Archive

Archive for the ‘カメラ’ Category

駐車場の心配いらずMT-09で行く大崎バルーンフェスティバル

今日、第31回大崎バルーンフェスティバルの開催3日目に行ってきました。

昨年「駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル」という記事を書きましたが、今年は大丈夫でした。

だって、バイクだもん(笑

*

天気予報では晴れの予想だったのに、現地についてみると、ときどき小雨が・・・。
写真を撮るにはあいにくの曇り空。

外気温は、この時期にしては比較的暖かい6℃。
その点では、路面凍結の不安もなく、防寒対策もばっちりだったので、問題ありませんでした。

*

(6:48) まだ、熱気球の離陸準備が始まったころです。

MT-09とバルーン

(6:50) ハロウィンの熱気球が起き上がりました。

大崎バルーンフェスティバル離陸準備とMT-09

ちなみに、バルーンと愛車ヤマハMT-09が一緒に写っている「バイクのある宮城の風景」写真を撮るには、会場の江合川河川敷の川を挟んだ向こう岸というロケーションしか見付けられませんでした。
バルーンとの距離がありますが、この場所で我慢です。

*

(6:55) すこしの間だけ、雲間から日が差し込みました。

熱気球の写真を撮る人達

(7:07) 会場のある堤防には、たくさんの観客が見えます。

大崎バルーンフェスティバル会場風景

この赤と白と黒色の熱気球は、今回の大会で初めて見ました。

どこから来たチームの何という名称のバルーンかな?
会場まで行ってパンフレットをもらってこなかったので、わかりません。

*

(7:09) この時間になると、ほとんどの気球が飛び立ってしまいシャッターチャンスがなくなるので、こちら側の観客は帰りはじめてだいぶ減りました。

バルーンフェスティバルに見入る二人

(7:15) 数分前まで正面に見えていたバルーンが頭上に。

熱気球バーナー点火

何故だか今回は、このチームのバーナー噴射とKenUのシャッターを押すタイミングが何度も合ったんだよなぁ~。
しかも、このチームの炎しか撮れていないんだけど(笑

*

以上、大型自動二輪免許取得後2年目に突入したKenUによる大崎バルーンフェスティバルレポートでした。

これからも、バイクでいろいろな宮城県を紹介できるといいな。

************** 関連記事 **************

大自二輪免許取得1年後MT-09のある宮城の風景まとめ

駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル

デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。

最近、写真のブログになってきてるし^^;

***********************************

宮城県のツーリングスポットと言えば、ここに行かずして・・・

東日本大震災から5年6か月になります。

宮城県の有名どころの観光地といえば、やっぱり「松島」。

KenUは、あれ以来、精神的に沿岸に近づく気になれなくて、ずーっと遠のいていましたが、思い切ってヒトツーしてきました。

*

今日は、暑くもなく寒くもなく、ツーリングには最高のお天気でした。

そして「バイクのある風景」写真は、新しい試みとして、Nikon D5300のカラーセレクトエフェクトモードでも撮影してみました。

%e6%9d%be%e5%b3%b6_%e5%9b%bd%e9%81%93%e6%b2%bf%e3%81%84%e5%be%85%e9%81%bf%e6%89%80mt-09

うん、やっぱり松島。
たくさんの観光客。
バイクもいっぱい。
サイクリングする人。
海には遊覧船。

%e6%9d%be%e5%b3%b6_%e5%9b%bd%e9%81%93%e6%b2%bf%e3%81%84%e5%be%85%e9%81%bf%e6%89%80

*

そして、松島までツーリングしたのなら、おやくそく・・・。

仙山線の鹿妻駅まで走って、航空自衛隊松島基地から東松島市へ寄贈されたブルーインパルス(T-2)と愛車MT-09の撮影。

%e9%b9%bf%e5%a6%bb%e9%a7%85%e5%89%8dt-2%e9%ab%98%e7%ad%89%e7%b7%b4%e7%bf%92%e6%a9%9f_%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%ab%e3%82%b9%e4%bb%95%e6%a7%98%e3%81%a8mt-09

バイクにまたがって左手拳を上げた自撮りができれば、”トップ・ガン”っぽかったのにな(笑

これ、無人駅の真正面に飾ってあるんです。
トイレもベンチあるので、KenUのようなストーマ持ちライダーにはグッドな立ち寄り休憩場所になります。

t-2%e9%ab%98%e7%ad%89%e7%b7%b4%e7%bf%92%e6%a9%9f_%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%ab%e3%82%b9%e4%bb%95%e6%a7%98%e3%81%a8mt-09

*

さらに、どうしようか迷ったけど、奥松島、懐かしの野蒜(のびる)にも行ってみました。

巨大津波で変わり果てた・・・
あまりの風景の激変ぶりに驚愕。
バイクで走りながら泣きそうになってしまいました。

もう、”海とカップヌードル”(←2009年記事、参照リンク)もできなくなってしまったのですね。

*

元野蒜海岸から南に少し行ったところの船着き場です。

%e5%a5%a5%e6%9d%be%e5%b3%b6_%e9%87%8e%e8%92%9c%e8%88%b9%e7%9d%80%e3%81%8d%e5%a0%b4mt-09

mt-09%e9%87%8e%e8%92%9c%e8%88%b9%e7%9d%80%e3%81%8d%e5%a0%b4%e3%81%ab%e3%81%a6

ここでは、釣り人の他、スタンドアップパドルボード(Stand Up Paddleboard:SUP)やジェットスキーを楽しんでいる人達もいました。

今回の写真撮影地3箇所の地図(Google mapより)はこちら↓

松島ツーリング撮影場所の地図

*

ということで、7年ぶりに磯の香を嗅いだツーリングは気持ち良かったです。

松島では、毎年恒例の全日本写真連盟主催”松島モデル大撮影会”というのがありますが、個人的には、女性ライダーのいる風景を撮影してみたいかなぁ~。
KenUに写真を撮られたい女性ライダーがいらっしゃいましたら、モデルのご応募おまちしておりますっ!!

なお、その他に行った場所は、このブログのツーリングカテゴリーにあります(←参照リンク)

*

余談ですが・・・
先週は稲穂撮影地を探しに小牛田方面をうろうろしたのですが、良いところが見つかりませんでした。
そのうち、別の方面に探しに行きたいと思います。

%e5%b0%8f%e7%89%9b%e7%94%b0%e6%96%b9%e9%9d%a2%e7%a8%b2%e7%a9%82%e3%83%ad%e3%82%b1%e6%8e%a2%e3%81%97

*

[2016/09/16追加]
懐かしの野蒜海岸の写真を見付けたのでアップします。

2007年秋(9月)、サーファーと野蒜海岸
%e9%9c%87%e7%81%bd%e5%89%8d%e9%87%8e%e8%92%9c%e6%b5%b7%e5%b2%b82007%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e3%81%ae%e9%a2%a8%e6%99%af

2009年夏(8月)、海水浴客でにぎわう野蒜海岸
%e9%9c%87%e7%81%bd%e5%89%8d%e9%87%8e%e8%92%9c%e6%b5%b7%e5%b2%b82009%e5%b9%b4%e5%a4%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e6%99%af

***** KenUのバイクのプロフィールと装備など *****

いきなり大型バイク購入。納車されました。

YAMAHAタンクバッグ シティーとNikon D5300と化女沼ツーリング

YAMAHA MT-09に少しだけ荷物を積めるようにしてみた。

超簡単!アライのフルフェイスヘルメットにイヤホンのスピーカーを仕込む方法

ストーマでも、いきなり大型自動二輪免許とりました。

大自二輪免許取得1年後MT-09のある宮城の風景まとめ

冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!

***********************************

カテゴリー:カメラ, ツーリング, バイク

屋内撮影はバウンスフラッシュで。NikonスピードライトSB-700購入!

さて、以前、「結婚披露宴の美味しい料理も控えめに食せば大丈夫」という記事で、バウンスフラッシュで撮影しているプロのカメラマンを見て、KenUもそのテクニックを勉強したいということを書きました。

そして、やっとニコンのスピードライトSB-700を購入しました。

Nikon スピードライト SB-700

Amazonで36,673円。

一眼レフでブログ用の屋内撮影をするときには、とてもよさそうです。

*

まず先に、Q&Aから・・・

Q.バウンスフラッシュって何?
A.簡単にいうと、被写体(撮りたい物)に向けてフラッシュするのではなくて、天井や壁に向かってフラッシュして、その反射光で被写体を照らして撮影するテクニックです。

Q.カメラ内蔵のフラッシュと何が違うの?
A.直接被写体に向けて発光するカメラ内蔵のフラッシュでは、被写体が青白っぽく、平面的な画像に映ったりします。
被写体に直接照射しない反射光で撮影すると、自然でやわらかな立体感のある写真が撮れます。

Q.フラッシュを使わないと?
A.一般の屋内は比較的暗くて、カメラのシャッタースピードを早くできないので、手ぶれ補正のないレンズでは、撮像がぶれてしまいます。

Q.手ぶれしないように、三脚を使えばいいのでは?
A.セッティングがめんどくさい。 機動性に欠けます。

そんな説明でよいでしょうか?

*

では、実例を・・・

カメラは、Nikon D5300。
レンズは、Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G(手ぶれ補正機能なし)。
撮影条件は、プログラムオート・ 感度ISO100・ マルチパターン測光・露出補正なし(±0)・ オートフォーカスあり、で統一しました。

まずは、ノーフラッシュで三脚を使って、自宅でコーヒーを飲み終わったマグカップを撮ると、こんな感じ↓。

フラッシュなし撮影 (プログラムオート、ISO100、露出補正なし、マルチパターン測光)

この条件でのシャッタースピードは1/20秒だったので、三脚を使わずに手持ちで撮影したら、手ぶれの激しい写真になっていたはずです。

*

つぎに、バウンスフラッシュ角度を少しずつ変えて撮影した画像をまとめてみました。

角度違いのバウンスフラッシュによる撮影例

それぞれの写真の、バウンスフラッシュ角度は次の通りです。
写真左上:上向き90°
写真右上:上向き60°
写真左下:上向き60°、左向き60°
写真右下:上向き60°、右向き60°

角度の違いによって、表情の違う写真になりました。

Nikon D5300とSB-700

Nikon D5300とSB-700

今回は、ほとんど何も考えずに、適当にオートのまま撮ってみただけなので、これからいろいろな使い方を試してみたいと思います。

*

ちなみに、D5300はコマンダーモードを備えていないので、nikonのホームページにあるような、リモートフラッシュ撮影は楽しめないとのこと。
リモートフラッシュを使って”「まめ知識」(←参照リンク)に書いてあります。

凝った撮影がしたかったら、バウンサー、レフ板、トレーシングペーパーなどで、工夫してライティング調節すればよいと思います。

*

余談ですが・・・
昔、3DCG(3次元コンピュータグラフィック)作品を作っていたことがあります。
そのときに、一番苦労したのが、やはりライティング。
環境光、スポットライト、分散光、ライティングの位置・点数、照射光比率など、調整幅は無限大ですから。
光は命。光を制する者は映像作品を制すと言っても過言ではないでしょう。
モデリングの良し悪しよりも、ライティングの良し悪しで、作品のイメージが大きく変るんです。
非力なマシンで、一晩かけてレイトレーシングでレンダリングして、気に入らなければやりなおし。
これを何日も繰り返したこともありました。
その点、カメラは撮り直しがすぐにできて楽でいいですよね。

Nikon スピードライト SB-700
←Amazonで見てみる。

*

[2016/0715 追加]
スピードライトのおかげで、屋内の手持ちのクローズアップでも、手軽にぶれない撮影ができました。

その写真をアップロードします。

にんじんの再発芽 写真1

にんじんの再発芽 写真2

にんじんの再発芽 写真3

************** 関連記事 **************

結婚披露宴の美味しい料理も控えめに食せば大丈夫

***********************************

カテゴリー:アイテム, カメラ

結婚披露宴の美味しい料理も控えめに食せば大丈夫

2016年4月9日(土曜日)に、
愛機のデジタル一眼レフ NIKON D5300とラスカルを引っさげて、
ちょい撮り用にSONYサイバーショットDSC-TX20もポケットに忍ばせて、
金沢まで行ってきました。

北陸新幹線はくたか

金沢駅

目的は、結婚式&披露宴に出席のためです。

とてもラッキーなことに、写真撮影にはプロのカメラマンがいたので、ど素人のKenUの出番はありませんでした。

失敗全然OK、ノープレッシャーです(笑

ということで、プロの邪魔をしないように、控えめに、こそこそと写真撮りを楽しませてもらいました。

つまり、ベタなウエディングっぽい写真撮りはlほどほどにして、普段からブログ用に撮っているような自分らしい撮り方をさせてもらいました(笑

*

新郎新婦とゲスト達、全体の雰囲気など、プロは綺麗に撮ります。
そして、その写真が新婚カップルの良い想い出になるわけです。

一方、新郎新婦は、披露宴の細かいところまで観察している余裕もないし、料理もきちんと食べる余裕もない、というのは周知だと思います。
意外に記憶も曖昧で、正確に覚えていないものです。

なので、そこを埋めてあげようかと思い、プロカメラマンとは違った視点で写真を撮影してみました。
その一部をここにアップします。

それと合わせて、ストーマ(人工肛門)関係のネタも交えます(笑

*

まず、会場の雰囲気撮りを色々と・・・。

ドリンク

そして、式でもクローズアップを・・・。

リング交換

料理の数々も写真に撮影・・・。
さすがに、これはプロのカメラマンは撮らないでしょ?
高級で、とても美味しかったです。

オマール海老とサーモンのタルタル

でも、完食はしません。
やっぱりストーマは、旅先では下痢と短時間に大量に排便することが怖い。
そうなったら面倒だから。

でも、控えめに食べたので大丈夫でした。

その晩のホテルでは、まあ、とくに大きな問題はなかったです。
以前の温泉旅行や銀座宿泊のときのように、夜中の下痢便大量排出というようなことはなし(笑
翌日移動の新幹線でも問題なし。
北陸新幹線から東北新幹線に乗り換えるとき、大宮駅のトイレで硬めの便を少々排出しただけ。

上写真のお料理ですが・・・
とりあえず、生ものには要注意。
野菜は完食して、サーモンには全く手を付けずに下げてもらいました。

トリュフのスープ

トリュフ、フォワグラのスープ。
これは、完食。

旬の魚のソテー

食べ過ぎると、短時間の大量排便の危険があるので、これは1/3だけにしました。

それから、アルコールの飲み過ぎにも注意です。

ご両家のご両親からビールを注がれました。
炭酸飲料はやめてるけど、失礼にならないように口をつけるだけはつけました。

うっ、美味い。
あ~ビール思いっきり飲みた~い。
でも、グラスワイン2杯で我慢我慢。

牛ほほ肉の赤ワインソース

国産牛のほほ肉。
これは、脂身が少ないので大丈夫です。
完食。

KenUは豚はだめなことが多いけど、牛は結構大丈夫なんです。

ウエディングケーキ

これはウエディングケーキ。
経験上、生クリームとかケーキは危険なので、半分だけに抑えました。

こんなに美味しい料理を沢山残して、きっと給仕さんからは不可解に思われたかもしれませんね。

*

撮った写真は、フジフィルムのフォトブック ハードカバー(←参照リンク)に整理して新婚さんにプレゼントします。

結婚アルバムなのに、きっと風変りって思われるでしょうね(笑

PhotoBook10-11ページ

PhotoBook12-13ページ

基本的にKenUはカメラのストロボは使用しません。
でも、プロカメラマンを見ていて知ったことは、バウンスフラッシュを使うということ。
そのうち、スピードライトを買って、勉強したいと思います。

*

ついでに、その晩のホテルのことを書くと・・・

「ストーマで困るのは温泉と浴衣と旅館のトイレ」という記事のコメントで、ねこさんに教えてもらったコーリンベルトを使いました。

コーリンベルト

右側の衿は下写真のように留めます。

コーリンベルト浴衣留め上

ホテルの浴衣は、脇の下が開いていなかったので、コーリンベルトを中に通すことができませんでした。

ということで、左側の内側の衿は、外側の生地といっしょに挟んで留めました。

コーリンベルト浴衣留め下

おっ!これはとてもいい感じです。
帯締め不要で、浴衣がはだけることはありません。
部屋の外に出ないのであればこのままでOK。

でもまあ、とりあえず、写真撮影のために、ストーマを圧迫しないように帯を緩く結んでみました。

コーリンベルト浴衣留め

コーリンベルト DXデラックスベルト(Lサイズ) きものベルト全8色
←Amazonで見てみる。

*

お土産はこれ↓

金沢土産食用金箔

食用金箔原材料表示

タクシーの運転手さん曰く、いま金沢で一番元気がいい産業が金箔だそうです。

************** 関連記事 **************

ストーマで困るのは温泉と浴衣と旅館のトイレ

銀座クレストンに宿泊したら夕食はフォルツァ!でイタリアン

デジカメをSONYサイバーショットDSC-TX20に買い替えた。

屋内撮影はバウンスフラッシュで。NikonスピードライトSB-700購入!

***********************************

カテゴリー:カメラ, グルメ, ストーマ

駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル

さて、昨年2014年11月に「デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。」という記事を書き、その後購入したNikon D5300を持って、今年も行ってきました。

2015年(平成27年) 第30回大崎バルーンフェスティバルの2日目です。

2008年のとき(←過去記事参照リンク)は6時30分、昨年2014年(←過去記事参照リンク)は6時少し前に到着し、いずれも余裕で駐車場は空いていたのと、あまり早く着いても7時くらいまではバルーンも飛び立たないしで、今回は少しゆっくり目に家を出発したのが大失敗!
6:30頃に到着したのに、まさかの駐車場が満車でした(笑

昨年のブログで書いたように、撮影ポイントは新岩出山大橋から狙いたかったのになぁ。
残念!

でも、なんだかんだ適当に停車できる場所を見付けて、遠くから無理やり写真は撮影してきましたよ。
てなわけで、イメージしていたようには撮れなかったわけですが、せっかくなのでアップします。

*

岩出山田園上空を飛び立つ熱気球

岩出山の田園上空を飛び立つ熱気球

巻雲(すじ雲)と熱気球

巻雲(すじ雲)と熱気球

雲のサーフィンを楽しむ熱気球

雲のサーフィンを楽しむ熱気球

新岩出山大橋と熱気球

新岩出山大橋と熱気球

明かりをつけましょぼんぼりに

明かりをつけましょぼんぼりに

いやぁ~、やっぱり距離的に遠かったです。
太陽の向き的には良かったんだけど。

カテゴリー:カメラ, 写真

YAMAHAタンクバッグ シティーとNikon D5300と化女沼ツーリング

バイク購入時に在庫切れになっていたYAMAHA(ヤマハ)純正のタンクバッグ シティーが入荷し、今日バイク屋さんで取り付けてもらいました。
Tank Bag City Yamaha Motor Europe (←参照リンク)。

YAMAHA MT-09とタンクバッグ シティー

YAMAHA MT-09とタンクバッグ シティー

タンクバッグは、バイク側のマウントリングとジョイントさせるための部品を取り付ける穴を電動ドリルで開けて、ネジ止めする必要があるので、自分では取り付けできません。
インターネットからの購入を考えている人は、注意したほうが良いと思います。

バッグは、部品取り付け部の内側が上げ底になっています。
その他、持ち手が付いていて、ショルダーベルトとレインカバーも付属しています。
着脱は簡単で、見た目もスマートでダサくなくて気に入りました。

ちなみに、バイク関連記事はレスポンスも薄いし面倒だったので、今回は詳細アングルの写真は撮りませんでした。
要望があればアップします、ということで。

*

タンクバッグが付いたので、早速ウキウキ気分で短距離ツーリングに行ってきました(笑。

行先は、地元宮城県のラムサール条約登録湿地の一つである化女沼。

今日は、いつもラスカルに入れて持ち歩いているストーマ処理用品、身体障害者手帳、財布等をタンクバッグに入れ替えて、ラスカルはお留守番です。
それから、デジタル一眼レフカメラとiPhoneを収納。
KenUがタンクバッグを購入した主な理由は、これらのためです。

そして、タンクバッグが入荷したら2つテストしたいことを前もって考えていました。

*

一つ目は、iPhone 4Sをタンクバッグにセッティングしてカーナビ代わりとして使用すること。

YAMAHA MT-09タンクバッグとiPhone4S

YAMAHA MT-09タンクバッグとiPhone4S

はい、後付けのUSBソケットから直電源をとります。
そして、タンクバッグの透明カバーの上からでも指でiPhoneを操作できました。

*

二つ目は、Nikon D5300のGPS機能の性能確認。
化女沼は外周を走ることができます。信号機はなく制限速度は40Km。
所々に駐車できるポイントがあり、カメラの設定で「位置情報を記録する」にして写真を撮ってきました。

YAMAHA MT-09タンクバッグとNikon D5300

YAMAHA MT-09タンクバッグとNikon D5300

*

化女沼ポイント①

化女沼ポイント①

化女沼 園路

化女沼 園路

お散歩コースかな?

化女沼ポイント②

化女沼ポイント②

化女沼ポイント③

化女沼ポイント③

大崎市化女沼ダム観光資料館の駐車場からです。

化女沼ポイント④

化女沼ポイント④

化女沼ポイント⑤

化女沼ポイント⑤

ポイント⑤階段

ポイント⑤階段

沼方面に降りていく階段があります。

鳥獣保護区特別保護地区 環境省杭

ポイント⑤ 鳥獣保護区特別保護地区 環境省の杭

Dont release Black bass

ポイント⑤ ブラックバスリリース禁止看板

ブラックバスを放流してはいけないのですね。

化女沼ポイント⑥

化女沼ポイント⑥

ここの道路を挟んで反対側には高速道路がはしっています。

東北自動車道 長者原サービスエリア ETC出口標識

東北自動車道 長者原サービスエリア ETC出口標識

*

これら化女沼の各ポイント写真の位置情報をGoogleマップで表示すると・・・

化女沼写真のGPSデータからGoogleマップでの位置情報表示

化女沼写真のGPSデータからGoogleマップでの位置情報表示

これはとっても便利です。
でも、位置情報が記録されていない写真が数枚あったので、同じ地点で何枚か撮影したほうが良いでしょう。

ちなみにGoogleマップは間違えがあって、大崎市化女沼ダム観光資料館と記載されているところは「化女沼古代里」で、資料館は③のところです。

*

それから、位置情報の正確性はどうでしょう?

GPSずれ(Googleマップポイント表示と実際の場所(黄色丸印))

GPSずれ(Googleマップポイント表示と実際の場所(黄色丸印))

Googleマップの航空写真を表示して、実際の撮影地点を黄色い丸印で示しました。
道路のセンターラインの白線が5m間隔なので、位置情報のポイント(赤印)とのずれは15m以内であることがわかります。

*

以上、今日の目的は達成しました。

余談ですが、タンクバッグのもう一つの思いもしなかった効果を見付けました。
それは・・・バイクの運転中に前傾姿勢になれば、風よけになります。
ほんと、購入してよかった。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 18-140VR レンズキット ブラック D5300LK18-140VRBK
←Amazonで見てみる

YAMAHA(ヤマハ) タンクバック シティ YME Q5K-YSK-081-P04
←Amazonで見てみる

************** 関連記事 **************

人工肛門ストーマパウチからのトイレでの便の出し方

いきなり大型バイク購入。納車されました。

スマートフォン用バイクマウントホルダーの予防的落下防止対策

桜が咲き終わった後でも、薬莱山は宮城県の良いバイクツーリングエリアかも?

大自二輪免許取得1年後MT-09のある宮城の風景まとめ

***********************************

人間の眼の遠近感に近いレンズは焦点距離100mm

さて、昨年11月に”デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。”という記事を書きましたが、やっと購入しました^^

Nikon D5300 18mm-140mmズームレンズ 40mmマイクロ単焦点レンズ

Nikon D5300 18mm-140mmズームレンズ 40mmマイクロ単焦点レンズ

タイトルの本題は最後のほうに書きますので、まずは前置きをグダグダと書かせてください。

*

はじめは、ニコンの新機種D7200を買おうと思っていたんです。

それで、とりあえずヤマダ電機に実物を見に行ったわけですが、D5300のボディーのコンパクトさに惹かれ、また、新製品D5500が発売になり型落ちになって価格が安くなっていたのと、いちばん使い勝手がよいと思われるAF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VRズームレンズキットがメーカーラインナップからなくなって店舗在庫だけになるとのことで、その場で即購入しちゃいました。

それから、KenUのブログの写真は接写ものが多いので、単焦点マクロレンズ(AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G)と、レンズ保護用にNikon NC(ニュートラルカラー)フィルターも同時に購入。

望遠レンズはまたの機会にということで・・・

余談ですが、KenUは3.11の震災以降、ネットよりも多少価格が高くても、震災のときに頑張って店を開けてくれた自宅周辺地域の店舗には恩返ししたいと思うわけで、そういった理由もあってヤマダ電気で購入しました。

さらに余談ですが、Canonデジイチを使っている下の娘からは、「なんでNikon? プンプン! レンズ交換できないじゃん。」というLINEが・・・(笑

*

はい、それではマクロレンズでためし撮り。

KenU's Breakfast (感度ISO100, 絞りf/3, 露出時間1/20sec, 露出補正+0.3)

KenU’s Breakfast (感度ISO100, 絞りf/3, 露出時間1/20sec, 露出補正+0.3)

KenUの朝食です。
料理は、アップで撮れば何でも美味しそうに見えるという典型ですね。

はい、お庭のあじさいです。

KenU's Garden hydrangea( 感度ISO100, 絞りf/7.1, 露出時間1/200sec, 露出補正+0.3)

KenU’s Garden hydrangea( 感度ISO100, 絞りf/7.1, 露出時間1/200sec, 露出補正+0.3)

それから、少し遊んでみました。

ロットルプとラーメンマン

ロットルプとラーメンマン

スペシャルエフェクトモードのセレクトカラーで残したい色を抽出して撮影。
某ビールのCMのようです。
この画像はカメラのWi-Fi機能を使って、iPhoneのカメラロールに送信してみました。
PCなしで写真をすぐにLINEやTwitterにアップできるので便利だと思いました。

*

さて、前置きは以上で、いよいよ本題です。

ニコンのホームページを見ると、

”ニコンのデジタル一眼レフカメラには、FXフォーマットとDXフォーマットの2種類があります。”
”フォーマットの違いでカメラの写し込む画像の範囲が異なります。”
”DXフォーマットの実撮影画角は、レンズに表記されている焦点距離の約1.5倍の焦点距離を持つFXフォーマットでの実撮影画角に相当します。”

と書いてあります。

購入したD5300はDXフォーマット(APS-Cサイズと同じ)カメラなので、35mmフィルムカメラ換算にすると、18-140mmレンズでは焦点距離22mm~210mm相当、40mmレンズでは焦点距離60mm相当の写真になるそうです。

まあ、それはいいのですが、じゃあ遠近感は?
たぶん、フルサイズの画面が切り取られるだけで、遠近感には影響はないのだろうなと思いました。

*

昔、Canon AE-1というフィルムカメラを買って勉強したときの知識として、”焦点距離80mmのレンズが人間の眼に近い遠近感だからポートレートに向いている。”というもの。
今日このブログを書くまで、そのまま鵜呑みにしていました。

また、あらためてネットで検索してみると”80mm~90mmが人の目の遠近感に近い”と書いているサイトがありました。
その一方で、”50mmを標準レンズと呼ぶのは画角が人の目に近いから”とか、”50mmを標準レンズと呼ぶのは遠近感が人の目に近いから”と書いているサイトもありました。

意見がばらばらです。

*

では、KenUの実験です。

まず、”人の目に近い遠近感”とはどういうことか?
はい、定義は単純です。
レンズを通して見た近くのものと遠くのものの大きさの比率が、肉眼で見たときの比率と同じということです。

まず、片目でカメラのファインダーを覗いて、もう片方の目で被写体を見ながらズームレンズを回して、ファインダー像と裸眼の像とが同じ大きさに見えるように調節します。

そうすると、距離およそ1.2mの被写体では、55mmズームのときに同じ大きさになりました。
そのズームのまま距離およそ12m先の被写体をファインダー像と裸眼の像とを見比べてみると、ファインダー像のほうが小さく見えました。
距離およそ12mの被写体では、65mmズームのときにファインダー像と裸眼の像が同じ大きさになり、1.2mの被写体はファインダー像のほうが大きくなりました。
つまり、焦点距離55mm~65mmのレンズの遠近感は、人間の眼に近くないということです。

でも、見た目の倍率が肉眼に近いので、そういった意味で焦点距離50mm前後のレンズが”標準レンズ”と呼ばれているのかもしれませんね。

*

じゃあ、人間の眼と同じ遠近感が得られるレンズはどれか?

肉眼との比較の結果、ズームリングを70mmと140mmとの中間の位置にあわせたとき、すなわち

”焦点距離100mmズームの遠近感が一番KenUの眼に近いっ!”

という結論になりました。

ズームリング回転位置と焦点距離

ズームリング回転位置と焦点距離

*

最後に・・・

DXフォーマットのマクロレンズには、85mm f/3.5G ED VRというのがありますが、今思うと40mmとどっちがよかったのかなぁ~?

*

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 18-140VR レンズキット ブラック D5300LK18-140VRBK
←Amazonで見てみる

Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR ニコンDXフォーマット専用 φ67mm
←Amazonで見てみる

Nikon ニュートラルカラーNC 67mm
←Amazonで見てみる

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用 φ52mm
 ←Amazonで見てみる

Nikon ニュートラルカラーNC 52mm
←Amazonで見てみる

*

[10/12 追加]
KenUは、現在片目の視力が0.3くらいで、カメラの視度調整ダイヤルを目いっぱいマイナス側にしてもピントが合わないので、接眼補助レンズDK-20C(-5.0)を購入して装着しています。
カメラ側の視度調整ダイヤルを一番プラス側にしてから5~6段階マイナス側に戻すと丁度よい具合です。

Nikon DK-20C 接眼補助レンズ

Nikon DK-20C 接眼補助レンズ

このとき付属の接眼目当てDK-25は装着できないので、取り外すことになります。
DK-20Cの上から装着できる接眼目当てはないとのことです。

一応ネットで検索してみると、DK-20接眼目当てが装着できるとの情報を見つけたので、騙されたと思って購入してみました。
見事に騙されました(笑
全くハマリマセン。

ノギスで測ってみると、DK-20Cの溝は幅1.35mm、DK-20の嵌合部の厚みは幅1.55mm。
嵌る訳がありません。
DK-20は、形状を測定するのに破壊して、ごみ箱行きになりました。
まあ、貯まっていた楽天ポイントで無料で買ったからいいんだけどね。

*

[11/18追加]
大型自動二輪の免許を取得してバイクを買ったので、D5300と単焦点マクロレンズ(AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G)で動画を撮影してみました。
別の記事に貼り付けていますが、参考までにこんな感じということで、こちらの記事にも貼っておきます。

*

*

[11/21追加]
D5300のGPS機能の精度に関する記事を書きました。

関連記事の、「YAMAHA・・・」参照ください。

************** 関連記事 **************

結婚披露宴の美味しい料理も控えめに食せば大丈夫

駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル

デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。

YAMAHAタンクバッグ シティーとNikon D5300と化女沼ツーリング

屋内撮影はバウンスフラッシュで。NikonスピードライトSB-700購入!

***********************************

カテゴリー:アイテム, カメラ, 趣味, 写真