Archive

Archive for the ‘ツーリング’ Category

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

タイトルを短歌風にしてみました(笑

*

さて、昨年5月初旬に「桜が咲き終わった後でも、薬莱山は宮城県の良いバイクツーリングエリアかも?」という記事を書きました。

今月、梅の写真も撮ったし、今年は絶対に桜も撮りたいのです。

今日は、午後からMark X Zioの定期点検(プロケア10)の予定が入っていたので、桜を撮りに行くなら午前中と決めていました。

そして、撮影は人も車もいない時間がチャンスなので、5時起きしてMT-09で走ってきました。

*

薬莱山の桜とYAMAHA MT-09

やくらいファミリースキー場の桜とMT-09

あ~、お天気に恵まれないぃ~。
曇り空に小雨がパラパラと。
しかも、桜も満開じゃないし。
まだ早かったぁ~。
6~7分咲きといったところです。

来週お天気が良好であれば、また行ってきます。

*

余談ですが今日4/22は、埼玉県和光市の理化学研究所(理研)の一般公開日だったそうです。
フォロワーさんのツイートで知りました。

それで、少し自分のことを明かしてみようかと思います。

30年以上前、KenUは、理系のいわゆる3流大学の学生でした。
4年生になってすぐに、行かなくなっていました。

ある日、友達から電話が・・・
「KenUなにしてんだよ。研究室も決まったんだし大学に来いよ。みんなは実験始めてるよ。」と。
行ってみると、教授から「今さら来たって・・・」、「君にやってもらう研究テーマはない・・・」との、お叱りのお言葉を頂戴しました。

そして、どうなったかというと、
大学の研究室ではなく、和光市の理研の〇〇〇〇研究室に派遣され、1年間、理研で卒論研究をすることになりました。
他の大学の学生もきていて、稀有な出会いもありました。
理研行きは、KenUの人生を変える大きな出来事のうちの一つであったと思います。
実験したりデータをまとめるのは好きで得意でしたが、馬鹿だったので、学生同士の勉強会とか、論文作成とか、発表練習などなど、いろいろと苦労しました(笑。

卒業後は、理研の先生の口利きで大阪の会社に就職しました。
そうでなければ、おそらく埼玉県内か東京都内で仕事を探していたと思います。
妻とも大阪で知り合った訳ですし、本当に理研をきっかけに人生が変わりました。
KenUを理研に派遣してくださった教授のおかげであります。

いつかまた、理研の一般公開日に訪れてみようかな。

ちなみに、KenUは絵を書くのが好きで、本当は美術系・芸術系の大学に行きたかったんです。
でも、高校生のときに自分が赤緑色弱という遺伝系の目の異常(色覚異常)があることがわかり、腐りました。
当時、赤緑色弱の人は美術系・芸術系大学には入学できなかったし、理系の大学でも学部によっては入学できない時代でした。

高校3年のときに、同じく赤緑色弱のクラスメイトがいて、自衛隊を受けたら落とされたと言っていたことも思い出されます(笑。

今は、赤緑色弱でも、どこの大学にも入学できるようですね。

*

[4/29追加]
今日では遅すぎて、桜は散って、桜吹雪になっていました。
やくらい土産センターで、根わさびを購入してきました。

妻に、わさびパスタを作ってもらいます。

やくらい土産センター 根わさび

************** 関連記事 **************

桜が咲き終わった後でも、薬莱山は宮城県の良いバイクツーリングエリアかも?

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

桜が咲き終わった加護坊山の千本桜はバイクツーリングには向いていない。

ストーマでも、いきなり大型自動二輪免許とりました。

いきなり大型バイク購入。納車されました。

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

KenUの今年の目標は「花札とMT-09」というテーマで写真を撮っていこうと考えています。
いったい、どれだけ達成できるでしょうか?

*

宮城県北部では、毎年4月上旬に「梅」、四月下旬に「桜」が開花します。

そして昨日、なんとしてでも梅の写真を撮らねば!と思い、日差しはあるものの冴えない空模様でしたが、” 佐藤農場 梅園 ” に行ってきました。

MT-09の背景に佐藤農場の梅

佐藤農場の梅とMT-09

でもでも、訪れるには一週間ほど遅かったようで、花はしおれかけていたのが残念。
先週は、雨や強風だったのでバイクに乗らなかったんですよね。

白花梅と蜂

*

実は、4月2日にも曇り空の中、下見に訪れたのでした(笑
ここからはそのときの写真をアップします。

ところで、” 宮城県 梅 ”をキーワードにしてググッてみると、佐藤農場は検索ランクの上位にはでてきません。
でも、2日には他数台のバイクも来ていたし、14日には道すがら?立ち寄るマスツーリングのバイクを見かけたし、そこそこツーリングスポットとしれは知られているのかな?

佐藤農場20170402

佐藤農場 梅まつり一般駐車場看板

4月上旬から下旬まで、「梅まつり」が開催されていて、無料駐車場もあります。
「梅干し」や「梅酒」といった加工品も販売しています。

4月2日は0.2分咲くらい。

佐藤農場の梅とMT-09

佐藤農場の白梅の花びら

紅梅は開花が早く、ほぼ満開でした。

佐藤農場の紅梅

*

ということで、とりあえず、花札1/12達成!(笑

次は桜。
ロケ地を探さないと。

そして5月の連休は、いわかがみ平までツーリングしたいなぁ~

最後に・・・

(有)佐藤農場の所在地は、
宮城県大崎市岩出山下野目向山94
岩出山・鳴子 玉造商工会のホームページ(←参照リンク)でも紹介されています。(観光案内サイト内の「一押し佐藤農場の梅林」)

************** 関連記事 **************

桜が咲き終わった加護坊山の千本桜はバイクツーリングには向いていない。

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク

MT-09乗り初めで”白鳥の湖”ならぬ”白鳥の圃場(ほじょう)”へ

チャァ~、チャララララァ~、ラ、ラァ~、ラ、ラララララァ~♪

これまで、白鳥と言えば湖沼とか水のある場所にいるもんだ、という勝手な思い込みがありました。

でも、そうではなかったんですね。

バイクの免許を取得してからは、国道以外にも、これまで走ったことがない県道や農道も走るようになり、いろいろと発見があります。

そして、2017年1月8日にMT-09の乗り初めで、以前発見して気になっていた場所に行ってきたので、もう10日も過ぎてしまいましたが、ブログを書きます。

*

こんなところに、たくさんいるじゃないですかっ!!
田んぼスワンです。

田んぼのコハクチョウ

湖沼と違って、あぜ道があるので、ゆっくりと・そっと歩いて近づけば、かなり接近することができます。

これまで何度か、ハクチョウと愛車MT-09のコラボ写真を撮ろうと思って伊豆沼まで行ってますが、なかなかいい具合に撮れていません。

でも、この圃場では、白鳥もマガンも飛び回っています。
伊豆沼より撮影地としてはグッドかもしれません。

背景には花渕山(はなぶちやま) (標高985m)が見えます。
花淵山を背景に白鳥とマガンとMT-09

鳥たちを驚かせて飛び立たせないように、県道脇からエンジンは切って、バイクを押していきました。

カメラのレンズは18-140mmズームですが、ここでは、白鳥のほうからこちらに近づいて飛んでくるので、比較的大きく撮影できます。

「白い三連星」 ガイア、オルテガ、マッシュのジェットストリームアタック(笑

白鳥の白い三連星

マガンのV字飛行。

マガンのV字飛行

バイクを停めたところは、未舗装路のこんな場所です。
後方に見えるのは薬莱山(やくらいさん)(標高 553m)。

薬莱山を背景に白鳥とMT-09

日の出直後、朝焼け時に行っても面白いかもしれません。

でも、冬で路面凍結が怖いので無理かな?

************** 関連記事 **************

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

***********************************

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

さて、以前「MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!」という記事の中で、オーバーグローブUNG-209も注文していることを書きました。

そして、今日のお天気は晴れ、朝の気温は0℃だったので、オーバーグローブの防寒テストを兼ねて、MT-09を駆って伊豆沼まで白鳥の写真撮影に行ってきました。

オーバーグローブのレビューは、以前の記事の更新ですると予告していましたが、やっぱり新規の記事します。

*

KenUが現在使用している冬用グラブは、RS TAICHI(タイチ)のサージウインターグローブRST601のMサイズ。
ナップス仙台泉インター店でセール特価品を購入しました(笑

今回これに、Amazonで購入したurbanism(アーバニズム)のUNG-209 ヒートポケッテッドロングオーバーグローブ(ブラック)のMサイズを装着しました。

RST601ウインターグローブとUNG-209オーバーグローブ

←Amazonで見てみる。

←Amazonで見てみる

手の甲の内側に、ホッカイロが入れられるポケットがあります。
UNG-209オーバーグローブにホッカイロ装填

オーバーグローブの装着は、親指以外の指をはめるのが若干きついです。
でもグローブを手にはめてみると、特に問題はなかったです。
RST601にUNG-209を装着

人差し指と中指が割れているところが、コミネのではなく、この商品を選んだ理由です。

*

では、レビューです。

防寒性は・・・
ないよりは良いといった感じでしょうか。
0℃の外気温でも、指先は痛くなりませんでした。
でも、指先はやっぱり冷たくなります。
特に親指が。

ホッカイロの効果は・・・
ホッカイロある・なしで比較していないのでわかりません。
走行中はほとんど効果がないかもしれないけれど、信号待ちなど停止したときには暖かくなっているかも?

操作性は・・・
やっぱり多少は悪くなります。
全部の指を深くまで折り曲げてグリップを握るのは難しくなります。
ブレーキとクラッチを握るのは問題ないです。
両手全部の指でグリップを握ってしまうと、とっさのブレーキ・クラッチ操作ができなくなるので、両手とも2本指はレバーの上にのせて運転するのが安全だと思います。
ウインカーのボタン操作に全く問題なかったというのは、意外にも良かった点です。

*

ハンドルカバーとどっちが良いかと言われると・・・

微妙・・・

どちらが良いとも言えない。
同じ外気温でハンドルカバーを試せていないというのもあるけど、オーバーグローブはハンドルから手を放しやすいという手軽さはあるから。

次回、クラッチ側はハンドルカバー、ブレーキ側はオーバーグローブ(ホッカイロあり)にして、どちらが良いか試してみたいと思います。
もちろん氷点下のときに(笑

*

レビューは以上で、ここからはラムサール条約湿地の宮城県 伊豆沼の写真です。

実は、この場所は栗原市で観光誘致しているわりには、見栄え的に整地されていなくて、KenUとしては不満があります。
せっかく綺麗な白鳥がたくさんいて素晴らしいところなのに、枯れた雑草がたくさんあったり、枯れ枝も見栄えが悪くて、「バイクのある風景」写真にはイマイチなロケーションだと思います。

でも、いろいろ思考を巡らせて、粘って写真を撮ってきました。

(9:15)バイクのカタログ風を狙いました。
伊豆沼の白鳥とMT-09
ほんと、自分で枯れた雑草を刈りたかったなぁ~。

白鳥が水上を走ります。 かわいい(笑

水上を走る白鳥

また、「冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!」という記事で、栗駒山の写真を掲載しましたが、ここ伊豆沼からも栗駒山を臨むことができます。そして、5羽の白鳥飛来!
伊豆沼から臨む栗駒山と白鳥

*

(10:01)こちらは、マガンです。
伊豆沼のマガンとMT-09

千葉県から来たという人から、ハクガンとシジュウカラガンはいませんか?と声を掛けられました。

伊豆沼・内沼にようこそ お願い看板

たぶん、マガンだけだと思います。↑クリックすると拡大表示できます。

みなさん、生態系に影響を及ぼさないように、マナーを守りましょう!!

ほんとここでは、これっ!といった写真がなかなか撮れません。
悔しいので、満足のいく写真が撮れるまで、もう何度か行きたいと思います。

*

[2016/12/03追加]
もう一回行ってきました。
今日は気温が8℃だったので、ホッカイロなしオーバーグローブで全く手は冷たくなりませんでした。

で、やっぱり生き物の写真は難しいです。
KenUが使用しているレンズは、28-140mmズームで、望遠レンズではないので。
そして、渡り鳥の写真撮影は朝夕が勝負らしいのですが、ヒーターを付けて待てる車ならまだしも、バイクではさすがにその時間帯は勘弁です。

flying swan and YAMAHA MT-09

写真はトリミングしました。 もうこれ以上無理。 伊豆沼はおしまい!のつもり。

************** 関連記事 **************

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!

冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!

AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

***********************************

駐車場の心配いらずMT-09で行く大崎バルーンフェスティバル

今日、第31回大崎バルーンフェスティバルの開催3日目に行ってきました。

昨年「駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル」という記事を書きましたが、今年は大丈夫でした。

だって、バイクだもん(笑

*

天気予報では晴れの予想だったのに、現地についてみると、ときどき小雨が・・・。
写真を撮るにはあいにくの曇り空。

外気温は、この時期にしては比較的暖かい6℃。
その点では、路面凍結の不安もなく、防寒対策もばっちりだったので、問題ありませんでした。

*

(6:48) まだ、熱気球の離陸準備が始まったころです。

MT-09とバルーン

(6:50) ハロウィンの熱気球が起き上がりました。

大崎バルーンフェスティバル離陸準備とMT-09

ちなみに、バルーンと愛車ヤマハMT-09が一緒に写っている「バイクのある宮城の風景」写真を撮るには、会場の江合川河川敷の川を挟んだ向こう岸というロケーションしか見付けられませんでした。
バルーンとの距離がありますが、この場所で我慢です。

*

(6:55) すこしの間だけ、雲間から日が差し込みました。

熱気球の写真を撮る人達

(7:07) 会場のある堤防には、たくさんの観客が見えます。

大崎バルーンフェスティバル会場風景

この赤と白と黒色の熱気球は、今回の大会で初めて見ました。

どこから来たチームの何という名称のバルーンかな?
会場まで行ってパンフレットをもらってこなかったので、わかりません。

*

(7:09) この時間になると、ほとんどの気球が飛び立ってしまいシャッターチャンスがなくなるので、こちら側の観客は帰りはじめてだいぶ減りました。

バルーンフェスティバルに見入る二人

(7:15) 数分前まで正面に見えていたバルーンが頭上に。

熱気球バーナー点火

何故だか今回は、このチームのバーナー噴射とKenUのシャッターを押すタイミングが何度も合ったんだよなぁ~。
しかも、このチームの炎しか撮れていないんだけど(笑

*

以上、大型自動二輪免許取得後2年目に突入したKenUによる大崎バルーンフェスティバルレポートでした。

これからも、バイクでいろいろな宮城県を紹介できるといいな。

************** 関連記事 **************

大自二輪免許取得1年後MT-09のある宮城の風景まとめ

駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル

デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。

最近、写真のブログになってきてるし^^;

***********************************

冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!

ブログタイトルについては後回しにして、まずは本日のバイクのある宮城の風景から。

深山牧場から臨む栗駒山とMT-09

実は、宮城県には、あまり標高の高い山がありません。
なので、KenUは、富士山や立山連峰の近くに居住している人がうらやましいです。

でもまあ、ないものねだりをしても仕方がないので、比較的高い山を求めてツーリングしてきました。

県内で蔵王山に次いで高いのが、栗駒山(くりこまやま)1626m。

そして、栗駒山と愛車MT-09を一緒に撮影できそうな場所をいろいろ調べてたどり着いたのが、宮城県 栗原市 市営の深山牧場(ふかやまぼくじょう)(←参照リンク)です。

MT-09深山牧場駐車場にて

牧場駐車場の休憩場所からも、栗駒山を展望することができます。

牧場には残雪があり、そして、栗駒山には多くの雲がかかっていました。

深山牧場から臨む栗駒山

雲がかかった栗駒山

牧場には誰もいません。

牛も馬もいません。

唯一、KenUの”鉄の馬”だけ(笑

*

さて、では本題です。

本日の天気予報は晴れ。
そして、栗駒山が冠雪しているであろうことを狙って、あえてここへやってきたわけです。
見事的中。

*

ですが、ここにたどり着くまでに、何度か弱気になりました。

まず、道中所々で霧が発生。
「あ、ちょっと指が冷たくなってきた。」
「ずっとこのままだと萎えるなぁ。」

日が差し霧が晴れたが、少し進むと天気予報に反して小雨がパラパラと・・・
「え?雨具もってないし。」
「目的地までかなり距離があるし、このまま進んで大丈夫だろうか?」
「びしょ濡れになったら、この季節凍えてしまうよな。」

小雨も止み「ほっ!」としたが・・・

道は全く調べておらず、iPhoneでGoogleマップのナビに完全依存。
「山道に入っていって、もし通信エリア外になってしまったら迷うよな。」
「ドキドキ」

山道に突入すると、急勾配とたくさんのコーナーに、この季節は濡れ落ち葉がいっぱい。
「うっ、落ち葉の上は滑る。怖い。」
「ここで、こけたら誰にも助けてもらえないだろうなぁ」
「ドキドキ」

路面は濡れていて、日陰は凍結していそう・・・
「ツルッ」
「まじか」
「あと、どれくらいで目的地だ?」
「Googleマップはただしくナビしてくれているのだろうか?」
「ドキドキ」

「おっ、あと800mで目的地か。」
「iPhoneの通信エリア内でよかった。」
「よし、ナビを信じて、転倒しないように、このまま慎重に慎重に・・・」

という感じだったわけです。

*

今回の教訓から、誰もいない、初めて行く場所、もしかしたらスマホの通信圏外、天気予報の確実性が低い、しかも冬、という状況での、Googleマップナビ完全依存のヒトツー(一人ツーリング)は、とっても不安なのでやめることにします。

そして、恐らく使わないにしろ、万が一に備えて、紙の地図とコンパスくらいは用意しようかと思います。

*

それにしても、冬以外の季節であれば、本当に深山牧場は宮城県内のナイスなツーリングスポットです。
帰り際に山から見下ろす栗原市内の風景、ところどころで出会う真っ赤に染まったモミジもとっても良かったし。
写真を撮る精神的余裕がなかったので、写真はありませんが(笑

*

[2016.12.30追加]
ということで、宮城県道路地図をツタヤで、コンパスをアマゾンで購入しました。

宮城県道路地図とSUUNTOコンパス

地図は、一応タンクバッグに入る大きさです。

スントのコンパスは、スムーズに正確な方角を示してくれて、とても良いです。

SUUNTO CLIPPER COMPASS

クリップコンパスということなのですが、手前に突起があり、それが邪魔していて厚みのあるものに挟むのはちょっと難しい。
でも、タンクバッグの透明カバーの下に入れて使用するつもりなので、問題ありません。
ベルトを通すと脱落しにくい構造になっています。

SUUNTOクリップコンパス側面

ワークマンのsnowareaに取り付けてみると、こんな感じ↓。

snowareaにSUUNTOクリッパーコンパス装着

←Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

宮城県のツーリングスポットと言えば、ここに行かずして・・・

大自二輪免許取得1年後MT-09のある宮城の風景まとめ

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

バイク用のレインウエアにはどれくらいの耐水圧が必要か?

YAMAHAタンクバッグ シティーとNikon D5300と化女沼ツーリング

超簡単!アライのフルフェイスヘルメットにイヤホンのスピーカーを仕込む方法

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

宮城県・長沼ボート場視察ツーリング

さて、今日は、最近何かと話題の場所に愛車MT-09を駆って行ってきました。

小池百合子 東京都知事が視察に訪れた宮城県長沼ボート場に。

Googleマップより
長沼ボート場地図 Google Maps

雲一つない快晴。
でも写真撮影の絵的には少し秋雲がある方がよかったな。

MT-09で長沼ボート場へ

”東京五輪を登米市・長沼ボート場に!!”というアーチ看板がありました。

東京五輪を登米市・長沼ボート場に

左の柱には、”日本一元気な登米市に!! 全世界の皆さんに感謝をこめて日本一のおもてなし!!”
右の柱には、”復興五輪!! 被災地でオリンピック パラリンピックを!!”
と書いてあります。
「!!」使いすぎ(笑

自転車(ロードバイク)が走っていますが、長沼フートピア公園の遊歩道から入ってきたようです。

結構いろいろな人達が興味半分、ドライブがてら来ていて、石巻から来たという御夫婦もいらっしゃいました。
周辺環境もぱっとしないし、世界トップクラスの選手が競技を行うロケーションとしてはピンとこない、ということを言っていましたね。
ちなみに、KenUも特にここで五輪を開催してほしいとは思いません。

長沼ボート場とMT-09

宮城県長沼ボート場

*

ボート場の隣は、以前ツーリング記事にした長沼フートピア公園です。

オランダ風車とMT-09

長沼フートピア公園の丘で写真を撮る親子
娘を肩車するパパ。写真を撮るママ。
うーん、KenUにもこんなシーンがありましたね。

*

そこからさらに、みやぎ県北高速幹線道路(みやぎけんぽくこうそくかんせんどうろ)を走って、伊豆沼にも行ってきました。

みやぎ県北高速幹線道路は、制限速度70kmの自動車専用道路で、KenUの前後全く車が走っていなくて、とっても気持ち良く走れました。

MT-09で伊豆沼へ

この季節、真雁(マガン)や白鳥が比較的近くの目の前を飛んで行くので、見ていて面白いです。

飛行する伊豆沼の白鳥

*

ちなみに、いつもバイクのリアシートに載せているのは、いろはすです。
Amazonでまとめ買いしています。

************** 関連記事 **************

オランダ風車とYAMAHA MT-09

YAMAHA MT-09に少しだけ荷物を積めるようにしてみた。

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク