アーカイブ

Archive for the ‘写真’ Category

東京モーターショー2017でカメコの一人として初参戦!!

先日の11月4日、東京ビッグサイトで開催されたTMS(東京モーターショー2017: TOKYO MOTOR SHOW 2017)に行ってきました。

楽しかったです。

そして、TMSで撮ってきた写真の一部をピックアップしてダラダラとコメントを挟み、記事にしたいと思います。

なお、今回はカメコ(カメラ小僧)にもチャレンジしてみました。
ということで、コンパニオンの写真も少しあります(※1)。

※1:コンパニオン本人の許可について:一応、法的な解釈は調べました。撮影を黙示的に『承諾した』と認められる状況であり、撮影され公開されることを前提に自らポージングをしており許諾されたものと解釈。

*

12時少し前に到着。

入場前手荷物検査があります。

まずは、東展示棟1階から。

トラックのブースは、あまり注目されないと思いますが、意外に興味深かったです。

学生のころ、引っ越しのアルバイトで大型トラックの助手席に乗せてもらっていたことを思い出します。

UD TRUCKSのGH11エンジン。トラックのエンジンは初めて見ました。

三菱FUSOトラック

*

smart vision EQ fortwo。お先にどうぞ(笑

Mercedes-Benz

Mercedes-Benz 220GLA 4MATIC。欲しいと思っている4輪駆動車の一つ。実物見られてよかった。

BMW  Z4 Concept。このボディーカラーは好きです。

背もたれがマッハGoGoGoみたいです。

*

国産車ブースのコンセプトカー

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT。ヘッドランプがVOLVOのパクリと言われそう。

NISSAN IMx CONCEPT。ここで頑張っても、やっぱり無資格検査偽装は痛いなぁ。

SUBARU VIZIV CONCEPT。スバルもニッサン同様、偽装検査は残念で・・・。4輪駆動車ではスバルも候補だったのに。

スバルBRZのコンパニオン。近寄れずバリアングル+望遠で撮影・・・目線はキャッチできず。

*

ポルシェかっこいい。911のカラーリングとコンパニオンの衣装の統一感がいいです。

PORCHE 911 GT3 CUP

*

東新展示棟へ移動です。

スズキのブースのコンパニオンは超人気で人だかりがすごい。近寄れずバリアングル+望遠で撮影・・・目線はキャッチできず。

YAMAHAやKAWASAKIのバイク展示もあり。

YAMAHA MOTOROiD

そういえば、HONDAのブースもあったのに、バランス制御技術を応用した「こけないバイク」を見るのを忘れました。

歩き疲れて、足が限界に近づいていたから、集中力が切れてたかも(笑

*

がんばって西展示棟1階に移動。

ここでは、「やっぱりトヨタはすごい!!」と思いました。

照明が他のブースとまったく違い、写真が綺麗に写るように配光されているような感じさえします。

お金かけていると思います。

TOYOTA CONCEPT-愛i ステージ

GR GV Sport CONCEPT。アジアンビューティー系のコンパニオンと車がよくマッチしています。

TOYOTA YARIS。見せ方が上手い。

TOYOTA WONDER-CAPSULE ステージ

*

その他・・・

自動車部品メーカーのコンパニオンさんから、カメラ目線頂戴しました(笑

日本特殊陶業株式会社 NGKスパークプラグ、NTKニューセラミック。いいね!

コンパニオン撮影って、結構難しかったです。

場所場所で照明の明るさが変わるので、状況に応じた露出補正をしないといけないし、コンパニオンの目線を頂戴した瞬間に、適正露出で一発で仕留めなければならないしで。

ISOの設定もどの程度がいいのかよくわからず。
もっと修行が必要です。
コンパニオンさん、あまり綺麗に撮ってあげられなくて、ごめんなさい。

それにしても、カメコは車に目もくれず、コンパニオン一点集中で、すごい。
しっかりカメラ目線の綺麗な写真を撮るんですもん。

KenUはとてもかないません。

*

車の撮影も難しかったですね。

というのは、人が多過ぎて、好みのポジショニングが取れないし、車の前にいる人にどいてもらう訳にもいかないので。

一般客がいない報道関係者への公開日(プレスデー)に入場できるといいですよね。

と、前ふりをして・・・

じつは、障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日という設定があったことを後で知りました。

TMS(東京モーターショー)のオフィシャルサイトから引用すると、「第45回東京モーターショー2017では、10月26日(木)(プレスデー2日目)の13時30分~18時00分を『障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日』として設定しました。事前にお申し込みいただいた障がい者手帳をお持ちの方を入場料無料にてご招待いたします。この機会にぜひご来場ください。」とあります。

KenUは障がい者なので申し込めばその日に入場可能になりますが、それよりも「車いす」を使用している障害者の方々にこうした機会を活用して、TMSを見てほしいと思いました。

だって、先日のTMSの会場で車いすの少年や成人を見かけたときに、こんなに人が沢山いて、人気のブースは人だかりができていて、車いす高さの目線では良く見えないだろうなぁと思ったから。
入場者数が少ないプレスデーなら、車椅子でもよく見えるようになるだろうし、車椅子でも会場の写真撮影を楽しめるかも知れませんよね。

もし、知り合いに「車いすの障害者」の他、車いすでなくても「人込みでの歩行に苦労を要する障害者」の方がいましたら、TMS  2018でも特別見学日が設定されるかもしれないので、ぜひ教えてあげて欲しいと思います。

*

余談ですが・・・

今回は3人で行き、障がい者手帳でKenU(障害者本人)と妻(付添い)は無料、娘はチケットを購入しての入場でした。

************** 関連記事 **************

様々な人にオフで会えた東京モーターサイクルショー2017

身体障害者手帳と映画鑑賞・・・どうして割り引いてくれるの?

***********************************

広告
カテゴリー:カメラ, 自動車, 写真

「花札とMT-09」は6割の達成率。今年の目標は浅はかでした。

今年の目標は、花札とMT-09をテーマにした写真を撮ることでしたが、ハードルが高すぎたようです。

達成できないことがわかり、断念しました(笑。

一応、実績をまとめてみると・・・。

・1月の花札  松にMT-09
(昨年撮影したもの。この写真からテーマのアイデアが生まれました。)

・2月の花札  梅にMT-09

・3月の花札  桜にMT-09

・4月の花札  藤にMT-09

・5月の花札  あやめにMT-09
(アヤメと呼ばれているが本当はカキツバタ。写真は同じアヤメ科アヤメ属のハナショウブで代用。MT-09は右上隅に小さくぼやけて写っています。)

・6月の花札  牡丹にMT-09
(牡丹がみつけられず、同じボタン科ボタン属のシャクヤクで代用。でも、花は終わっていました。)

・7月の花札 (萩)見つけられず。

・8月の花札  芒(ススキ)にMT-09

・9月の花札 (菊)見つけられず。

・10月の花札  楓にMT-09
(植物学的には”モミジ”というのはないそうです。カエデ属植物の葉形が蛙の手の形に似ているとこから「かへるで→かえで」となったとのこと(※1))

・11月の花札 (柳)見つけられず。 皇居で見たんだけどなぁ(笑)

・12月の花札 (桐)見つけられず。

来年は、もう少しよく考えて目標を決めたいと思います。

*

最後に・・・

今年も「バイクのある宮城の風景」フォトブックを作りました。

年賀状も作らないと。

※1:もみじとかえでの違い(←参照リンク:もみじかえで研究所)

バイク関連記事一覧へのリンク

カテゴリー:バイク, 写真

ギックリ腰でもMT-09で鳴子温泉鬼首すすき野原へ

少し前に、「~ ブラケンユー、宮城県岩出山の酒蔵へ! ~」と「ストーマで困るのはギックリ腰になったとき」(←参照リンク)という記事を書いたのに・・・
実は、3連休最終日の9日に、骨盤ベルトをしてバイクで走りに行ってしまいました。

今年の目標である「花札とMT-09」テーマの写真撮りは未達成になることが決定していますが、出来る限り頑張りたかったので(笑

現地は雨上がりで、山には霧がかかっていましたが、これはこれで幻想的だったので、良い時間に来たなぁ~と思いました。

とりあえず、8月花札”すすき”の目標は達成です!
もう10月初旬ですが(笑

*

すすき野原の道路を挟んだ向かい側は市営牧場になっています。

奥に見える小さな黒い点々は、牛さんです。

ここへは、オニコウベスキー場のレンタサイクルで来ている方々もいらっしゃいました。

*

KenUは、20年以上前にオニコウベスキー場でスキーをしたこともあるので、帰りがけに寄ってみました。

霧も晴れて、禿岳(かむろだけ)が良く見えて、懐かしかったぁ~。

ゴンドラは、登山客用など利用者が来るたびにゴンドラをセッティングして、空での運転はしていないようです。

*

今回、鬼首へは、平成27年11月15日に開通した国道108号花渕山バイパスを利用しました。
トンネルは多いですが、車の通行量も少なくて、排気ガスの臭いもほとんどせず、バイクでも結構快適に走れますよ。

************** 関連記事 **************

いきなり大型バイク購入。MT-09納車されました。

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

野生の藤の花みいつけた!田舎はいいねぇ~

5月の花札はアヤメじゃなくてカキツバタ(燕子花、杜若)

ボタン科ボタン属シャクヤクの時期は6月上旬だったのか

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

戦闘機の日本語が素敵だった松島基地航空祭2017

さて、昨年2016の夏、鹿妻駅前の航空自衛隊機ブルーインパルス(T-2型 訓練機)のオブジェとKenUの愛車 YAMAHA MT-09と一緒に写真を撮影しました。

それで今年は、この目で直接ブルーインパルスの飛行シーンを見たいと思ったので、先日8/27に航空自衛隊 松島基地で行われた航空祭2017へ足を運びました。

ちなみに、松島基地は、東日本大震災後に放映された、新垣結衣、綾野剛 主演のTBS TVドラマ「空飛ぶ広報室」(←参照リンク)の舞台にもなっています。

ということで、会場はどんな様子だったのか? フォトレポートでお届けします。

なお、KenUは、戦闘機マニアでもなく、軍事オタクでもないので、その筋の説明はできません。

*

まずは、先に本題から。

航空祭とは別に、基地内に常設展示されている機体がいくつかあります。

そのうちのブルーインパルスカラーにペイントされていないT-2型 超音速高等練習機に着目。

この機体がかっこいいとかいう話ではなく、機体のあちらこちらにペイントされた日本語がいいんです。
機体とよくマッチしていて、なんか素敵でした。

KenUは、戦闘機の機体フォルムよりも、こういうところに目が行ってしまいます。

これ何て言うんですか?
軍事フォント? ミリタリーフォント?
英語のはありそうだけど、日本語のはあるのかなぁ?
探してみたいと思います。

*

それから、個人的に嬉しかったのが、航空祭用に展示されていたF-4ファントム。

だって、KenUの痔の手術をしてくれて、しかも直腸がんを肉眼で見つけてくれたクリニックで、通院の都度、待合室に置いてあるコミック『ファントム無頼』を読んでいたから(笑

この機体にも、日本語がたくさんペイントされています。

このフォントもいいよね。

 

本題は以上で、あとは航空祭の様子になります。

翌年以降に航空祭に行ってみたいと考えている方にはネタバレになるので、以下閲覧にはご注意ください。

*

7時20分ごろ、いくつかある入場口のうち、ゲート7からの入場待ち。
既に長蛇の列が・・・
ここには、要予約マイカー来場者用駐車場からのシャトルバス利用者が集まります。

でも、この待ちは、意外に飽きなかったんです。
というのは、F-2がソニックブームの爆音を立てながらオープニング飛行前のテスト飛行を繰り返していたので。

このときの飛行音は、本番では味わえない迫力がありました。

*

8時10分過ぎ、基地への入場が始まると、その前に手荷物検査が行われます。

縦横高さの合計が1mを超えるもの(広げた状態含め)は、持ち込み制限がありますという事前案内がありましたが、1mを超える折りたたみチェアーでもパスしていましたね。

入場までのもろもろに対して色々と文句を言っている人も多々見受けられましたが、KenUはそんな人達に対して、内心は「テーマパークと勘違いするなよ」と思いました。
だって、機密情報いっぱいの軍事施設を無料で公開してもらう訳なんだから、基地に入れるだけ感謝しないといけないと思います。

*

入場前の格納庫裏側の駐機場、基地内に入場したら見られないシーン。

オープニング飛行前、エンジン始動しスタンバってるF-2、エンジン熱で空気が揺らいでいます。

後部席パイロットが、こちらを見て手を振ってくれています。

*

ゲート7からの入場後、そこから一番近かった格納庫内での航空機展示です。

F-2のコックピットを一目見ようという人の列。
でも、コックピットは機密事項のため写真撮影禁止です。

その他に今回は、宮城県で現在話題の石巻市の梱包会社がダンボールで作ったランボルギーニ、通称ダンボルギーニも特別展示。

*

屋外では、ブルーインパルスの曲芸飛行の前に、ブルーインパルスJrによる編隊飛行の演技。
一部分を3分の動画にまとめてみました。
走ってるように見えますが、これは超低空飛行で飛んでいます。

ナレーションのお姉さんがとってもいいです。上から目線ですみませんっ!

*

その後には、ブルーインパルスの曲芸飛行から始まって、お昼までその他航空機による飛行展示が続きます。

ばっちり決まったフォーシップインバートから散開するブルーインパルス。

観客も興奮!

でたぁ~。お約束のバーティカルキューピッド!!

UH-60Jによる救難展示飛行。

ブルーインパルスT-4とUH-60J

などなど、ほんの一部分だけ紹介させてもらいました。

*

野外売店が並ぶ通路には・・・たくさんの人。

大晦日のアメ横、正月の浅草寺仲見世なみです。

*

快晴で気温も高く、日差しを避けようと、格納庫にたくさんの人が格納されていました(笑

*

地対空誘導ミサイルの展示も。

*

以上、宮城県PRでした。

いやいや、そうじゃなくて・・・

この記事を書きながら、実はKenUは感慨深くなりました。

というのは、航空祭に来てみて、自衛官のみなさんは航空祭で曲芸飛行や様々の演技を見せるために練習している訳ではなくて、日本国民を守るために、厳しい訓練を重ね、技術を磨き、その結果として習得した高い技術があって、このようなパフォーマンスが可能なんだなぁ、ということが良く伝わったからです。

そして、これほど訓練に励んでいるのだから国を守る自信があるし、国民のみなさんに安心して暮らして貰いたいという、自衛隊のアピールなんだと思います。
基地内で見かけた自衛官のみなさんは、本当に規律正しく・礼儀正しく、誇りに思いましたし、数々の素晴らしい展示を観させていただき、有難うございました。

航空自衛隊松島基地の皆様に改めて感謝申し上げます。

余談ですが、F-4ファントムと一緒にMT-09の写真を撮りたいなぁ~(笑

カテゴリー:デザイン, 写真, 未分類

クシタニCBM in 道の駅 路田里はなやま

7月15日 土曜日の今日は、「2017 KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING ・クシタニコーヒーブレイクミーティング(←参照リンク)」に行ってみました。

道の駅 路田里はなやま案内標識

「路田里」は、「ロータリー」と読むのね(笑

場所は、宮城県のここ↓です(クリックすると別タブで拡大表示できます)。

栗駒山麓ジオパーク ジオサイトマップ

*

開始がAM7:00だったので、ちょっと寄り道してきて、ほぼ7:00に到着。
KenUが一番乗りで、後から他にライダーが2人来ました。

クシタニCBMテントとMT-09

MT-09でクシタニコーヒーブレイクミーティング

ブースは4つあり、奥から・・・
バイク盗難保険・ロードサービスのズットライド(ZuttoRide)さん(←HPリンク)、
レザージャケットなどバイク用品のクシタニ(KUSHITANI)さん(←HPリンク)、
インカムなどモーターサイクル用ワイヤレス通信機の有限会社トーヨー産業(toyo sangyo)さん(←HPリンク)、
モーターサイクルのロイヤルエンフィールド(Royal Enfield)さん(←HPリンク)。

KenUのMT-09の他に写っているバイクは、ロイヤルエンフィールドの展示車です。

*

で、何をするという訳でもなく、コーヒーを1杯ごちそうになり、気温が上昇して暑くなる前に、さっさと帰宅しました。
とはいえ、途中の久しぶりに走るワインディングロードは気持ち良かったなぁ^^

KISHIUTANI Coffee Break MEETING

KUSHITANI CAFE

*

それから、CBMは毎年開催しているとのことで、スタンプカードをいただいたのと、カメラのクッション用にタンクバッグの中にタオルを敷いているので、それ用にクシタニのミニタオルをお土産で購入しました。

KUSHITANI CBM STAMP CARD

クシタニCBMブース

*

さて、人工肛門保有者(オストメイト)のKenUがツーリング時にいつも心配になる御手洗いは、というと・・・

道の駅 路田里はなやまのトイレ

路田里はなやまのオストメイトトイレ

オストメイト対応トイレの表示がありました。
朝食を摂らずに自宅を出発したから排便もなく、使用せずに済んだので中を覗いてないけど。

*

最後に・・・

CBMに来る前に寄り道したところというのは、牛渕公園(うしぶちこうえん)です。

アジサイ(紫陽花)が咲いていたので、カシャッ!

牛渕公園の紫陽花とMT-09

ボタン科ボタン属シャクヤクの時期は6月上旬だったのか

さて、5月の花札はあやめ、6月の花札は牡丹(ボタン)です。
そして何度も書いていますが、KenUの今年の目標は、「花札とMT-09」をテーマに写真を撮ることです。

そんな中、牡丹は見付けられませんでしたが、同じボタン科・ ボタン属(Paeonia )の芍薬(シャクヤク)が咲く場所を見付けました。
ということで、芍薬を背景にしてバイク(MT-09)のある風景写真撮影ができるかどうか下見してきました。
今日は真夏日の予報なので、行くなら早朝の涼しい時間しかないと思い、頑張って5時起きして出発!

結論から先に言うと、シャクヤクの開花は6月上旬ということで、今年の目標は ” 不達成 ” 決定!! ” です(笑
でも、宮城県バイクツーリングスポット紹介ブログということで記事にします。

*

シャクヤクの前に・・・

以前書いた記事とは別の、アヤメ科・アヤメ属(Iris)のハナショウブ(花菖蒲)が咲いているところも見付けたので、まずはそちらの下見から。

宮城県登米市南方町にある「みなみかた花菖蒲の郷公園」へ。

MT-09みなみかた花菖蒲の郷公園駐車場にて

階段を上り、向こう側の階段を下りた先がハナショウブ園になっているので、バイクの乗り入れは不可能です。
しかも、ハナショウブの見ごろも過ぎていました。

7月のみなみかた花菖蒲の郷公園内

みなみかた花菖蒲の郷公園案内図

こんなことを言うのも何ですが・・・

花だけが目的ならば、以前記事にした栗原市の山王史跡公園あやめ園のほうが勉強になると思いました。
というのは、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、栽培種・品種違いの立て札があって、分かりやすかったから。
観光の配慮がなされているんですね。

「花菖蒲の郷公園」を駄目出しするようで申し訳ありません。
管理コストがかかるから運営・維持していくのが難しいというのはよーく分かっていますよ。
でも、定年退職などを理由にリタイアしたボランティアを募ったりして、地域活性化の原動力にする方法などもあるのでは?
金銭的な報酬はなくても、心の報酬や地域発展の志で動いてくれる人もいると思うんだよね。

立て看板が倒れている姿は、何ともすたれた感が満載で、来てみてちょっとがっかりします。

上記は、KenUからの登米市に対するエールです。

ちなみに、駐車場にトイレがありますが、鍵がかかっていて使用できませんでした。
オストメイトのKenUとしては、まさか!!でした。

*

はいっ!じゃあ、つぎ行きますか。

宮城県加美郡色麻町の愛宕山公園(あたごやまこうえん)。

愛宕山公園から望む栗駒山とMT-09

奥に見える山が栗駒山(くりこまやま)、
塔のような建物が農業伝習館、
その前方の緑がシャクヤク、
MT-09の後方に見える紫色の部分がラベンダー、
です。

シャクヤクの葉っぱの後ろに見えるのは、船形山(ふながたやま)。

見ごろが過ぎた愛宕山公園の芍薬

ラベンダーの周りには、ブンブン音をたてるクマバチ(熊蜂)がたくさん。

この公園には、パークゴルフ場もあります。(利用可能時間 9:00~16:30)

愛宕山公園内パークゴルフ場

綺麗に手入れされたサッカーグラウンドもあります。

愛宕山公園内サッカーグラウンド

ちなみに、グランド横のトイレは、鍵がかかっていて使用できませんでした。
でも、他に仮設トイレがあるので大丈夫です。

はいっ、愛宕山公園は全体的に綺麗に整備されていて、気持ち良かったです。

*

それで・・・

農業伝習館の前の駐車場までバイクで入っていけるので、開花時期にさえあたれば「芍薬とMT-09」の写真は撮影できそうです。

農業伝習館正面駐車場のMT-09

来年、再度来たいと思います。

どんな写真が撮れるか楽しみだなぁ~。

************** 関連記事 **************

いきなり大型バイク購入。MT-09納車されました。

宮城県のツーリングスポットと言えば、ここに行かずして・・・

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

野生の藤の花みいつけた!田舎はいいねぇ~

5月の花札はアヤメじゃなくてカキツバタ(燕子花、杜若)

ギックリ腰でもMT-09で鳴子温泉鬼首すすき野原へ

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

5月の花札はアヤメじゃなくてカキツバタ(燕子花、杜若)

先週、「アヤメ、燕子花、花菖蒲の見分けがつくようになった。」という記事で、今年の目標である「花札とMT-09」テーマの写真撮りは頓挫したと書きました。

宮城県内の野生のアヤメの群生地を見付けることができず、あやめ園など栽培場ではバイクを寄せることができないからです。

*

一転して、タイトルについてですが・・・

花札(※1)に描かれているアヤメは、尾形光琳(※2)の『八橋図屏風(やつはしずびょうぶ)』の燕子花(カキツバタ)なんだそうです。

『八橋図屏風』は現在、メトロポリタン美術館に所蔵されています。

THEMETホームページIrises at Yatsuhashi (Eight Bridges)←(参照リンク)

※1:江戸時代中期に現在使用している花札ができたと言われています。出典:任天堂より。
※2:尾形 光琳(おがた こうりん、万治元年(1658年) – 享保元年6月2日(1716年7月20日))は、江戸時代の画家、工芸家

*

ということで、これまでアヤメとMT-09を並べての写真撮影を考えていましたが、本当は燕子花と並べなければいけない訳です。

でも、文目(あやめ)も、花菖蒲(はなしょうぶ)も、燕子花(かきつばた)も、どれも同じアヤメ科アヤメ属(Iris:アイリス)なので、写真撮影はどれでもよいことにします(笑。

同じ理由で、5月の花札を「あやめ」と呼んでも問題ないことにします。

一方で、葉の形がよく似たアヤメグサというのがありますが、端午の節句の「菖蒲湯」の「しょうぶ」のことで、ショウブ科ショウブ属(Acorus:アコラス)なので、アヤメ科とは別の植物です。

*

それで、なんだかんだ言って、じゃあ宮城県では7月上旬までがアヤメ科の時期だよね?ということで、もう少し、まだ諦めずに悪あがきをしています(笑。

あきらめの悪いKenUです。

化女沼にあやめが咲いていると職場の人から聞き、ツイッターで確認して、昨日6/24に行ってきました。

宮城県大崎市 化女沼古代の里(けじょぬまこだいのさと)の「あやめ園」と「末広あやめ橋」

化女沼古代の里あやめ園と末広あやめ橋

わはは!! オートバイ乗り入れ禁止です。

仕方がないので、きちんと駐車場に駐輪して徒歩で散策することに・・・

古代の里ハナショウブとMT-09

わかります? 上写真の右上隅にボヤボヤっとMT-09が写ってるのが。

拡大すると・・・

とりあえず、5月の花札は目標達成!?

化女沼古代の里のあやめ園のハナショウブ

ちなみに、ここは「あやめ園」と呼ばれていますが、栽培されているのは、全てハナショウブです。

実は、ハナショウブ(花菖蒲)というのは園芸品種(交配、選抜などをして人為的に作った植物)で、その原種(野生種)がノハナショウブ(野花菖蒲)なんだそうです。

今回の目標のおかげで、色々もの知りになりました:)

ハナショウブの手入れをする人

ハナショウブの手入れをするおじさんともお話ししました。

色々なところにバイクで写真を撮りにいくと、かなりの高確率で人から話しかけられますね。

************** 関連記事 **************

いきなり大型バイク購入。MT-09納車されました。

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

野生の藤の花みいつけた!田舎はいいねぇ~

アヤメ、燕子花、花菖蒲の見分けがつくようになった。

ボタン科ボタン属シャクヤクの時期は6月上旬だったのか

ギックリ腰でもMT-09で鳴子温泉鬼首すすき野原へ

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真