンチョ)を探しておこうかな?と思っています。
そんな心配は不要かな?

それから、今回は関東に住んでいる下の娘と2人で行くのでチケットを2枚購入です。
───────────────────────────────────
[当選内容]
興行名:L’Arc~en~Ciel(抽選)
公演日:2014/03/22(土) 17:00開演
会場名:国立競技場
チケット料金:全席指定(全席指定) 2枚 計20,000円
手数料   :計840円
お支払合計:計20,840円
───────────────────────────────────

ツイッターを見ていると、「1日目と2日目とチケット2枚交換希望」というツイートが沢山あります。
恐らく2人で行くのに1日目のチケットを4枚購入して、そのうち2枚を2日目と交換して2日間ともライブに行くという作戦なのでしょうね。
まあ、先行予約に落選する人のことも考えて、そんなに欲張らずに1日間行ければいいじゃないですか。
たぶんラルクアンシエルは沢山の色々な人にライブ来て欲しいと思っているでしょうし、そんなことしてまで2日間ともライブに来て欲しいとも思っていないでしょうし、その行為はファンとしてどうなのかな?と私KenUは思うのですが^^。

と書いてから、2/2 ホームセンター ダイシンでレインポンチョを880円で見つけたので、早々と購入してしまいました。

Kaji #1240 RAIN PONCHO 素材:PVC100% COLORネイビー SIZEフリー
レインポンチョ雨具
MADE IN CHINA

Amazonのレビューを見てみると評価低いです。 やっぱり中国製・・・
でも、いいんです、どうせ使用するのはライブのときだけで使い捨てにするつもりですから。

恐らくヒートシール部の溶着具合の製造ばらつきが大きくて当たり外れがあるのでしょうね。夏フェスに使用したというレビューがあるので当たりを引けば大丈夫でしょう。

←Amazonで見てみる。

*

その後、

3/10に「◆オリジナル「L’edバンド」と「L’ポンチョ」を来場者全員にプレゼント!」というメールが来たり。

3/12にチケットが届いたり。
L'Arc-en-Ciel2014国立競技場ライブチケット ホログラム入りのチケットです。
アリーナ席、C5ブロックでした(^O^)

***** 関連記事 *****
ラルク国立ライブ オリジナル「L’edバンド」の使い道は?

2014年 午年 年賀状用 伊達政宗画像作った

年賀状を作らねばと思い、お絵描きをすることにしました。

午年だし宮城県だし、馬に乗った伊達政宗画像はどうかな?

ということで、コーレルドローで写真をトレースして描画し、フォトペイントでレンズフレアを入れてみました。

画像をクリックすると、別ウインドウで大きな画像が開きますから、気に入ったらコピーして個人使用に限りお好きなように使っちゃって下さい。 無料です^^。

ただし、著作権は放棄していませんので、二次配布とか商用での使用はご遠慮下さい。

馬 午年 伊達政宗画像

********* 後日追加 ↓ *******

そして、

2014元旦・・・

2014date masamune web年賀状用

このような年賀状になりました。

*