Archive

Archive for the ‘自動車’ Category

1989年当時の初代NISSAN 180SXと妻

たまにはハウツーとかお役立ちとは、まったく関係のない記事を書きます。

KenUが昔乗っていたスポーティーカーのお話しです。

*

先日、なんとなくCDの棚を眺めていて・・・

懐かしい音楽CDを見付けてしまいました。

ニッサン180SX(ワンエイティーエスエックス)のTV CMイメージソングが収録されている『SOUND SPECIAL NISSAN 180SX』。

車を購入したときにもらったものです。

NISSAN 180SX SOUND SPECIAL CD

曲名は、『YOU KEEP ME HANGING ON』

YOU KEEP ME HANGING ON 180SX TV CM image song

Set me free~♪ Why don’t you babe?~♪

NISSAN 180SX SOUND SPECIAL CD lyric sheet

*

懐かしさついでに、写真のアルバムを引っ張り出してきて、自分の180SXの写真を探してみたけど、少ししか見つからなかった。

当時は、フィルムカメラの時代で、今のようにデジタルカメラでいつでも手軽にがんがん撮れるというわけではなかったから。

とりあえず、スキャナーで読み込んでアップしました。

KenU180SXリアサイド

KenU180SXフロントサイド

これは、一目惚れして、販売開始すぐに新車で購入しました。

オプションのガラスサンルーフ付きで、諸経費込みで260万円くらいだったような記憶が・・・

写真をよく見ると、シートカバー代わりに、エプロンをかけていたんですね。
リアには、犬のティッシュボックスカバーかな?

当時、大阪に住んでいたので、大阪ナンバーです。

いっしょに映っているのは、Dr.スランプ アラレちゃんではなく、妻です(笑
一目惚れではありませんでしたが、現在の妻と同じ人です。

六甲山と比叡山にドライブに行くのが好きでした。
京都のお寺めぐりも。

180SXは、今まで乗った中で、一番思い出深く、一番楽しかった車です。
ターボの「ヒュイ~ン」という音。
コーナリング時のヒールアンドトゥーで「ウォ~ン」と唸る音。
MAX180Kmのスピードメーターも楽に振り切れ。(※ポルシェには簡単に抜かれたけど)
燃料はハイオクで、実質燃費は約8Km/リッター。(※これまでで、最低)
宮城県に引っ越してからは、冬の雪道では、FR車なのでまっすぐ走れず、お尻フリフリしながらドリフト走行通勤の毎日。もちろん、スタッドレスタイヤ履いてましたけど。
会社の上司からは、運転が危険だと、注意を受けたり(笑
今思うと、危険でした。

*

最近、「スポーツカーブーム再燃の兆し」とか言われているようですが、KenU的には「180SXで十分遊んだからもういいかなぁ~」という感じです。
今は、大型バイク(MT-09)でブリッピングシフトダウン(車で言うヒールアンドトゥ)の練習が楽しいし。
”ブゥォーン、ウ~ン”って唸らせて。

*

はいっ、以上、特にオチもなく、昔の車と妻の紹介でした(笑

************** 関連記事 **************

ストーマでも、いきなり大型自動二輪免許とりました。

いきなり大型バイク購入。納車されました。

***********************************

カテゴリー:自動車, 音楽

スマートキー電池切れた。少し改良してほしいかも・・・

先日、我が愛車のTOYOTA Mark X Zio のエンジンをかけようとしたら、”キーがありません”とのメッセージが・・・

新車購入からおよそ1年半、どうやらスマートキー(※スマートエントリーキーとも言う。日産はインテリジェントキー)の内臓電池が消耗したようです。

幸い交換用の電池の買い置きがあったので自力ですぐに交換しましたが、「交換ちょっと難しいかも。」って思いました。

電池交換の方法とか、電池切れでのエンジン始動方法などは、わざわざ僕が説明しなくても沢山の人の書き込みや動画がネット上に溢れていますが、自動車メーカーさんに改良して欲しいなーと思ったので説明したいと思います。

*

その前にKenUが個人的に感じたことを列挙してみると、

・電池寿命が短すぎるかも。
・電池交換専用の蓋がないから、本体をこじ開ける時に壊しちゃわないか不安。
・電子基盤の接点に触れちゃうんだけど・・・大丈夫なのかなぁ~?
・電池がとれない。う~、かたい、はずれないっ!
・電池(CR1632)を置いているコンビニ、ホームセンター、家電量販店が少ない。
「家電製品の電磁波により、電子キーが誤作動したり、常時通信状態となり電池が著しく消耗する場合があります。TV、パソコン、電磁調理器、携帯電話などからは1m以上はなして保管ください。 」ってホームページに書いてあるんだけど、普通は携帯電話とかPCとかと一緒にカバンに入れて持ち歩きますよね?

と思いました。

*

ということで、スマートキーの電池交換のやり方と電池が切れたときのエンジン始動方法を説明したいと思います。

------------------------

Mark X Zio のスマートキー

電池交換用の蓋やネジなどは無いので、本体を分解します。

まず、メカニカルキーを引抜きます。

←ボタンを押しながら引っ張る

次に、メカニカルキーを刺しこめる窪みがあるので、そこにキーを突っ込んで”グリッ”と回すようにして本体をこじ開けます。
へたをすると窪みのひっかかりを潰してしまうかも? 要注意です。

←無理やり”バキッ”と本体境目を割る

指で”パカッ”と開きます。

←牡蠣の殻を開くようです:-D

←電池は見えません^^;

電子基盤を指でそーっと引き剥がして、裏向きにすると・・・電池がはまっています。

←爪が硬いんです。壊しそうです。

電池を押えている爪が4つありますが、上の写真の丸で囲った爪を矢印のほうに引っ張って電池をはずしました。

硬い。うわー、無理。とれない^^;

それでも頑張って自分の爪を引っ掛けてひっぱり電池押さえ爪を1つずつはずします。

←深爪の人や柔らかい爪の人には難しいかも。電子基盤にも触れちゃいます^^;

←やっと取れたぁ~^^

*

その後、ゲストさんにコメントを頂き簡単な外し方が分かりました。
2.3mm幅のマイナス精密ドライバーを刺すところがありますので、そこに差込んで上方向にクイッと持ち上げると簡単に外れます。その時に電池がポーンと飛び出しますから気をつけて下さい。
←差込んで上に持ち上げます。

*

さて、せっかく電池をはずしたので、電池を入れる前(電源喪失状態)のスマートキーでエンジン始動をやってみます。

メカニカルキーを運転席ドアに差込んで左に回してドアロックを解除して、ドアを開けて乗り込みます。

ブレーキを踏んでもエンジン始動ボタンのランプは消えたままで何も起きません。

←ブレーキを踏みながらボタンを押してもエンジンは始動しない。

スマートキーのトヨタマークをくっつけるようにエンジン始動ボタンにかざします・・・

何も起きません(笑

ブレーキを踏みながらスマートキーをエンジン始動ボタンにしばらくかざすと、”ピーッ”という音とともにエンジン始動ボタンのイモビライザー解除インジケーターランプが点灯し、エンジンが始動できるようになります。

←ランプは数秒で消灯してしまうので、ランプ点灯中にすぐにボタンを押してエンジンを始動させる必要がある。

*

では、スマートキーに電池を入れましょう。

下の写真の矢印の方向にCR1632ボタン電池をスライドさせて奥の2つの爪に引っ掛けてから、手前の爪にも引っ掛かるように下に押し込みます。

あとは、電子基盤を本体ケースにもどして、本体ケースを指で”パチンッ”と閉じておしまいっ!

この電池(CR1632)、コンビニで売ってませんでした。
今度の買い置き用は、送料290円だったのでネットで3個購入しました。
 ←Made in Indonesiaでしたが問題なし。

*

ということで、スマートキーって電池があるうちは便利なんだけど、電池が切れたらユーザーに優しくないのね(笑。

ディーラーにもっていったら電池交換してくれるらしいです。
緊急時に電池切れたらあわててしまって戸惑ったりして、うまくエンジンがかけられなかったりしないかな~?

3・11大震災のときに、スマートキーの電池消耗が原因で脱出が遅れて命を失った人がいなかったことを祈りたいと思います。

************** 関連記事 **************

自分でG-SHOCK DWX-100のパッキン(Oリング)交換と電池交換をしてみた。

***********************************

カテゴリー:自動車

車の酸っぱい臭いがなくなった。原因これだったのかな? 2011年7月

冬場の暖房では匂わなかったんだけど、

冷房になってから車のエアコンから酸っぱい臭いがしてたんです。
いわゆる酢酸臭です。

2009年11月に購入の新車なのになぜ?
消臭・芳香剤(ジェル状、ゲル状)を入れていたんだけどなくなりそうだからかなぁ・・・
などと思っていて、

そして先月、消臭効果を高めようと思って新しい消臭・芳香剤2つに交換しました。
そしたら、消臭されるどころか、さらに酸っぱさア~ップ!(笑)

え~、何でだ、何でだぁ~何かおかしい・・・

あ、もしかして・・・
うちのクルマのエアコン、プラズマクラスターなのね。
だから、芳香成分を分解して、酢酸とかの酸っぱい成分に分解されちゃってる?
ゲル状の製品のポリアクリル酸のせいかな?
おそらくこれが原因で間違いない。
なのでポリアクリル酸系のゲルを使用していない液体系の芳香剤なら酸っぱくならないでしょう。

ということで、とりあえずゲル状の消臭・芳香剤をクルマから取り除いたらにおいが消えました。

でも、クルマの新車独特のダッシュボードとか内装樹脂の独特のにおいがするように・・・。
まあ、酸っぱいのよりはマシかな^^

ちなみに車はこれ(参照リンク)→ Mark X Zio (マークエックス ジオ)納車!

臭いが消えてしばらくしてから、液状の芳香剤を置いても酸っぱい臭いは出ませんでした。

*

それから、酸っぱい臭いの原因をネットで調べると、酸っぱいにおいはカビが原因などと書かれていますが、これウソです。
だって、酢酸を産生する菌はバクテリア(細菌)であって、カビ(糸状菌、真菌)はいませんから。
カビが原因だったら、酸っぱい臭いではなく、いわゆるカビ臭とか雑巾みたいな臭いとかですし。

カテゴリー:自動車

Mark X Zio フロントエンブレム交換

マークエックスジオのフロントエックスマークエンブレムは不評なようで、取り外して交換するユーザーが沢山います

三つ目が通る、出べそのバッテン、不正解のペケ、エックスメンとかを連想してしまうのは私だけでしょうか?^^

ということで、トヨタマーク(Tマーク)のエンブレムに交換してみました。

Gragio&Co. Heat Blue ” TOYOTA ” Emblem on Mark X Zio

マークXジオ フロントトヨタマーク

my Zioは特別仕様車のブラックパールリミテッドで、エンブレムもグリルも銀色に光っていないのでイマイチ高級感が足りない気がしてましたが、クロムのTマークに変えたおかげでだいぶ印象が変わりました。ベリーグッドです。

交換作業では、とにかくバッテンマークを外すのが大変でした。

寒い季節ではエンブレムの粘着剤が硬くなって剥がしにくくなるので、暖かい季節に作業することをお勧めします。

ヘアードライヤーで暖めながらという手もあるようですが、プラスチック製のエンブレムが熱で溶けて歪む心配をしたのと、ボディー塗装への影響が分からなかったので止めました。

どうやって剥がしたかというと、、、

最初は釣り糸を下に潜らせて左右にギコギコ引っ張ってこするようにして剥がそうとしたけど、とてもじゃないけどやってられませんでした。

それで、テレフォンカード(注*1)をエンブレムの脇からガシガシと何度も何度も差し込んで剥がしました。
(*1:薄いプラスチック製のカード、パッキーカードとかポイントカードとかでも可)

その際には、ボディーに傷が付かないように、エンブレムの周囲にビニールテープを貼って保護して置くことをお忘れなく。
エンブレムの下は、多少傷つくことを覚悟しておいたほうが良いと思います。

剥離後にボディーに残った粘着剤は、梱包用粘着テープを使ってピッキングという方法で剥がしました。

瞬間的に上下にペチペチ貼ったり剥がしたりする方法なんだけど、わかるかなぁ?
親指の腹で粘着テープを素早く押し当てた瞬間にそのまま真っ直ぐ上に引き剥がすんです。
綺麗に剥がすのに3時間くらいかかりました。

このサイトが参考になるかと・・・。→ ”エンブレムチューン

剥がしたXマークエンブレム(サイズ;横150mm×縦103mm)の裏側はこんなふうになっています。

上写真左のように面ではないフィン形状になっていて、凹曲面形状になっているのと、両脇にピンがでています。

上写真右はオレンジ色のインチ定規を橋かけて見たものですが、中央部分が周囲よりも3mm程度へこんでいるのがお分かりでしょうか。

さて、今回交換したエンブレムは、グラージオヒートブルーエンブレム フロント用 W150 車種:マークXジオ GGA10 ヒートブルー/クローム
を PIRELLI WORLD ピレリワールド楽天店 から 本体8000(円)+送料 840(円)-ポイント利用 -279(円)=合計8561(円)で購入。

http://www.grazio-co.com/heat_blue/heat_blue.html ←グラージオのHPからもその他のタイプのZio用エンブレム購入できます。

これを購入した訳は、
エンブレムの下はグラスシーラントが施されていないであろうことと、
エンブレム貼付部ボディーに細かい傷がつくであろうこと、
を予想していたので、それが隠れるエンブレムを購入したわけです。

レビューですが、実は、価格の割に気に入らないところがあります。

Tマークエンブレムの下にヒートブルー印刷されたペラペラなプラスティックフィルム(塩ビ板?)が両面テープで貼ってあり、その下全面に両面テープが貼ってあるだけの構成になっている。

グラージオがZio用と称して販売しているものは、合っているのは外形サイズだけで、純正Xマークエンブレム貼付面が凹曲面になっているのに対して、平面だ。

だからフロントボンネットのエンブレム貼付部の凸曲面に貼ると、エンブレム周囲がわずかに浮き上がって隙間が出来てしまう。

また、両面テープに日東電工製のNo.500両面テープが使用されているのも気に入らない。
なぜなら、純正のエンブレムには日東電工製のNo.541両面テープが使用されているからだ。

日東電工 強力両面テープ No.541 幅10mm×10M ニトムズ
 ←Amazonで見てみる(画像をクリック)

No.500の粘着力は問題無いが、不織布基材でテープ厚みが薄くて凹凸に馴染みにくい。

それに対してNo.541は発泡ブチルゴム基材で十分なテープ厚みやクッション性があるので、エンブレム全面にではなく外径から内側20mm程度の範囲に貼付すれば、隙間なくボディーに貼付できるはずだ。

念のため中央部分にはNo.500を貼っておくのも良いかも知れない。

それから、両面テープとエンブレムの間に気泡があちこちに沢山入り込んでいた。
そのままだと、ボディーとの密着性に問題がでると考えられたので、針を刺して気泡抜きをする必要があったことも不満点だ。

Tマークエンブレムだけを購入して、ヒートブルー板は自作(スッテカー作成シート http://www.quick-art.com/item_paper_suv.html とかで)して、
ホームセンターでNo.541両面テープと塩ビ板を買ってきて、エンブレムを作ったほうが良かったかも?

どうかわかりませんが、、、^^

ステッカー作成シート ホワイト A4サイズ

ステッカー作成シート ホワイト A4サイズ
価格:1,470円(税込、送料別)

———————————————————————————

とブログに書いた後日、

ヒートブルー(フレアーブルーとも言うらしい。。。)画像を作ってみました。

適当なサイトからトヨタマークをコピーしてきて、それを雛形にして、ドローソフト(G.CREW Ver 7.0・・・販売終了)で。。。

  ← こんな風に書きます。

次に、フォトショップでガウスぼかしをかければ出来上がり。

それで、TOYOTAのTマークエンブレムを上に貼れば。。。

 ← こうなるはずです^^。

カテゴリー:自動車

Mark X Zio (マークエックス ジオ)納車!

新車から12年+1ヶ月乗ったカルディナに別れを告げ、、、

TOYOTA CALDINA 2.0G 4WD 5speed Manual Transmission
トヨタカルディナ 

マークXジオが納車されました。

TOYOTA Mark X Zio 240G Four CVT Blackparl Limited 6seets
マークエックスジオ 

カルディナの走行距離はおよそ11万km。
12年間故障もなく、塗装はすっかり剥げて光沢なくなって艶消しの白になっちゃったけど、エンジンも調子よくまだまだ乗れるっていう感じだったんだけどね~。

カルディナを買った時のセールスマンがとても親切で熱心にサービスもよくしてくれて、12年間なにかと辛抱強く、営業所が変わっても足を運んできてくれて、人情的にこのセールスマン以外から車は買えないよな~、となり、ついに買ってしまいました。

毎年かかさずカレンダーを家まで届けに来るし、新車が出るたびにパンフレットは持ってくるし、Zioが出た時なんか、突然”試乗しませんか?”ってうちまでZioを乗ってきたんですよ。

今回は、新型のマークXの見積もりを持ってきてくれました。
でも、買ったのはジオ(笑

今回購入したZioは普通のではなくて、特別仕様車 ブラックパールリミテッドの展示車の在庫処分ということで、これがまた破格の値引きだったんです。

4WD車なので減税対象にならないのに、そんなのぜんぜん目じゃなく、いくらで購入したなんて、とてもじゃないけど言えません(笑
値引き交渉なんて一切なし。
黙っていても勝手に値引くわ値引くわで(笑

さて、Zioを運転した感想・レビューは・・・
退屈ぅ~っ!
つまんないなぁ~
だって、マニュアルじゃないんだもん。

そんな文句を言っちゃいけませんね^^;

いやぁ~、ゆったりしてます。
音も静かで、音楽がよく聞こえます。
パトカーや救急車のサイレンの音が聞こえません(困。
運転しやすいです。
思ったより大きさを感じません。
すぐに感覚に慣れました。

ヘッドライトがHIDなので、メチャ明るいです。
インテリア豪華です。
本皮ステアリング&本皮シフトレバーだ、おおおおぉ~
在庫処分車なので本皮シートは選べなかったぞぉ~。
電動シートだぁ~。セッティング楽チ~ン。
夜間イルミネーションが雰囲気ゴージャスで、
ナイトクルージングのデートにはもってこいでしょうw
音声ナビを英語モードにすると、国際線の夜間飛行のような雰囲気です(笑

ステアリングでオーディオコントロールができるのか~
後部座席もリクライニング付で楽チンだ~
バックモニター便利です。

なんだかとっても贅沢な気分になれます。

ちなみに娘が言うには、、、
”酔った。運転が滑らか過ぎて気持ち悪い。もっと荒っぽい運転のほうがいい”
だって^^;

なので、購入検討中の貴方には、絶対に試乗することをお薦めします。
走行性能も確認できるし。

2400ccで十分だと思いますよ。
できるなら、家族にも同乗してもらった方が良いでしょう!

その後、” Mark X Zio フロントエンブレム交換 ” しました。

カテゴリー:自動車