アーカイブ

Archive for the ‘写真’ Category

クシタニCBM in 道の駅 路田里はなやま

7月15日 土曜日の今日は、「2017 KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING ・クシタニコーヒーブレイクミーティング(←参照リンク)」に行ってみました。

道の駅 路田里はなやま案内標識

「路田里」は、「ロータリー」と読むのね(笑

場所は、宮城県のここ↓です(クリックすると別タブで拡大表示できます)。

栗駒山麓ジオパーク ジオサイトマップ

*

開始がAM7:00だったので、ちょっと寄り道してきて、ほぼ7:00に到着。
KenUが一番乗りで、後から他にライダーが2人来ました。

クシタニCBMテントとMT-09

MT-09でクシタニコーヒーブレイクミーティング

ブースは4つあり、奥から・・・
バイク盗難保険・ロードサービスのズットライド(ZuttoRide)さん(←HPリンク)、
レザージャケットなどバイク用品のクシタニ(KUSHITANI)さん(←HPリンク)、
インカムなどモーターサイクル用ワイヤレス通信機の有限会社トーヨー産業(toyo sangyo)さん(←HPリンク)、
モーターサイクルのロイヤルエンフィールド(Royal Enfield)さん(←HPリンク)。

KenUのMT-09の他に写っているバイクは、ロイヤルエンフィールドの展示車です。

*

で、何をするという訳でもなく、コーヒーを1杯ごちそうになり、気温が上昇して暑くなる前に、さっさと帰宅しました。
とはいえ、途中の久しぶりに走るワインディングロードは気持ち良かったなぁ^^

KISHIUTANI Coffee Break MEETING

KUSHITANI CAFE

*

それから、CBMは毎年開催しているとのことで、スタンプカードをいただいたのと、カメラのクッション用にタンクバッグの中にタオルを敷いているので、それ用にクシタニのミニタオルをお土産で購入しました。

KUSHITANI CBM STAMP CARD

クシタニCBMブース

*

さて、人工肛門保有者(オストメイト)のKenUがツーリング時にいつも心配になる御手洗いは、というと・・・

道の駅 路田里はなやまのトイレ

路田里はなやまのオストメイトトイレ

オストメイト対応トイレの表示がありました。
朝食を摂らずに自宅を出発したから排便もなく、使用せずに済んだので中を覗いてないけど。

*

最後に・・・

CBMに来る前に寄り道したところというのは、牛渕公園(うしぶちこうえん)です。

アジサイ(紫陽花)が咲いていたので、カシャッ!

牛渕公園の紫陽花とMT-09

ボタン科ボタン属シャクヤクの時期は6月上旬だったのか

さて、5月の花札はあやめ、6月の花札は牡丹(ボタン)です。
そして何度も書いていますが、KenUの今年の目標は、「花札とMT-09」をテーマに写真を撮ることです。

そんな中、牡丹は見付けられませんでしたが、同じボタン科・ ボタン属(Paeonia )の芍薬(シャクヤク)が咲く場所を見付けました。
ということで、芍薬を背景にしてバイク(MT-09)のある風景写真撮影ができるかどうか下見してきました。
今日は真夏日の予報なので、行くなら早朝の涼しい時間しかないと思い、頑張って5時起きして出発!

結論から先に言うと、シャクヤクの開花は6月上旬ということで、今年の目標は ” 不達成 ” 決定!! ” です(笑
でも、宮城県バイクツーリングスポット紹介ブログということで記事にします。

*

シャクヤクの前に・・・

以前書いた記事とは別の、アヤメ科・アヤメ属(Iris)のハナショウブ(花菖蒲)が咲いているところも見付けたので、まずはそちらの下見から。

宮城県登米市南方町にある「みなみかた花菖蒲の郷公園」へ。

MT-09みなみかた花菖蒲の郷公園駐車場にて

階段を上り、向こう側の階段を下りた先がハナショウブ園になっているので、バイクの乗り入れは不可能です。
しかも、ハナショウブの見ごろも過ぎていました。

7月のみなみかた花菖蒲の郷公園内

みなみかた花菖蒲の郷公園案内図

こんなことを言うのも何ですが・・・

花だけが目的ならば、以前記事にした栗原市の山王史跡公園あやめ園のほうが勉強になると思いました。
というのは、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、栽培種・品種違いの立て札があって、分かりやすかったから。
観光の配慮がなされているんですね。

「花菖蒲の郷公園」を駄目出しするようで申し訳ありません。
管理コストがかかるから運営・維持していくのが難しいというのはよーく分かっていますよ。
でも、定年退職などを理由にリタイアしたボランティアを募ったりして、地域活性化の原動力にする方法などもあるのでは?
金銭的な報酬はなくても、心の報酬や地域発展の志で動いてくれる人もいると思うんだよね。

立て看板が倒れている姿は、何ともすたれた感が満載で、来てみてちょっとがっかりします。

上記は、KenUからの登米市に対するエールです。

ちなみに、駐車場にトイレがありますが、鍵がかかっていて使用できませんでした。
オストメイトのKenUとしては、まさか!!でした。

*

はいっ!じゃあ、つぎ行きますか。

宮城県加美郡色麻町の愛宕山公園(あたごやまこうえん)。

愛宕山公園から望む栗駒山とMT-09

奥に見える山が栗駒山(くりこまやま)、
塔のような建物が農業伝習館、
その前方の緑がシャクヤク、
MT-09の後方に見える紫色の部分がラベンダー、
です。

シャクヤクの葉っぱの後ろに見えるのは、船形山(ふながたやま)。

見ごろが過ぎた愛宕山公園の芍薬

ラベンダーの周りには、ブンブン音をたてるクマバチ(熊蜂)がたくさん。

この公園には、パークゴルフ場もあります。(利用可能時間 9:00~16:30)

愛宕山公園内パークゴルフ場

綺麗に手入れされたサッカーグラウンドもあります。

愛宕山公園内サッカーグラウンド

ちなみに、グランド横のトイレは、鍵がかかっていて使用できませんでした。
でも、他に仮設トイレがあるので大丈夫です。

はいっ、愛宕山公園は全体的に綺麗に整備されていて、気持ち良かったです。

*

それで・・・

農業伝習館の前の駐車場までバイクで入っていけるので、開花時期にさえあたれば「芍薬とMT-09」の写真は撮影できそうです。

農業伝習館正面駐車場のMT-09

来年、再度来たいと思います。

どんな写真が撮れるか楽しみだなぁ~。

************** 関連記事 **************

宮城県のツーリングスポットと言えば、ここに行かずして・・・

アヤメ、燕子花、花菖蒲の見分けがつくようになった。

5月の花札はアヤメじゃなくてカキツバタ(燕子花、杜若)

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

5月の花札はアヤメじゃなくてカキツバタ(燕子花、杜若)

先週、「アヤメ、燕子花、花菖蒲の見分けがつくようになった。」という記事で、今年の目標である「花札とMT-09」テーマの写真撮りは頓挫したと書きました。

宮城県内の野生のアヤメの群生地を見付けることができず、あやめ園など栽培場ではバイクを寄せることができないからです。

*

一転して、タイトルについてですが・・・

花札(※1)に描かれているアヤメは、尾形光琳(※2)の『八橋図屏風(やつはしずびょうぶ)』の燕子花(カキツバタ)なんだそうです。

『八橋図屏風』は現在、メトロポリタン美術館に所蔵されています。

THEMETホームページIrises at Yatsuhashi (Eight Bridges)←(参照リンク)

※1:江戸時代中期に現在使用している花札ができたと言われています。出典:任天堂より。
※2:尾形 光琳(おがた こうりん、万治元年(1658年) – 享保元年6月2日(1716年7月20日))は、江戸時代の画家、工芸家

*

ということで、これまでアヤメとMT-09を並べての写真撮影を考えていましたが、本当は燕子花と並べなければいけない訳です。

でも、文目(あやめ)も、花菖蒲(はなしょうぶ)も、燕子花(かきつばた)も、どれも同じアヤメ科アヤメ属(Iris:アイリス)なので、写真撮影はどれでもよいことにします(笑。

同じ理由で、5月の花札を「あやめ」と呼んでも問題ないことにします。

一方で、葉の形がよく似たアヤメグサというのがありますが、端午の節句の「菖蒲湯」の「しょうぶ」のことで、ショウブ科ショウブ属(Acorus:アコラス)なので、アヤメ科とは別の植物です。

*

それで、なんだかんだ言って、じゃあ宮城県では7月上旬までがアヤメ科の時期だよね?ということで、もう少し、まだ諦めずに悪あがきをしています(笑。

あきらめの悪いKenUです。

化女沼にあやめが咲いていると職場の人から聞き、ツイッターで確認して、昨日6/24に行ってきました。

宮城県大崎市 化女沼古代の里(けじょぬまこだいのさと)の「あやめ園」と「末広あやめ橋」

化女沼古代の里あやめ園と末広あやめ橋

わはは!! オートバイ乗り入れ禁止です。

仕方がないので、きちんと駐車場に駐輪して徒歩で散策することに・・・

古代の里ハナショウブとMT-09

わかります? 上写真の右上隅にボヤボヤっとMT-09が写ってるのが。

拡大すると・・・

とりあえず、5月の花札は目標達成!?

化女沼古代の里のあやめ園のハナショウブ

ちなみに、ここは「あやめ園」と呼ばれていますが、栽培されているのは、全てハナショウブです。

実は、ハナショウブ(花菖蒲)というのは園芸品種(交配、選抜などをして人為的に作った植物)で、その原種(野生種)がノハナショウブ(野花菖蒲)なんだそうです。

今回の目標のおかげで、色々もの知りになりました:)

ハナショウブの手入れをする人

ハナショウブの手入れをするおじさんともお話ししました。

色々なところにバイクで写真を撮りにいくと、かなりの高確率で人から話しかけられますね。

************** 関連記事 **************

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

野生の藤の花みいつけた!田舎はいいねぇ~

アヤメ、燕子花、花菖蒲の見分けがつくようになった。

ボタン科ボタン属シャクヤクの時期は6月上旬だったのか

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

春のいわかがみ平へバイクツーリングの下見です

はい、KenU恒例の宮城県バイクツーリングスポット・エリア紹介です。

5月3日 宮城県栗原市 栗駒高原「いわかがみ平」へ車でドライブしてきました。

え?車?(笑

本当は知人とバイクで行くつもりだったのですが、私の事前の情報収集能力の貧しさから、不安になり中止してしまいました。
それは、17:00~9:00まで閉鎖するらしいこと、標高1000mは気温が低いらしいこと、雪などの道路状況がわからないこと、雪解け水で路面が濡れている?など。

結論から先に言うと、バイクで行っても問題のない状況でしたし、バイクで来ている人もいました、ということで以下記事を書きます。

*

GWの帰省で渋滞していた国道4号線を北上しました。
正面に見えるのは、目指すところの栗駒山。

栗原市からの臨む栗駒山

ちなみに、宮城県内では、蔵王連峰(屏風岳1,825m、刈田岳1,758m、不忘山1,705m)、栗駒山1,626m、船形山1,500m、が標高ベスト5だそうです。

※車のナンバーは合成です。運転中の写真は、助手席の妻が撮影しています。

山道に入る前に、コンビニが2か所ありました。
県道17号沿いにファミリーマート、国道457号沿いにセブンイレブン。
セブンイレブンでトイレを借り、リポDを購入。
ファイト一発!で進みます。

道程には水芭蕉の散策道。
いわかがみ平 道程の水芭蕉

立山黒部アルペンルートにはおよびませんが雪の壁。

いわかがみ平 雪壁道路

いわかがみ平 道程の雪壁

標高1,113m、11:20頃に到着。

いわかがみ平 標高1113M

スキー、スノーボードを楽しむ若者、雪山登山をする人など。

駐車場は結構いっぱい。バイクは数台。マスツーなし。

栗駒山・栃ケ森山周辺森林生態系保護地域なんですね。

気候は涼しいですが、日差しが強かったので、こんな服装で寒くはなかったです。

レストハウスは、ガスボンベの設置場所がある一階が雪で埋もれていて、コンロが使えないため営業停止中。
仮設トイレが2つあります。
売店のみ営業していて、おみやげ、パン、カップめん、飲料などを販売。
売店の管理人さんが色々と話しをしてくれて、今年は雪が多いとのこと。
それから、スノーボード、登山などは自己責任でやってもらっていて、基本的には監視などしているわけではないけど、骨折する人や閉鎖時間になっても戻ってこない人などもいて、放っておけないのでいろいろと大変なんだそうです。

Mark X Zioのバックドアを開けて、ラゲッジスペースでお弁当タイム。

※車のナンバーは合成です。

食後しばらくのコーヒータイム、用足しから戻ってくると、めずらしいバイクが駐車場に・・・
そこには、バイクのある風景写真撮りをする青年。

声をかけると、KenUと同じ市内から来たとのこと。
ナンバーが映らなければOKとのことで写真を撮らせてもらいました。
イタリアのMOTO GUZZI(モトグッツィ) V7 Stone、カラーはアゲートグリーン。

Moto Guzzi V7 Stone いわかがみ平にて

帰る前に、駐車場を移動して撮影。

Mark X Zio いわかがみ平にて

山を降りていくと、温泉日帰り入浴もできる「ハイルザーム栗駒」というホテルがあり、そこで用足し。

さらに下って、行者滝(ぎょうじゃたき)に立ち寄り。
オストメイトのKenUは、何かと所々にトイレがあったので、ちょっと安心しました。

まだ、桜が咲いていました。

というわけで、ばっちり下見が出来たので、いわかがみ平へは、愛車のヤマハMT-09でいずれ訪れてみたいと思います。

地図はこちら↓ クリックすると別タブで拡大表示できます。

*

前日の5月2日は、宮城県仙台市青葉区の定義如来西方寺五重塔と大倉ダムに行っています。

定義如来 西方寺 五重塔

大倉ダム

大倉ダムの上は、宮城県道55号 定義仙台線になっているので車が通れるんです。

MT-09で仮面ライダーの世界です(笑

ただし、大型トラック一台が通行できる幅しかないので、対向車の様子を見ながら、待避所・停車場を利用して交互通行します。

MT-09と大倉ダム

大倉ダム上のMT-09

ダム湖正面には、後白髪山(うしろしらひげやま、標高1,422m)と三峰山(みつみねやま、標高1,418m)が見えます。

*

今日5月4日は、バイクに乗る気はなかったのに、「部屋の掃除をしたいから、何処かに行ってきて」と妻に言われ・・・(笑

船形山が綺麗に見える鳴瀬川の河川公園へ。

鳴瀬川と船形山とMT-09

疲れているので、のんびりとカヌー見学。

鳴瀬川でカヌーをする人

今年のGWのバイク乗りはこれで終わりかな。

黎明に 桜撮らねば 今年こそ 愛車駆る俺 薬莱目指す

タイトルを短歌風にしてみました(笑

*

さて、昨年5月初旬に「桜が咲き終わった後でも、薬莱山は宮城県の良いバイクツーリングエリアかも?」という記事を書きました。

今月、梅の写真も撮ったし、今年は絶対に桜も撮りたいのです。

今日は、午後からMark X Zioの定期点検(プロケア10)の予定が入っていたので、桜を撮りに行くなら午前中と決めていました。

そして、撮影は人も車もいない時間がチャンスなので、5時起きしてMT-09で走ってきました。

*

薬莱山の桜とYAMAHA MT-09

やくらいファミリースキー場の桜とMT-09

あ~、お天気に恵まれないぃ~。
曇り空に小雨がパラパラと。
しかも、桜も満開じゃないし。
まだ早かったぁ~。
6~7分咲きといったところです。

来週お天気が良好であれば、また行ってきます。

*

余談ですが今日4/22は、埼玉県和光市の理化学研究所(理研)の一般公開日だったそうです。
フォロワーさんのツイートで知りました。

それで、少し自分のことを明かしてみようかと思います。

30年以上前、KenUは、理系のいわゆる3流大学の学生でした。
4年生になってすぐに、行かなくなっていました。

ある日、友達から電話が・・・
「KenUなにしてんだよ。研究室も決まったんだし大学に来いよ。みんなは実験始めてるよ。」と。
行ってみると、教授から「今さら来たって・・・」、「君にやってもらう研究テーマはない・・・」との、お叱りのお言葉を頂戴しました。

そして、どうなったかというと、
大学の研究室ではなく、和光市の理研の〇〇〇〇研究室に派遣され、1年間、理研で卒論研究をすることになりました。
他の大学の学生もきていて、稀有な出会いもありました。
理研行きは、KenUの人生を変える大きな出来事のうちの一つであったと思います。
実験したりデータをまとめるのは好きで得意でしたが、馬鹿だったので、学生同士の勉強会とか、論文作成とか、発表練習などなど、いろいろと苦労しました(笑。

卒業後は、理研の先生の口利きで大阪の会社に就職しました。
そうでなければ、おそらく埼玉県内か東京都内で仕事を探していたと思います。
妻とも大阪で知り合った訳ですし、本当に理研をきっかけに人生が変わりました。
KenUを理研に派遣してくださった教授のおかげであります。

いつかまた、理研の一般公開日に訪れてみようかな。

ちなみに、KenUは絵を書くのが好きで、本当は美術系・芸術系の大学に行きたかったんです。
でも、高校生のときに自分が赤緑色弱という遺伝系の目の異常(色覚異常)があることがわかり、腐りました。
当時、赤緑色弱の人は美術系・芸術系大学には入学できなかったし、理系の大学でも学部によっては入学できない時代でした。

高校3年のときに、同じく赤緑色弱のクラスメイトがいて、自衛隊を受けたら落とされたと言っていたことも思い出されます(笑。

今は、赤緑色弱でも、どこの大学にも入学できるようですね。

*

[4/29追加]
今日では遅すぎて、桜は散って、桜吹雪になっていました。
やくらい土産センターで、根わさびを購入してきました。

妻に、わさびパスタを作ってもらいます。

やくらい土産センター 根わさび

************** 関連記事 **************

桜が咲き終わった後でも、薬莱山は宮城県の良いバイクツーリングエリアかも?

バイクで行く春の佐藤農場梅園2017

桜が咲き終わった加護坊山の千本桜はバイクツーリングには向いていない。

ストーマでも、いきなり大型自動二輪免許とりました。

いきなり大型バイク購入。納車されました。

***********************************

カテゴリー:ツーリング, バイク, 写真

MT-09乗り初めで”白鳥の湖”ならぬ”白鳥の圃場(ほじょう)”へ

チャァ~、チャララララァ~、ラ、ラァ~、ラ、ラララララァ~♪

これまで、白鳥と言えば湖沼とか水のある場所にいるもんだ、という勝手な思い込みがありました。

でも、そうではなかったんですね。

バイクの免許を取得してからは、国道以外にも、これまで走ったことがない県道や農道も走るようになり、いろいろと発見があります。

そして、2017年1月8日にMT-09の乗り初めで、以前発見して気になっていた場所に行ってきたので、もう10日も過ぎてしまいましたが、ブログを書きます。

*

こんなところに、たくさんいるじゃないですかっ!!
田んぼスワンです。

田んぼのコハクチョウ

湖沼と違って、あぜ道があるので、ゆっくりと・そっと歩いて近づけば、かなり接近することができます。

これまで何度か、ハクチョウと愛車MT-09のコラボ写真を撮ろうと思って伊豆沼まで行ってますが、なかなかいい具合に撮れていません。

でも、この圃場では、白鳥もマガンも飛び回っています。
伊豆沼より撮影地としてはグッドかもしれません。

背景には花渕山(はなぶちやま) (標高985m)が見えます。
花淵山を背景に白鳥とマガンとMT-09

鳥たちを驚かせて飛び立たせないように、県道脇からエンジンは切って、バイクを押していきました。

カメラのレンズは18-140mmズームですが、ここでは、白鳥のほうからこちらに近づいて飛んでくるので、比較的大きく撮影できます。

「白い三連星」 ガイア、オルテガ、マッシュのジェットストリームアタック(笑

白鳥の白い三連星

マガンのV字飛行。

マガンのV字飛行

バイクを停めたところは、未舗装路のこんな場所です。
後方に見えるのは薬莱山(やくらいさん)(標高 553m)。

薬莱山を背景に白鳥とMT-09

日の出直後、朝焼け時に行っても面白いかもしれません。

でも、冬で路面凍結が怖いので無理かな?

************** 関連記事 **************

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

***********************************

気温0℃の中オーバーグローブを装着して伊豆沼へGO!

さて、以前「MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!」という記事の中で、オーバーグローブUNG-209も注文していることを書きました。

そして、今日のお天気は晴れ、朝の気温は0℃だったので、オーバーグローブの防寒テストを兼ねて、MT-09を駆って伊豆沼まで白鳥の写真撮影に行ってきました。

オーバーグローブのレビューは、以前の記事の更新ですると予告していましたが、やっぱり新規の記事します。

*

KenUが現在使用している冬用グラブは、RS TAICHI(タイチ)のサージウインターグローブRST601のMサイズ。
ナップス仙台泉インター店でセール特価品を購入しました(笑

今回これに、Amazonで購入したurbanism(アーバニズム)のUNG-209 ヒートポケッテッドロングオーバーグローブ(ブラック)のMサイズを装着しました。

RST601ウインターグローブとUNG-209オーバーグローブ

←Amazonで見てみる。

←Amazonで見てみる

手の甲の内側に、ホッカイロが入れられるポケットがあります。
UNG-209オーバーグローブにホッカイロ装填

オーバーグローブの装着は、親指以外の指をはめるのが若干きついです。
でもグローブを手にはめてみると、特に問題はなかったです。
RST601にUNG-209を装着

人差し指と中指が割れているところが、コミネのではなく、この商品を選んだ理由です。

*

では、レビューです。

防寒性は・・・
ないよりは良いといった感じでしょうか。
0℃の外気温でも、指先は痛くなりませんでした。
でも、指先はやっぱり冷たくなります。
特に親指が。

ホッカイロの効果は・・・
ホッカイロある・なしで比較していないのでわかりません。
走行中はほとんど効果がないかもしれないけれど、信号待ちなど停止したときには暖かくなっているかも?

操作性は・・・
やっぱり多少は悪くなります。
全部の指を深くまで折り曲げてグリップを握るのは難しくなります。
ブレーキとクラッチを握るのは問題ないです。
両手全部の指でグリップを握ってしまうと、とっさのブレーキ・クラッチ操作ができなくなるので、両手とも2本指はレバーの上にのせて運転するのが安全だと思います。
ウインカーのボタン操作に全く問題なかったというのは、意外にも良かった点です。

*

ハンドルカバーとどっちが良いかと言われると・・・

微妙・・・

どちらが良いとも言えない。
同じ外気温でハンドルカバーを試せていないというのもあるけど、オーバーグローブはハンドルから手を放しやすいという手軽さはあるから。

次回、クラッチ側はハンドルカバー、ブレーキ側はオーバーグローブ(ホッカイロあり)にして、どちらが良いか試してみたいと思います。
もちろん氷点下のときに(笑

*

レビューは以上で、ここからはラムサール条約湿地の宮城県 伊豆沼の写真です。

実は、この場所は栗原市で観光誘致しているわりには、見栄え的に整地されていなくて、KenUとしては不満があります。
せっかく綺麗な白鳥がたくさんいて素晴らしいところなのに、枯れた雑草がたくさんあったり、枯れ枝も見栄えが悪くて、「バイクのある風景」写真にはイマイチなロケーションだと思います。

でも、いろいろ思考を巡らせて、粘って写真を撮ってきました。

(9:15)バイクのカタログ風を狙いました。
伊豆沼の白鳥とMT-09
ほんと、自分で枯れた雑草を刈りたかったなぁ~。

白鳥が水上を走ります。 かわいい(笑

水上を走る白鳥

また、「冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!」という記事で、栗駒山の写真を掲載しましたが、ここ伊豆沼からも栗駒山を臨むことができます。そして、5羽の白鳥飛来!
伊豆沼から臨む栗駒山と白鳥

*

(10:01)こちらは、マガンです。
伊豆沼のマガンとMT-09

千葉県から来たという人から、ハクガンとシジュウカラガンはいませんか?と声を掛けられました。

伊豆沼・内沼にようこそ お願い看板

たぶん、マガンだけだと思います。↑クリックすると拡大表示できます。

みなさん、生態系に影響を及ぼさないように、マナーを守りましょう!!

ほんとここでは、これっ!といった写真がなかなか撮れません。
悔しいので、満足のいく写真が撮れるまで、もう何度か行きたいと思います。

*

[2016/12/03追加]
もう一回行ってきました。
今日は気温が8℃だったので、ホッカイロなしオーバーグローブで全く手は冷たくなりませんでした。

で、やっぱり生き物の写真は難しいです。
KenUが使用しているレンズは、28-140mmズームで、望遠レンズではないので。
そして、渡り鳥の写真撮影は朝夕が勝負らしいのですが、ヒーターを付けて待てる車ならまだしも、バイクではさすがにその時間帯は勘弁です。

flying swan and YAMAHA MT-09

写真はトリミングしました。 もうこれ以上無理。 伊豆沼はおしまい!のつもり。

************** 関連記事 **************

バイク乗り必見?冬でも革ジャンが着られる寒くならない裏技!!

MT-09に防寒ハンドルカバー装着。安全性に問題あり!!

冬場の山中ヒトツーはとっても不安!!

AK-021 ハンドルカバー vs UNG-209 オーバーグローブ

***********************************