アーカイブ

Archive for the ‘デザイン’ Category

戦闘機の日本語が素敵だった松島基地航空祭2017

さて、昨年2016の夏、鹿妻駅前の航空自衛隊機ブルーインパルス(T-2型 訓練機)のオブジェとKenUの愛車 YAMAHA MT-09と一緒に写真を撮影しました。

それで今年は、この目で直接ブルーインパルスの飛行シーンを見たいと思ったので、先日8/27に航空自衛隊 松島基地で行われた航空祭2017へ足を運びました。

ちなみに、松島基地は、東日本大震災後に放映された、新垣結衣、綾野剛 主演のTBS TVドラマ「空飛ぶ広報室」(←参照リンク)の舞台にもなっています。

ということで、会場はどんな様子だったのか? フォトレポートでお届けします。

なお、KenUは、戦闘機マニアでもなく、軍事オタクでもないので、その筋の説明はできません。

*

まずは、先に本題から。

航空祭とは別に、基地内に常設展示されている機体がいくつかあります。

そのうちのブルーインパルスカラーにペイントされていないT-2型 超音速高等練習機に着目。

この機体がかっこいいとかいう話ではなく、機体のあちらこちらにペイントされた日本語がいいんです。
機体とよくマッチしていて、なんか素敵でした。

KenUは、戦闘機の機体フォルムよりも、こういうところに目が行ってしまいます。

これ何て言うんですか?
軍事フォント? ミリタリーフォント?
英語のはありそうだけど、日本語のはあるのかなぁ?
探してみたいと思います。

*

それから、個人的に嬉しかったのが、航空祭用に展示されていたF-4ファントム。

だって、KenUの痔の手術をしてくれて、しかも直腸がんを肉眼で見つけてくれたクリニックで、通院の都度、待合室に置いてあるコミック『ファントム無頼』を読んでいたから(笑

この機体にも、日本語がたくさんペイントされています。

このフォントもいいよね。

 

本題は以上で、あとは航空祭の様子になります。

翌年以降に航空祭に行ってみたいと考えている方にはネタバレになるので、以下閲覧にはご注意ください。

*

7時20分ごろ、いくつかある入場口のうち、ゲート7からの入場待ち。
既に長蛇の列が・・・
ここには、要予約マイカー来場者用駐車場からのシャトルバス利用者が集まります。

でも、この待ちは、意外に飽きなかったんです。
というのは、F-2がソニックブームの爆音を立てながらオープニング飛行前のテスト飛行を繰り返していたので。

このときの飛行音は、本番では味わえない迫力がありました。

*

8時10分過ぎ、基地への入場が始まると、その前に手荷物検査が行われます。

縦横高さの合計が1mを超えるもの(広げた状態含め)は、持ち込み制限がありますという事前案内がありましたが、1mを超える折りたたみチェアーでもパスしていましたね。

入場までのもろもろに対して色々と文句を言っている人も多々見受けられましたが、KenUはそんな人達に対して、内心は「テーマパークと勘違いするなよ」と思いました。
だって、機密情報いっぱいの軍事施設を無料で公開してもらう訳なんだから、基地に入れるだけ感謝しないといけないと思います。

*

入場前の格納庫裏側の駐機場、基地内に入場したら見られないシーン。

オープニング飛行前、エンジン始動しスタンバってるF-2、エンジン熱で空気が揺らいでいます。

後部席パイロットが、こちらを見て手を振ってくれています。

*

ゲート7からの入場後、そこから一番近かった格納庫内での航空機展示です。

F-2のコックピットを一目見ようという人の列。
でも、コックピットは機密事項のため写真撮影禁止です。

その他に今回は、宮城県で現在話題の石巻市の梱包会社がダンボールで作ったランボルギーニ、通称ダンボルギーニも特別展示。

*

屋外では、ブルーインパルスの曲芸飛行の前に、ブルーインパルスJrによる編隊飛行の演技。
一部分を3分の動画にまとめてみました。
走ってるように見えますが、これは超低空飛行で飛んでいます。

ナレーションのお姉さんがとってもいいです。上から目線ですみませんっ!

*

その後には、ブルーインパルスの曲芸飛行から始まって、お昼までその他航空機による飛行展示が続きます。

ばっちり決まったフォーシップインバートから散開するブルーインパルス。

観客も興奮!

でたぁ~。お約束のバーティカルキューピッド!!

UH-60Jによる救難展示飛行。

ブルーインパルスT-4とUH-60J

などなど、ほんの一部分だけ紹介させてもらいました。

*

野外売店が並ぶ通路には・・・たくさんの人。

大晦日のアメ横、正月の浅草寺仲見世なみです。

*

快晴で気温も高く、日差しを避けようと、格納庫にたくさんの人が格納されていました(笑

*

地対空誘導ミサイルの展示も。

*

以上、宮城県PRでした。

いやいや、そうじゃなくて・・・

この記事を書きながら、実はKenUは感慨深くなりました。

というのは、航空祭に来てみて、自衛官のみなさんは航空祭で曲芸飛行や様々の演技を見せるために練習している訳ではなくて、日本国民を守るために、厳しい訓練を重ね、技術を磨き、その結果として習得した高い技術があって、このようなパフォーマンスが可能なんだなぁ、ということが良く伝わったからです。

そして、これほど訓練に励んでいるのだから国を守る自信があるし、国民のみなさんに安心して暮らして貰いたいという、自衛隊のアピールなんだと思います。
基地内で見かけた自衛官のみなさんは、本当に規律正しく・礼儀正しく、誇りに思いましたし、数々の素晴らしい展示を観させていただき、有難うございました。

航空自衛隊松島基地の皆様に改めて感謝申し上げます。

余談ですが、F-4ファントムと一緒にMT-09の写真を撮りたいなぁ~(笑

広告
カテゴリー:デザイン, 写真, 未分類

やっと4sをiPhone7に。カスタマイズはこれで決まり!!

iPhone4sを5年8か月も使いました。
内蔵バッテリー交換もせずに。
家族全員とっくにiPhone6に機種変更しているというのに。

だって、KenUは、4sのデザインが一番好きだから。
しかも、障害者割引でホワイトプランが無料、ネット使用料とデータ通信定額料だけで、月額使用料はたったの4,500円。
買い換える理由がなかったんです。

でも、さすがにバッテリーが半日しか持たなくなったし、遅い処理速度にストレスを感じるようになったし、替え時か?と思い・・・
ついにiPhone7(128GB、ジェットブラック)に機種変更する決心をしました。

*

普通は色々なデザインのスマホカバーを選んで装着してカスタマイズすると思いますが、せっかくジェットブラックにしたのにカバーで隠すのはもったいないと考えました。

それで、本体周囲だけを保護する、 ”ストラップホール付き二重構造(アルミフレーム/TPU)衝撃吸収バンパー”というのを見付けたので、装着してみました。

KenUのiPhone7にスマホホールドリングを接着

色は数種類ありブラックもあるけど、シルバーを選択。
4sっぽくなっていいかな?と思ったわけです。

それから、落下防止とスタンドを兼ねるスマホホールドリング というのも取り付けてみました。

←Amazonで見てみる

←Amazonで見てみる

*

まあまあかな?

KenUのiPhone7にTPUアルミバンパー

でも、1週間、使ったら気に入らなくなっちゃって。

どこが?と言うと・・・
衝撃を吸収するTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材部分が黒色ではなく白色なところが。

*

一度、気になったらもうだめです。
買い換えちゃった(笑

じゃーん!!

KenUのiPhone7にTPUアルミバンパー

TPU部分が黒色、アルミフレームが赤色。
本当は赤いアイフォン用らしいけど、ジェットブラックのアイフォンにもよく合っていると思います。
いいでしょ?!

KenU iPhone7カスタマイズ

KenU iPhone7アルミTPUバンパーレッド

完璧です。

きっと、この先ずっと、このまま使い続けていくでしょう。

でも、やっぱり4sが好き(笑

ちなみに、ロック画面の壁紙は、KenUのMT-09のある風景写真(桜)で、名前と自宅電話番号も記載しています。

←Amazonで見てみる

*

セブンにしてから、バッテリー保持時間が飛躍的に改善されました。
最初、セブンはイヤホン使用と充電を同時に行えないので、どうかなと思っていましたが、バイクのシガーソケットからの電源供給なしで、グーグルマップのナビゲーションをBlootoothで3時間使用しても余裕だったので、ツーリングにも安心して使えます。

*********** 関連記事 **********

iPhone 4Sに換えたので失くさないように・・・

iPhone4S用にキーボードTK-FBP019を買った。これでPC要らず?

リニアPCMのTASCAM iM2で東北新幹線の迫力音をとってみた。

スマートフォン用バイクマウントホルダーの予防的落下防止対策

****************************

カテゴリー:アイテム, デザイン, 未分類

ずっと欲しかったブラウンシェーバーSeries7 790cc-7をついに購入!

過去にフレックスインテグラル 5525(FlexIntegral 5525)を3万円近く出して購入し、肌に優しく感動するくらいに短時間で深剃りができてブラウン(BRAUN)のファンになりました。
それで、故障した時に買うなら次もブラウンと決めていたので8000円ちょっとでコントゥア5887(Contour5887)(下写真)を購入してみたら、満遍なく顔を剃るのにフレックスインテグラルよりもかなり時間がかかりずっと不満だったんです。
安い機種だったからかなぁ?と思っていたこともあって、ついに今回2万円以上出して最新機種を買ってみたという訳です。

BRAUN Contour 5887

BRAUN Contour 5887

ブラウン シェーバー シリーズ7 【アルコール洗浄システム(ファストクリーン&乾燥機能搭載)・お風呂剃り対応・本皮ケース付き】 790cc-7 [HTRC3](下写真)をAmazonから25,493円で購入。
※3,000円のキャッシュバックキャンペーンあり。

BRAUN Series7 790cc-7

BRAUN Series7 790cc-7

コントゥアのほうがコンパクトに見えますが、重量はシリーズ7が216.5g、コントゥアの方が222.5gでわずかに重いです。

デザインに関しては、全体のフォルムはシリーズ7のほうがかっこいいかな。
でも、シリーズ7の裏側は昆虫みたいでイマイチ気に入らないです。
コントゥアは裏側に従来BRAUNが採用してきた丸い突起を配列したデザインを踏襲しているところが良いです。

BRAUN Series7 790cc-7 and Contour 5887

BRAUN Series7 790cc-7 and Contour 5887

BRAUN Series7 790cc-7 and Contour 5887

BRAUN Series7 790cc-7 and Contour 5887

それから質感ですが、シリーズ7は安っぽいプラスティックの感触がちょっと残念。
どうせならコントゥアみたいなラッカー塗りクリアコートっぽい感じか、フレックスインテグラルみたいなアルミ材質的な感じがよかったです。

BRAUN Series7 790cc-7

BRAUN Series7 790cc-7

BRAUN Contour 5887

BRAUN Contour 5887

問題は、 剃り味がどうか。
シリーズ7とコントゥアとでは網刃のパターンが異なります。
実は、コントゥアの網刃が自分の髭には合っていないからなかなか剃れないのかな?と思っていた訳ですが、シリーズ7の網刃でも期待していたほど剃れなかったです。
KenUとしては剃り時間と深剃り具合からは買い換えた意味がほとんどなかったように思いました。
ただし、肌にはフレックスインテグラルよりもかなり優しいです。 出血しません。 深剃りと肌へのダメージはトレードオフの関係にあるのだから当たり前なんだけど。

BRAUN Series7 790cc-7 網刃

BRAUN Series7 790cc-7 網刃

BRAUN Contour 5887 網刃

BRAUN Contour 5887 網刃

最初に買ったフレックスインテグラルと比べちゃうから不満に思っちゃうんだけど、比べなければ、もしシリーズ7がはじめての購入ならば、とても肌に優しくて、そして良く剃れる素晴らしい製品だと思っていたかも知れません。

それから、自動のアルコール洗浄システムはとても便利で満足しています。
除菌もできるし、この機種はお風呂剃り対応ということで、ストーマ装具の面板下の部分の毛を剃るのにもいいかなと思って欲しくなったという理由もあります。
でも、ストーマ装具の粘着剤が残っているのに気付かずに使用してしまうと網刃に詰まっちゃいそうなので、まだ使用していません^^;

高い買い物だったし、なんだかんだ言って毎朝の髭剃りにメインで使用しています(笑。

*

 ←Amazonリンク(BRAUN Series7 790cc-7)

 ←Amazonリンク(洗浄液カートリッジ(4個入) CCR4CR)

 ←Amazonリンク(網刃・内刃一体型カセット70S (F/C70S-3に対する海外版))

************** 関連記事 **************

ブラウン コントゥア5887を手動でアルコール洗浄してみた。

***********************************

カテゴリー:アイテム, デザイン

D1規格リフィル多機能ペン(マルチペン)比較一覧表をつくってみた。

さて、前回「rotringボールペン(マルチペン)がお気に入りでおすすめ」という記事を書きましたが、せっかくなので国際規格(ISO) D1替芯およびその互換性がある日本工業規格(JIS) 形式D替芯が使用できるマルチペンのメーカーサイト等から数値を拾ってきて比較一覧表をつくってみました。

マルチペン(Multi Function Pen)選びの参考になるかな?

十分に気をつけて情報を集めたつもりですが、もし記載に間違い等があったらごめんなさい。

*

まずは4機能ペン(ボールペン3色+シャープペンシル)・・・

D1リフィル使用4機能マルチペン比較一覧表

D1リフィル使用4機能マルチペン比較一覧表(クリックすると別ウィンドウで拡大表示)

*

つぎに3機能ペン(ボールペン2色+シャープペンシル)・・・

D1リフィル使用3機能マルチペン比較一覧表

D1リフィル使用3機能マルチペン比較一覧表(クリックすると別ウィンドウで拡大表示)

なお、ボールペンの文字太さは、細字;Fineを(F)、中字;Mediumを(M)で示しました。
文字の太さをボール径で示しているメーカーがありますが、0.7mmボール径を中字と表示しているメーカーもあれば細字と表示しているメーカーもあるので、ここでは0.5mm径を(F)、0.7mm径を(M)としました。
ボール径が同じでも、インクの粘性(粘度;ねばりけ)で文字の太さが変わると思いますので、参考にならないかも知れません。

また、製品・機種選定は回転式、振り子式のものにし、KenU的にデザインがスマートと思われるものにしました。
そういう理由で、三菱鉛筆uniジェットストリームにもD1リフィルがありますが三菱鉛筆のマルチペンは一覧表に入れていません。

KenUはロットリングのリフィル(替芯)もペンのボディー自身もおすすめなのですが、軽いのが好きな人、重いのが好きな人、太いのが好きな人、細いのが好きな人、好みは人それぞれなので気に入ったものを選ばれると良いと思います。

書き味とか文字の太さについては、前回の記事でも書きましたが、表に示したメーカーと三菱uniジェットストリームは数値上は互換性がありますから、実際の互換性に注意して自分が書きやすいと思うメーカーの替芯と交換して使用するのも良いと思います。
ゼブラの4C※の替芯はD1や形式Dと互換性がないので使用しないほうが良いと思います(前回記事参照)。
※4c:規格ではなく、メーカーの品名・品番コード番号。

Amazonのレビューを見ていると、どこのメーカーとは言いませんが、「シャーペンの芯がポキポキ折れる」「シャーペンが壊れた」「ボールペンの書き出しがかすれる」とたくさんのレビュー者から書かれているメーカーがありました。
その他、よくみるレビューが 「細くて力を入れないと滑りやすい」「つるつるして滑りやすい」「重くて長時間書くのは疲れる」「振ると中の替芯どうしがぶつかってカチャカチャする音がする」など。

以下、Amazonの画像リンクを貼りました。

4機能(3+1)ペン
 CROSS テックフォー
 rotring フォーインワン
 STAEDLER アバンギャルド
 LAMY 4ペン
 OHTO マルチスリム4
セーラー万年筆 クオードアルファ

3機能(2+1)ペン
 CROSS テックスリープラス
 rotring トリオペン
 STAEDLER アバンギャルドライト
 LAMY トライペン
 Parker ソネットマルチファンクション
 セーラー万年筆 マルシャンJP
 パイロット 2+1エボルト
 トンボ鉛筆 ズームL102

*

何か気になるペンは見つかりましたか?

KenU的には、STEADLERアバンギャルドライト(←メーカーサイトリンク)とトンボ鉛筆ZOOM L102(←メーカーサイトリンク)がデザインもスマートだし軽そうで色も綺麗だなぁと思いました。

でAmazonからトンボ鉛筆 ZOOM(ズーム)L102 シャンパンゴールド色を1,484円で買ってみました。

Tombow ZOOM L102

Tombow ZOOM L102

シャンパンゴールド色は高級感があると思います。
KenUはどちらかというと重めのペンが好きなのですが、握った時の太さが丁度良いのか軽いけど書き心地も悪くないです。
うん、そしてスマートなボディーでカッコいい。 デザイン好きです。 いいね。
でも、rotring 4in1と比べて、長さ1mm、太さ0.5mmしか変わらないのに、なぜか大きく感じる。
長さをあと10mm短くした設計でも良いのではないかと思う。

これを購入した理由の一つに”超低粘smartインク”ってどうなんだろう? ジェットストリームみたいなのかなぁ?」と思ったということがあります。
そして、ボール径0.7mmのわりに、細い字、小さい文字が書けます。 書き味もなめらかです。 おっ、まあまあいいかも?

と思ったけどダメ。
KenU的に致命的な欠点があります。
書いていると時々インクが糸を引くんですね。 ペン先にもインクダマができてくる。
これをプレゼントする時には、rotringのマルチペン用替芯(D1リフィル)とかもつけた方が良いかもしれません。

シャープペンシルはポキポキと芯が折れることもなく普通に問題なく使用できます。

アルミ材質、軽量化という設計上仕方がないことなのですが、ペン先を戻すときの音が「パシャンッ!」というちょっと安っぽい音になります。
何度もペン先を出したり戻したりする癖のある人にとっては気に入らないかもしれませんね。

また、細かいことなんですがクリップの下にコの字型の凹みがあります。

製造不良なのかそういう仕様なのかトンボ鉛筆に問い合わせたところ、「こちらの凹み部は内部部品を固定するのに必要な凹みであり、ZOOM L102全ての商品におきまして、この凹みがございます。」だそうです。
うーん・・・気に入らないです。
せっかくのスタイリッシュなデザインが台無しです。クリップの下に隠すようにするのではなくてボディー横にもっと大きな凹みをつくってデザイン化するとか。トンボのエンブレムをはめるとか。

Tombow ZOOM L102クリップ下コの字形凹み

Tombow ZOOM L102クリップ下コの字形凹み

それから、アルミ材質という設計上仕方がないことなのですが、クリップにバネ機構を設けることができないので硬くて広がりにくくポケットに刺しにくいです。 メッキした樹脂製のクリップにしたほうが良かったのでは?

以上、KenUがレビューすると厳し目の評価でこんな感じになってしまいました。
トンボ鉛筆さんごめんなさい。
星をつけるとすると2つ(★★☆☆☆)です。

とりあえず、Parker FACETマルチペンに装着していた三菱鉛筆のジェットストリーム替芯をZOOM L102に付けて使用することにし、FACETのほうにはrotringのリフィルを取り付けました。

アバンギャルドライトも買ってみようかなと思ったのですが、アバンギャルドライトにもクリップ下にコの字型の凹みがあることが分かったので購入するのをやめました。

************** 関連記事 **************

rotringボールペン(マルチペン)がお気に入りでおすすめ

***********************************

カテゴリー:アイテム, デザイン

2013クリスマス絵描いた。今年は進撃の・・・

誕生日絵をもらった」というブログを書きましたが、対抗してというか、お返しというか、先週「伊達政宗の馬」を描いたのでまた絵が描きたくなったというか、思い立ったので、二人の娘達にプレゼントするいわゆる”クリスマス絵”とやらを初めて描いてみました。

では、クリスマス絵は、いつ送ればよいか?

いわゆるクリスマスカードの代わりと考えられるので、”Wikipedia(ウィキペディア)クリスマス・カード”によれば、「発送の時期としては、一般的に12月の中旬ごろからクリスマス直前」ということだそうです。

ギリギリ間に合ったぁ~。セーフ^^。

*

それでですね、12月22日にWACOMのペンタブレット(BAMBOO Model:CTH-470)とCorel DRAW Essentials4に付属のソフトPHOTO-PAINTでせっせと描きました。

ペンタブとlenovo SL400

後から思えばAdobe Photoshop Elementsを使ったほうがよかったかも?「四神獣」はそれで描いたので。
←Amazonで見てみる

これまでペンタブを使ってPCで直接絵を描くことはほとんどしなかったのですが、今回やってみたら難しかったです。
最近ではドロー系ソフトでベジェ曲線の絵しか描いていなくて、ペイント系ソフトで手書きで絵を描くのは本当に久しぶりで、ぜんぜんだめですね~。

では、前置きはこれくらいにして。

*

2013 Merry Christmas Mikasa クリスマス絵

2013 Merry Christmas Annie クリスマス絵

*

今年 「進撃の巨人」というTVアニメとコミックスが若い人に大人気だったようで、娘達がそれぞれ好きなキャラをモデルにして、クリスマスなのでケーキを切るという構図にしました。
実は絵の視点は上空で、背景は地上というイメージなのですが、背景を描く力量と時間がなかったので、省略しちゃいました。

それと、一方を描いてから、顔と服を変えて左右反転させるという手抜きをしました(笑
ジャンプしてる角度とかケーキの縮尺もちょっと変えてますが・・・
あとでしまったと思ったのは、ヘアースタイルも左右反転しちゃてたんですよね。失敗!
腕のワッペンの柄は反転することを想定して描いたんだけどなぁ~。

まあ、どちらのモデルも似てないんですけどね^^;

今回はこれで完成ということで。

*

Phlips コーヒーメーカーHD7612さようなら。象印いらっしゃい。

ついにコーヒーメーカーを買い換える事になりました。

もう20年以上使用したフィリップス(Philips)のステンレスボトルのコーヒーメーカー、Cafe Delice(カフェデリス) Model:HD7612 とお別れですT○T

KenUはこれをまだまだ使い続けても良かったのですが・・・

Philips HD7612 coffee machine

記憶が定かではないのですが、確か購入したのは1990年。

ネットで検索しても発売日や定価の情報が得られないのですが、
最初の真空ステンレスボトルのコーヒーメーカーとして国内で発売されたばかりの商品で、当時の定価は2.2万円くらいしたと思います。
それを秋葉原の電気店で値切って16,000円くらいで購入した気がします。
電気で加熱しつづけることなく保温できる機能はもちろんですが、デザインに一目惚れでした。
今でもまったくこのデザインには飽きていません。

このモデルは、かなりロングセラーの商品だったようですね。

で、さよならの前に写真をとりました。恒例です^^

真空ステンレスボトルになっています。Philips HD7612 Bottle

コーヒーの濃さ切り替えレバー(左:薄い、右:濃い)とスイッチです。
Philips HD7612 Changer Switch

ボトムプレートはスレンレスです。ドリップされたコーヒーが穴からボトルに入ります。
Philips HD7612 Bottle spout

ドリップ用フィルターと豆を入れるところ汚いでしょ?
Philips HD7612 dripper

水タンクの中も汚いでしょ?
Philips HD7612 Water tank

オランダ製です。
Philips HD7612 Label

Philips HD7612 right side Philips HD7612 left side

*

それで、次に何を購入するか?

Philipsはもうコーヒーメーカーは作っていないようです。

色々と迷った挙句、価格と赤色が決め手となり、
ZOJIRUSHI (象印)コーヒーメーカー (カップ約1~5杯用)
珈琲通EC-KS50(レッド)希望小売価格15,750円をAmazonマーケットプレイスから¥5,755で購入!

よく見るとPhilipsのボトル凹んでますね。3.11の影響です。
ステンレスボトルコーヒーメーカー像印とフィリップス

ちなみに、象印の言うカップ1杯というのは約120mlということなので、淹れられるコーヒーの量は120mL~600mLということになります。

レビューを書くと・・・

象印の珈琲通EC-KS50はPhilipsカフェデリスと同じように美味しくコーヒーが淹れられたので良かったです。Very GOOD!です。

ZOJIRUSHIのHPの商品情報ページによると、
商品特長は、
「真空2重瓶(まほうびん構造)のステンレスサーバー」
「3段階レバー式のコーヒー濃度調節」
「お手入れ簡単はずせる水タンク」
「お手入れ簡単スイングバスケット」
「カルキを除去する浄水フィルター(カルキをとってコーヒー豆本来のおいしさを引き出します)」
だそうです。

ZOJIRUSHIさんに、少し厳しい事を言うならば、

ボトムプレートがステンレスじゃないというのが高級感的にちょっと残念かな。
それから、購入と交換が面倒なだけだからカルキ除去フィルターは要らないな。
ZOJIRUSHIさんは20年間もカルキ除去フィルター供給し続けるつもりないでしょ?(笑
そもそも、コーヒーを淹れる時にカルキを気にする通な人は、ミネラルウォーター(軟水)にこだわって水道水では淹れないと思うのですが・・・。
だからKenU的にはカルキ除去フィルターは商品の付加価値にならず、逆にマイナスポイントですね。

なので、次回の製品はカルキ除去フィルターなしで、ミネラルウォーターと水道水とで淹れたコーヒーの違いの実験データとミネラルウォーターを使ったお勧めの淹れ方を紹介すれば良いのでは?

ZOJIRUSHI コーヒーメーカーEC-KS50 レッド
 ←Amazonで見てみる。

*

カテゴリー:アイテム, グルメ, デザイン

誕生日絵もらった

誕生日絵を描いたことがあるのだが、今度は逆に娘から頂戴しました。

Happy Birth Day 1 Revai

“進撃の巨人”のリヴァイ兵長ですね^^

アニメ「進撃の巨人」のオープニング曲で話題を集めた音楽ユニット「Linked Horizon」が、今年2013年の大みそかの第64回紅白歌合戦に出場するそうです。

*

で、まねして後日お返しを・・・

2013クリスマス絵描いた。今年は進撃の・・・

*