Archive

Archive for the ‘趣味’ Category

40年以上前に改良した新聞紙グローブKenUモデルの作り方

小学生の頃に、新聞紙折り紙の野球グローブと新聞紙を丸めてセロファンテープでぐるぐる巻きにしたボールを作って、屋内キャッチボールとかしませんでしたか?

みんなが作っていたのは、こんなグローブ(↓)。

新聞紙でつくる一般的な野球グローブ

新聞紙でつくる一般的な野球グローブ

ボールを入れると・・・こんな感じに。

npg and ball

*

この折り紙を最初に考えた人はとても素晴らしいですが、当時のKenUは、なんかちょっと気に入らなかったんですね。

「ボールをキャッチしたときのボールの収まりが悪いし、なんかキャッチ感が本物のグローブ的じゃないなぁ~」と子供心ながらに思った訳です。

そして、40年以上前に、小学生だったKenUが改良したのがこれ(↓)。

KenUモデル 新聞紙グローブ

KenUモデル 新聞紙グローブ

KenUスペシャルエディション? KenUシグネチャーモデル?(笑

立体感があって、しっかりとボールを包み込んでキャッチすることができるんですよ。
いいでしょ?
ちなみに、当時「自分で考えた」と言っても、友達にも誰にも信じてもらえませんでしたね(泣。

今回は、このグローブの作り方(折り方)を紹介します。

*

超簡単。

KenUモデルは、じつは、一般的な新聞紙グローブの折り方とほとんどいっしょなんです。

ということで、まずは、一般的な折り方から・・・

手順1. 新聞紙をこのように広げます。硬いグローブを作りたかったら、新聞紙を2~3枚重ねてもいいでしょう。
npg01

手順2.上下の角4か所を折り曲げます。
npg02

手順3.中央から半分に折りたたみます。
npg03

手順4.正方形になるように両翼を折り曲げます。
npg04

手順5.折り曲げた上の部分を折り返します。
npg05

手順6.上部上面を対角線で手前に折り返します。
npg06

手順7.グローブの上になる部分を折り曲げます。
npg07

手順8.内側を開きながら、横方向半分に折るようにします。
npg08

手順9.一般的な新聞紙グローブの出来上がり。下の部分に手を入れます。
npg09

*

はい、では、KenUモデルの作り方ですが・・・

手順7の次に、このように(↓)手順7-2を追加するだけです(笑

npg KenU model

下側を少し折り曲げます。

上の写真のグローブは、ポケットが長くて深いので、外野手用になります。

手順7と手順7-2で新聞紙を折り曲げる量を大きくすると、ポケットが短くて浅い内野手用のグローブになります。

内野手用 KenUモデル 新聞紙グローブ

内野手用 KenUモデル 新聞紙グローブ

小学生の頃は、そうやって、ファーストミットとかキャッチャーミットも折り曲げる量で調節して作っていました(笑

ぜひ一度、試しに、いろいろなポジション用のグローブを作ってみてください。

*

今頃この記事を書こうかと思ったきっかけは、最近ちょくちょくコメントを頂いている人に気付かされたからです。
そういえば、KenUのブログって、考えたとか、工作したとか、改良したとか、修理したとか、そんなのばかりだよなぁ~って(笑
まあ、検索してきた人の役に立ちたいと思っているから、そうなってしまうんだけど。
で、「そういえば、子供の頃から、ずっとそんなことばかりしていたよな」と思ったら、急に小学生の頃を思い出したという訳です。

こんな記事を書いたけど、きっと今の子供達は、新聞紙グローブを作って遊んだりなんてことはしないんだろうな。

*

[2016/05/25追加]
動画も作ってみました(笑

*

カテゴリー:スポーツ, 趣味

人間の眼の遠近感に近いレンズは焦点距離100mm

さて、昨年11月に”デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。”という記事を書きましたが、やっと購入しました^^

Nikon D5300 18mm-140mmズームレンズ 40mmマイクロ単焦点レンズ

Nikon D5300 18mm-140mmズームレンズ 40mmマイクロ単焦点レンズ

タイトルの本題は最後のほうに書きますので、まずは前置きをグダグダと書かせてください。

*

はじめは、ニコンの新機種D7200を買おうと思っていたんです。

それで、とりあえずヤマダ電機に実物を見に行ったわけですが、D5300のボディーのコンパクトさに惹かれ、また、新製品D5500が発売になり型落ちになって価格が安くなっていたのと、いちばん使い勝手がよいと思われるAF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VRズームレンズキットがメーカーラインナップからなくなって店舗在庫だけになるとのことで、その場で即購入しちゃいました。

それから、KenUのブログの写真は接写ものが多いので、単焦点マクロレンズ(AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G)と、レンズ保護用にNikon NC(ニュートラルカラー)フィルターも同時に購入。

望遠レンズはまたの機会にということで・・・

余談ですが、KenUは3.11の震災以降、ネットよりも多少価格が高くても、震災のときに頑張って店を開けてくれた自宅周辺地域の店舗には恩返ししたいと思うわけで、そういった理由もあってヤマダ電気で購入しました。

さらに余談ですが、Canonデジイチを使っている下の娘からは、「なんでNikon? プンプン! レンズ交換できないじゃん。」というLINEが・・・(笑

*

はい、それではマクロレンズでためし撮り。

KenU's Breakfast (感度ISO100, 絞りf/3, 露出時間1/20sec, 露出補正+0.3)

KenU’s Breakfast (感度ISO100, 絞りf/3, 露出時間1/20sec, 露出補正+0.3)

KenUの朝食です。
料理は、アップで撮れば何でも美味しそうに見えるという典型ですね。

はい、お庭のあじさいです。

KenU's Garden hydrangea( 感度ISO100, 絞りf/7.1, 露出時間1/200sec, 露出補正+0.3)

KenU’s Garden hydrangea( 感度ISO100, 絞りf/7.1, 露出時間1/200sec, 露出補正+0.3)

それから、少し遊んでみました。

ロットルプとラーメンマン

ロットルプとラーメンマン

スペシャルエフェクトモードのセレクトカラーで残したい色を抽出して撮影。
某ビールのCMのようです。
この画像はカメラのWi-Fi機能を使って、iPhoneのカメラロールに送信してみました。
PCなしで写真をすぐにLINEやTwitterにアップできるので便利だと思いました。

*

さて、前置きは以上で、いよいよ本題です。

ニコンのホームページを見ると、

”ニコンのデジタル一眼レフカメラには、FXフォーマットとDXフォーマットの2種類があります。”
”フォーマットの違いでカメラの写し込む画像の範囲が異なります。”
”DXフォーマットの実撮影画角は、レンズに表記されている焦点距離の約1.5倍の焦点距離を持つFXフォーマットでの実撮影画角に相当します。”

と書いてあります。

購入したD5300はDXフォーマット(APS-Cサイズと同じ)カメラなので、35mmフィルムカメラ換算にすると、18-140mmレンズでは焦点距離22mm~210mm相当、40mmレンズでは焦点距離60mm相当の写真になるそうです。

まあ、それはいいのですが、じゃあ遠近感は?
たぶん、フルサイズの画面が切り取られるだけで、遠近感には影響はないのだろうなと思いました。

*

昔、Canon AE-1というフィルムカメラを買って勉強したときの知識として、”焦点距離80mmのレンズが人間の眼に近い遠近感だからポートレートに向いている。”というもの。
今日このブログを書くまで、そのまま鵜呑みにしていました。

また、あらためてネットで検索してみると”80mm~90mmが人の目の遠近感に近い”と書いているサイトがありました。
その一方で、”50mmを標準レンズと呼ぶのは画角が人の目に近いから”とか、”50mmを標準レンズと呼ぶのは遠近感が人の目に近いから”と書いているサイトもありました。

意見がばらばらです。

*

では、KenUの実験です。

まず、”人の目に近い遠近感”とはどういうことか?
はい、定義は単純です。
レンズを通して見た近くのものと遠くのものの大きさの比率が、肉眼で見たときの比率と同じということです。

まず、片目でカメラのファインダーを覗いて、もう片方の目で被写体を見ながらズームレンズを回して、ファインダー像と裸眼の像とが同じ大きさに見えるように調節します。

そうすると、距離およそ1.2mの被写体では、55mmズームのときに同じ大きさになりました。
そのズームのまま距離およそ12m先の被写体をファインダー像と裸眼の像とを見比べてみると、ファインダー像のほうが小さく見えました。
距離およそ12mの被写体では、65mmズームのときにファインダー像と裸眼の像が同じ大きさになり、1.2mの被写体はファインダー像のほうが大きくなりました。
つまり、焦点距離55mm~65mmのレンズの遠近感は、人間の眼に近くないということです。

でも、見た目の倍率が肉眼に近いので、そういった意味で焦点距離50mm前後のレンズが”標準レンズ”と呼ばれているのかもしれませんね。

*

じゃあ、人間の眼と同じ遠近感が得られるレンズはどれか?

肉眼との比較の結果、ズームリングを70mmと140mmとの中間の位置にあわせたとき、すなわち

”焦点距離100mmズームの遠近感が一番KenUの眼に近いっ!”

という結論になりました。

ズームリング回転位置と焦点距離

ズームリング回転位置と焦点距離

*

最後に・・・

DXフォーマットのマクロレンズには、85mm f/3.5G ED VRというのがありますが、今思うと40mmとどっちがよかったのかなぁ~?

*

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 18-140VR レンズキット ブラック D5300LK18-140VRBK
←Amazonで見てみる

Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR ニコンDXフォーマット専用 φ67mm
←Amazonで見てみる

Nikon ニュートラルカラーNC 67mm
←Amazonで見てみる

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G ニコンDXフォーマット専用 φ52mm
 ←Amazonで見てみる

Nikon ニュートラルカラーNC 52mm
←Amazonで見てみる

*

[10/12 追加]
KenUは、現在片目の視力が0.3くらいで、カメラの視度調整ダイヤルを目いっぱいマイナス側にしてもピントが合わないので、接眼補助レンズDK-20C(-5.0)を購入して装着しています。
カメラ側の視度調整ダイヤルを一番プラス側にしてから5~6段階マイナス側に戻すと丁度よい具合です。

Nikon DK-20C 接眼補助レンズ

Nikon DK-20C 接眼補助レンズ

このとき付属の接眼目当てDK-25は装着できないので、取り外すことになります。
DK-20Cの上から装着できる接眼目当てはないとのことです。

一応ネットで検索してみると、DK-20接眼目当てが装着できるとの情報を見つけたので、騙されたと思って購入してみました。
見事に騙されました(笑
全くハマリマセン。

ノギスで測ってみると、DK-20Cの溝は幅1.35mm、DK-20の嵌合部の厚みは幅1.55mm。
嵌る訳がありません。
DK-20は、形状を測定するのに破壊して、ごみ箱行きになりました。
まあ、貯まっていた楽天ポイントで無料で買ったからいいんだけどね。

*

[11/18追加]
大型自動二輪の免許を取得してバイクを買ったので、D5300と単焦点マクロレンズ(AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G)で動画を撮影してみました。
別の記事に貼り付けていますが、参考までにこんな感じということで、こちらの記事にも貼っておきます。

*

*

[11/21追加]
D5300のGPS機能の精度に関する記事を書きました。

関連記事の、「YAMAHA・・・」参照ください。

************** 関連記事 **************

結婚披露宴の美味しい料理も控えめに食せば大丈夫

駐車場が満車で停められなかった第30回大崎バルーンフェスティバル

デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。

YAMAHAタンクバッグ シティーとNikon D5300と化女沼ツーリング

屋内撮影はバウンスフラッシュで。NikonスピードライトSB-700購入!

***********************************

カテゴリー:アイテム, カメラ, 趣味, 写真

デジタル一眼レフカメラが欲しい。バルーンフェスティバルで思う。

はい、タイトルどおりです。

いろいろなメーカーがあり、いろいろな機種があるので、悩みに悩み買いそびれています。

今日は妻に「バルーンフェスティバルに行ってみたい」とせがまれたので、コンパクトデジカメ(SONYサイバーショットDSC-TX20)を持って行ってきました。

そこで思ったのが、やっぱりデジイチじゃないと難しいと。

*

第29回大崎バルーンフェスティバルが宮城県大崎市の岩出山江合川あったか河川公園で11月22日(土曜日)~24日(月曜日)の3日間行われ、今日はその初日です。

以前2008年(←記事、参照リンク)に来たときは、写真コンテストがあったのでそれが目的だったのですが、今回は特に写真を撮る目的はありませんでした。

でも、なんだかんだいって写真が撮りたいわけで、構図イメージもいくつかあるわけで、岩出山からは栗駒山が見えるので、それを背景に上手にバルーンが撮れたらいいよなーと前々から思っていたわけです。

岩出山江合川あったか河川公園から見た栗駒山

岩出山江合川あったか河川公園から見た栗駒山

で、デジイチだったらああやってこうやって撮影したいのにという考えがありながら、コンパクトデジカメではそのようにできないので、なんとかがんばって撮影するとこんな風(下写真↓)になるわけです。

第29回大崎バルーンフェスティバル2014年11月22日(クリックで別タブで拡大表示)

第29回大崎バルーンフェスティバル2014年11月22日(クリックで別タブで拡大表示)

前回は逆光に浮かぶバルーンを狙いましたが、今回は斜光狙い。
でも天気が曇り気味でバルーンに太陽光が直射せず冴えない色になってしまったので、後からフォトレタッチソフトで色補正(彩度を上げる処理)をしました。

本当はバルーンの上も切れずに入れたかったのと、下の木々の緑ももう少し入れたかったわけですが、連写が出来ないし、ズームも瞬時に思ったように変えられないし、シャッター一発勝負なので、撮れたのはこれだけです^^;

こんな構図に複数のバルーンを収めたいですね。
そう考えると、もう少し離れた撮影ポイントのほうがよかったです。
でも、一番最後に離陸した一機だったんだけど・・・(笑

それからデジイチでもっと遠い位置から望遠レンズを使って撮影すれば、遠近感を小さく距離感を縮めて、フレーム中の栗駒山をもっと大きく見せることができるのになぁ~。

*

さて、今回の撮影ポイントは会場でした。

バルーンフェスティバル会場(赤三角地点)と栗駒山(A地点)地図(Google mapより)

バルーンフェスティバル会場(赤三角地点)と栗駒山(A地点)地図 (Google mapより)

2014年大崎バルーンフェスティバル撮影ポイント(Google mapより)

2014年大崎バルーンフェスティバル撮影ポイント(Google mapより)

撮影ポイント(赤三角地点)とバルーン離陸地点(赤丸地点)航空写真(Google mapより)

撮影ポイント(赤三角地点)とバルーン離陸地点(赤丸地点)航空写真(Google mapより)

新岩出山大橋あたりからデジイチに長玉レンズで狙うと、栗駒山は入らないけれど花渕山を背景にした意外にもいい写真が撮れるかも知れませんね。

*

最後に、写真に写っている熱気球を紹介しておきます。
KenUの知り合いとかではないですが^^;

北海道江別市から来られた酪農学園大学熱気球愛好会のバルーンで名称は”カルミア”です。
な、なんと手作りだそうです。

ちなみに、カルミアを調べてみると、
科名:ツツジ科
学名:Kalmia latifolia
別名:アメリカシャクナゲ
常緑樹で、ツツジやシャクナゲの仲間だそうです。

カテゴリー:アイテム, カメラ, 趣味, 写真

鳴子温泉足湯の旅して動画作ってみた。

術後のリハビリとリフレッシュを兼ねて列車で日帰り旅行をしてきました。

行き先は鳴子温泉。
まだストーマで温泉に浸かる勇気はないので、足湯が目的です。
それから、ついでに動画も撮影してきました。

「世界の車窓から」というTV番組が大好きで、自分もずーっとあんな動画を撮ってみたいなぁと思っていたのでコンパクトデジカメで動画を撮影して編集してYOUTUBEにアップしました。
2分以内に編集するのに少しだけ悩みましたけど、上手くまとめられたかなぁ~と自画自賛です(笑

*

*

機材がしょぼいので、画質とか音質とかはいまいちだけど、カメラワークと編集はなかなか良いでしょ?^^

実は陸羽東線に生まれて初めて乗りました。
いつもは宮城県内は自家用車で出かけてしまうので。

今回はあえての列車使用でしたが、ものすごく旅行した気分になってめちゃくちゃ楽しかったです。
ローカル線っていいですね~。

それで、ひとつ注意点があります。
社内アナウンスでも言ってましたが、無人駅が多いのでスイカ(Suica)が使える駅が限られます。
今回、Suicaで乗車したけど無人駅ではSuicaが使用できないので、運転士さんに降車証明書?を発行してもらって降車した人がいて発車が遅れました。
KenUは事前に駅で確認して、古川駅と鳴子駅では使えることを知っていたのでSuicaを使用しました。

それから、無人駅での降車用に車内に運賃箱というのがあります。
このシステムも初めて知って、バスみたいで面白いなぁと思い新鮮でした(笑

陸羽東線の運賃箱

陸羽東線の運賃箱

*

ローカルな発見もいろいろと。

岩出山駅の看板は、伊達政宗なんだぁ。

岩出山駅の駅名表示板

岩出山駅の駅名表示板

*
鳴子のこけしは有名ですが、とっても可愛いくて面白いこけしがあるんですね。

鳴子郵便局のポスト

鳴子郵便局のポスト

駅長こけし

駅長こけし

*

情緒ある趣のある店舗内で食するまるごと栗が入った栗だんごがこれまた良かった。
この小さいきゅうりの漬物も美味かったです。

深瀬店舗内での栗だんご

深瀬店舗内での栗だんご

深瀬 名物 栗だんご

深瀬 名物 栗だんご

*

今度は、部屋風呂のある宿に一泊で行きたいですね。

これから鳴子温泉に旅行に行こうと思っている方、ネタバレしてごめんなさい^^;

カテゴリー:趣味, 未分類

家で実験用の試作品を作製するのにヒートシーラーを購入!

試作するのにヒートシーラーが必要で、とりあえず簡易型シール機を買ってみたのですが綺麗にヒートシール出来なくて使い物にならなかったので、結局インパルスシーラーを購入しました。

あー、最初からインパルスシーラーにしておけばよかった。また無駄な物を買ってしまいました。

インパルスシーラーと簡易型シール機 包装

インパルスシーラーと簡易型シール機 包装

インパルスシーラーと簡易型シール機 外観

インパルスシーラーと簡易型シール機 外観

簡易型シール機はAmazonから購入。
——————————–
goot 替セロファン 10枚入 HS-40SF ¥ 452
HOZAN コテ台 ソルダースタンド H-11 ¥ 696
白光 ビニレイド コテ先ローラー型 No.305 ¥ 1,508
配送料および手数料: ¥ 0
合計: ¥ 2,656
——————————–
これは温度調節が出来ないし、ローラーを転がすスピードによってくっつき具合や材料の溶け具合が変わってしまう。
溶着部の仕上がりもばらつきが大きく見た目もきたない。
ローラーの形状も悪いのではないか?と思う。 フラットか格子にするべきだし、ローラー幅ももっと広くしたほうがよい。

簡易型シール機 HAKKO BINILEID

簡易型シール機 HAKKO BINILEID

よく考えれば、こんなもので安定的に均一にシールできるはずがないですよね。

あー、お金無駄にしたぁ~。

*

そしてインパルスシーラーは、見聞堂ストア楽天市場店から購入。
——————————–
卓上式インパルスシーラー FRシーラー(FR300L)
価格 7800(円)
消費税 624(円)
送料 0(円)
—————————————————————-
合計 8424(円)
—————————————————————-

輸入発売元(有)三邦コーポレーション、製造は中国です。
Songshan(ソンシャン?)と書いてあります。製造元の会社名でしょうか?
台北に松山(Songshan)という地名があります。

加熱時間調整つまみ

加熱時間調整つまみ

本当は、富士インパルスシーラーとか国産のが欲しかったのですが、値段が高いのでこれで我慢です。

仕様は、電圧100V, 電力400W, シールサイズ300mm×2.6mm, 寸法85mm(W)×440mm(D)×160mm(H), 重量3.8kg 。
日本語の取扱説明書も付属。

それで、中国製なので不安でしたが、一応あたり製品を引いたみたいです。
きちんと使用できました。
ただし、本体がペンキ塗りたてみたいな匂いがします(笑
加熱調整タイマーも正常に機能しました。
シールも綺麗に出来ました。

厚さ0.04mmポリエチレン2枚重ねのシール具合(シール幅2.6mm)

厚さ0.04mmポリエチレン2枚重ねのシール具合(シール幅2.6mm)

そして、ここではお見せできませんが上手い具合に試作品が作製できました。
これで実験が出来ます^^

*

何を作ったかというと、下の関連記事のとおりです。

*

白光 ビニレイド コテ先ローラー型 No.305
 ←Amazonリンク

************** 関連記事 **************

ストーマパウチの入浴時防水検討失敗の数々と自作防水カバー

ストーマでも水泳したい!装具のプール用防水&漏れ対策

***********************************

カテゴリー:アイテム, 趣味

新春一発勝負ボールペンお絵描きしりとり2014

お正月も結構ひまなもので、娘たちと3人でお絵かきしりとり(絵しりとり)なるものをやってみた。

しりとりで思いついた絵をA4サイズのコピー用紙に何も見ずに下書きなしの一発勝負で、消せないようにボールペンで描いていくというもの。

人間の記憶は案外曖昧なもので、思ったように描けなかったり、間違っているところが面白いです。

2014絵しりとり
※クリックすると別ウインドウで大きなサイズで表示します。

うけ狙いもあって、なんだか分からないのもあるでしょ?

「しりとり」の”り”からはじまって、途中、調子に乗って”怪物くん”を描いて1回目のアウト^^
”か”から再スタートして、最後は強制的に”ん”がつく絵で終了です。

すべて分かります?(笑

*

*

*

*

答え:リリーフランキー○木○きつね○猫○子豚○タツノオトシゴ○ごま塩○おしり○リップクリーム○ムスカ(天空の城ラピュタ)○怪物くん×
鐘○ねずみ○ミッキーマウス○スヌーピー○ピンクレディー○いか○缶詰め○メリーゴーランド○ドーナツ○ツキノワグマ○マーメイド○ドードリオ(ポケモン)○お鍋○ベロ○ロボット○トーマス○寿司○シナモンロール○ルービックキューブ○ブロッコリー○リラックマ○松ぼっくり○リーチ一発○ツイッター○タジン鍋○ベジータ○たらこ○コイキング(ポケモン)○グローブ○豚○焚き火○B’z○頭蓋骨○つくし○小便小僧○うんこ○コアラのマーチ○チュウ○海亀○メロン・おしまい。

*

カテゴリー:趣味, 未分類

2013クリスマス絵描いた。今年は進撃の・・・

誕生日絵をもらった」というブログを書きましたが、対抗してというか、お返しというか、先週「伊達政宗の馬」を描いたのでまた絵が描きたくなったというか、思い立ったので、二人の娘達にプレゼントするいわゆる”クリスマス絵”とやらを初めて描いてみました。

では、クリスマス絵は、いつ送ればよいか?

いわゆるクリスマスカードの代わりと考えられるので、”Wikipedia(ウィキペディア)クリスマス・カード”によれば、「発送の時期としては、一般的に12月の中旬ごろからクリスマス直前」ということだそうです。

ギリギリ間に合ったぁ~。セーフ^^。

*

それでですね、12月22日にWACOMのペンタブレット(BAMBOO Model:CTH-470)とCorel DRAW Essentials4に付属のソフトPHOTO-PAINTでせっせと描きました。

ペンタブとlenovo SL400

後から思えばAdobe Photoshop Elementsを使ったほうがよかったかも?「四神獣」はそれで描いたので。
←Amazonで見てみる

これまでペンタブを使ってPCで直接絵を描くことはほとんどしなかったのですが、今回やってみたら難しかったです。
最近ではドロー系ソフトでベジェ曲線の絵しか描いていなくて、ペイント系ソフトで手書きで絵を描くのは本当に久しぶりで、ぜんぜんだめですね~。

では、前置きはこれくらいにして。

*

2013 Merry Christmas Mikasa クリスマス絵

2013 Merry Christmas Annie クリスマス絵

*

今年 「進撃の巨人」というTVアニメとコミックスが若い人に大人気だったようで、娘達がそれぞれ好きなキャラをモデルにして、クリスマスなのでケーキを切るという構図にしました。
実は絵の視点は上空で、背景は地上というイメージなのですが、背景を描く力量と時間がなかったので、省略しちゃいました。

それと、一方を描いてから、顔と服を変えて左右反転させるという手抜きをしました(笑
ジャンプしてる角度とかケーキの縮尺もちょっと変えてますが・・・
あとでしまったと思ったのは、ヘアースタイルも左右反転しちゃてたんですよね。失敗!
腕のワッペンの柄は反転することを想定して描いたんだけどなぁ~。

まあ、どちらのモデルも似てないんですけどね^^;

今回はこれで完成ということで。

*