アーカイブ

Archive for the ‘stoma’ Category

一時的ストーマでも身体障害者手帳交付可能。閉鎖後無返還は十万円以下の罰金

さて、以前「身体障害者手帳と映画鑑賞・・・どうして割り引いてくれるの?」(←参照リンク)という記事を書きました。

同じく身体障害者手帳関連ネタということで、医療従事者・ドクター・ナースの方々も読んでくださっているようなので、永久ストーマのKenUには本来関係ないことなのですが、一時的人工肛門(一時的ストーマ、一時ストマ)造設の場合の身体障害者手帳交付について書きたいと思います。

*

日本公益社団法人 日本オストミー協会のサイト ”主な福祉制度”(←参照リンク)に、身体障害者手帳の交付対象は「永久造設のストーマに限ります。」と記載されています。

はいっ、本来はその通りです!!

しかし、実際には違います。
一時的ストーマでも、障害者手帳が交付されているという事実・現実があります。
もちろん、交付の認定を受けられなかった方もいます。

なぜ、そのようなことになっているのか?
一時ストマで交付を受けらていない人に対して不公平ですよね?
どうして、不公平が生じているのか?

ということで、KenUが法的事実を確認しながら、想像し、考察します。

KenUのブログにはまったく社会への影響力はありませんが、いろいろ是正され、一時的ストーマ造設者のすべてが身体障害者手帳の交付を受けられるようなったら「いいね!」と思います。

*

まず、法律から正しい理解を得ます。
————–
身体障害者福祉法(最終改正:平成二八年六月三日法律第六五号)
第2章 更生援護
第1節 総則
(身体障害者手帳)
第15条
1項 身体に障害のある者は、都道府県知事の定める医師の診断書を添えて、その居住地(居住地を有しないときは、その現在地)の都道府県知事に身体障害者手帳の交付を申請することができる。
3項  第1項に規定する医師が、その身体に障害のある者に診断書を交付するときは、その者の障害が別表に掲げる障害に該当するか否かについて意見書をつけなければならない。
————–
上記のとおり、障害者手帳申請のための診断書の作成は、「都道府県知事の定める医師」に依頼する必要があります。

ストーマ手術をした病院に「身体障害者福祉法第15条第1項に規定する指定医師」がいるかどうか、各市町村窓口、各医療機関で確認しましょう。

指定医師がいない場合は?
う~ん・・・各市町村窓口に相談する?

一時的ストーマになられた方で、医師から申請用診断書の作成を拒否された方もいらっしゃるようですが、もしかしたら指定医ではなかったのかなぁ?

*

次に「別表に掲げる障害」とは何か?
————–
身体障害者福祉法別表(昭和24年法律第283号)
別表(第4条、第15条、第16条関係)
5項 心臓、じん臓又は呼吸器の機能の障害その他政令で定める障害で、永続し、かつ、日常生活が著しい制限をうける程度であるとみとめられるもの

身体障害者障害程度等級表(身体障害者福祉法施行規則別表第5号)
ぼうこう又は直腸の機能障害
————–
ストーマは、その他政令で定める障害の直腸機能障害にあたります。

ここで、重要なのは「永続し」の記載があることです。
つまり、一時的な人工肛門は「障害には該当しない」ことになります。

じゃあ、なんで一時ストマなのに身体障害者手帳の交付を受けている人がいるの?

さあ?(笑
医師の裁量?考え方次第?なのかな?

別に通知「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」の中に、
————–
「法別表に規定する『永続する』障害とは、その障害が将来とも回復する可能性が極めて少ないものであれば足りるという趣旨であって、将来にわたって障害程度が不変のものに限られるものではないこと。」
————–
といった記載があります。

つまり「障害の程度が不変でなくてもよい」ということです。
でも、「回復する可能性が極めて少ないもの」ということからすれば・・・。
微妙ですね。

また、東京度福祉保健局 東京都心身障害者福祉センターのサイト ”身体障害者手帳について”(←参照リンク)に、
————–
「注)身体障害者手帳は、その障害が永続することを前提とした制度ですので、障害の原因となる疾病を発病して間もない時期や乳幼児期、障害が永続しないと考えられる場合(例えば疾病の治療に伴う一時的な人工肛門の造設)等については、認定の対象とならないことがあります。」
————–
という記載があります。

「認定の対象にはなりません。」とは記載されていないところが非常にあいまいです(笑

*

ところで、一時的ストーマで身体障害者認定された患者の指定医師は、「身体障害者手帳診断書・意見書」をどのように書いたのでしょうか?

ここが、非常に興味深いところです。

身体障害者認定要領(ガイドライン)というのがあり、診断書の様式・記載項目が決まっています。

そのうち、総合所見を記入する欄があり、東京都の様式では、
————–
⑤ 総合所見(再認定の欄も記入)

〔将来再認定  要 (軽度化・重度化)・ 不要 〕
〔再認定の時期 1年後・3年後・5年後 〕
————–
となっています。

身体障害者手帳には基本的に更新(有効期限)がありませんから、一時的ストーマの場合、再認定を設定しないと、ストーマ閉鎖後も障害者手帳の継続使用が可能なままなので問題になります。

宮城県のサイト ”身体障害者手帳について”(←参照リンク)を引用すると、
————–
身体障害者手帳には基本的に更新がありません。
身体障害者手帳を交付する際に,以下のような場合,1~5年の再認定期限日を設けて認定する場合があります。障害の程度は,手術の経過,発育の状況,リハビリテーションの実施等によって変化する場合があるためです。
【再認定の対象】
発育、発達によって障害程度が変化する可能性があると予想される場合
手術後の容態の確認が必要な場合
機能回復訓練(リハビリテーション)によって障害程度が変化する可能性がある場合
その他
————–
とあります。

*

意見書を記入する欄の東京都様式では、
————–
身体障害者福祉法第15条第3項の意見
障害の程度は、身体障害者福祉法別表に掲げる障害に・該当する・該当しない
障害程度等級についての参考意見  級相当
————–
となっています。

一時ストマに対して、医師はどのように記入するのでしょうか?
「該当しない、(だけど)4級相当」と書くんですかねぇ?

さすがに、永久的ストーマの人と同じ「再認定・不要」「障害に・該当する」「4級または3級」とすることはないでしょうし、
————–
刑法
第2編 罪
第17章
(虚偽診断書等作成)
第160条 医師が公務所に提出すべき診断書、検案書又は死亡証書に虚偽の記載をしたときは、3年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処する。
————–
という法があるので、医師も迂闊には、いい加減なことは書かないはずです。

*

「身体障害者手帳診断書・意見書」を作成してもらえたら、とりあえず申請してみて、認定する・認定しないはお役所(自治体)の判断になります。

自治体によって判断基準は異なると思うので、不公平はここで生じるのかも知れませんね。

ちなみに、例として・・・
身体障害者手帳による自動車税・自動車取得税の減免制度は、自治体によって基準が異なっていて、東京都では直腸機能障害1級・3級・4級が対象なのに、KenUが居住の宮城県では、4級は対象外なんです。

*

もし、一時的ストーマ造設によって身体障害者手帳の交付が受けられたとしましょう。
そして、しばらくしてストーマを閉鎖する手術をしたとしましょう。

その場合、身体障害者手帳はどうなるのか?
どうしたらよいのか?
どうすべきなのか?

はい、これも身体障害者福祉法に規定されています。
————–
身体障害者福祉法(最終改正:平成二八年六月三日法律第六五号)
(身体障害者手帳の返還)
第16条
1項 身体障害者手帳の交付を受けた者又はその者の親族若しくは同居の縁故者でその身体障害者手帳を所持するものは、本人が別表に掲げる障害を有しなくなつたとき、又は死亡したときは、すみやかに身体障害者手帳を都道府県知事に返還しなければならない
————–

再認定が設定されていれば、その時期がくれば必然的に返還することになりますが、再認定が設定されておらず、そのまま障害者手帳を使い続けていたら?
————–
第5章 雑則
(罰則)
第46条
1項 次の各号の一に該当する者は、十万円以下の罰金に処する。
2号 第16条第1項の規定に違反した者
————–
とあります。

まあ、黙っていればわからないし・・・とも思いますが、
————–
刑法
第2編 罪
第37章 詐欺及び恐喝の罪
(詐欺)
第246条
1項 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2号 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
————–
という法律もあるので、ストーマを閉鎖したら、すみやかに身体障害者手帳を都道府県知事に返還するのが、大人の対応として好ましいと思います。

*

以上、一時的人工肛門の身体障害者手帳に関して書きました。

一時的ストーマ造設の場合、法的に身体障害者手帳交付の対象外だからドクターは診断書を書かない、申請するだけ無駄だから患者は申請しない、というのがデフォルトだと思いますが、認定・交付の実例も存在することから、考え直してみても良いのではないでしょうか。

また、いろいろと調べてみて思ったことは、医師・自治体ごとのばらつきをなくし、一時的ストーマの方にも確実に障害者手帳が交付されるようにオーソライズされた明確な基準ができ、再認定期間の適切運用による不正使用防止の仕組みさえあれば良いだけなのに、と思いました。

カテゴリー:ストーマ, stoma, 医療

オストメイトピクトグラムがJIS規格に追加されました。

さて、今月のちょっと前に「ストーマ用品に関する用語のJIS規格があるんです。」(←参照リンク)という記事を書きました。

それで、またまた、JIS(日本工業規格;Japanese Industrial Standards)の話題です。

*

7月20日に経済産業省から、「日本工業規格(JIS)を制定・改正しました(平成29年7月分)~案内用図記号などのJISを制定・改正~」(←参照リンク)というニュースリリースがあったわけですが、その ” JIS Z8210:2017 案内用図記号 Public information symbols ” の中に、オストメイトマークとヘルプマークが追加になりました。

今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本人だけでなく外国人観光客にもより分かりやすい、言葉によらない目で見るだけで案内を可能とすること、国際規格(ISO)との整合性を図ることを目的として、改正が行われました。

*

これまでオストメイトマークと呼んでいた、下の案内用図記号(ピクトグラム)は・・・

[番号]5.1.58
[表示事項]オストメイト用設備/オストメイト
[記事]機能:人工肛門保有者や人工ぼうこう(膀胱)保有者の設備がある場所を表示、または人工肛門保有者や人工ぼうこう(膀胱)保有者のことを表す。

という内容で規定されました。

これと同様のピクトグラムが国際規格(ISO)にないことから、今後、国際標準化機構(International Organization for Standardization)への提案を検討するとのことです。

*

ヘルプマークについては、JIS本文ではなく、付属書JD ” ヘルプマークの使用方法 ” での規定になりました。

[番号]JD.1.1
[表示事項]ヘルプマーク
[記事]機能:援助又は配慮を必要としている人が、身に着けることで、周囲の人に配慮を必要としていることを知らせることができる表示。図記号の縦横比率は変更せずに使用する。
注記:公共交通機関、公共施設などへ掲示する活用例もある。

ということで、電車の優先席での使用例が示されています。

ヘルプマークも国際規格(ISO)にはありませんが、今後広く普及させるために、JISとして規定したとのことです。

*

その他、既に2014年のJIS改正時に追加になっている、オストメイトにも係るピクトグラムも紹介します。

[番号]5.1.45
[表示事項]内部障害のある人優先設備
[記事]機能:身体の内部に障害のある人が優先的に使用できる設備を表示。

これは、国際規格 ISO7001にあり、図柄は一致しています。

*

[番号]5.1.50
[表示事項]内部障害のある人優先席
[記事]機能:身体の内部に障害のある人が優先的に使用できる席を表示。

これも国際規格 ISO7001にあり、図柄は一致しています。

*

それから、付属書JB ” 優先設備及び優先席の図記号の組み合わせ使用方法 ” に組み合わせ使用(図記号セット)の基本が示されています。

例えば・・・

実は、KenUはあまり気にしていなかったので、内部障害者も優先されていることは知りませんでした。
でも、今のKenUの健康状態ならば、優先は必要ないですね。

*

JISの話は以上ですが、最近気になるものを発見したんです。

↓これは、よく行くスーパーマケットの多目的トイレの表示で、普通に分かるので、とくに問題はないです。オストメイトマークがあります。

問題はこれ↓。同じスーパーの駐車場です。

手前立て札左上のピクトグラム。人のかたちの真ん中に大きく十字の図柄。
十字の大きさと位置が?????(笑

これは、オストメイトマークのつもりなのかな?
よくわかりません。
謎です。

なお、JISには「人の上半身正面図の右下に白抜きの十字形」と規定されています。

もしオストメイトマークのつもりだったとしても、KenUはここには駐車しません。
常に、駐車するときにも、出ていくときにも、バックせずに済むところに停めたいので(笑
しかも、なるべく歩きたいので、店舗から少し離れたスペースに駐車します。

*

ついでに、障害者のためのピクトグラムという観点からいうと・・・

上写真のような ”緑色” とか、ヘルプマークのような ”赤色” を使用するのは、実はあまり好ましくないんですね。

なぜかというと、重度の色覚異常(色盲・色弱)がある方には識別しにくい場合があるからです。

ですから、公共のものについては、色覚バリアフリーといったことを考慮して配色を選ぶことが重要です。

ちなみに、KenUは赤緑色弱という色覚異常がありますが、ほんのわずかに暗い緑色の識別がちょっと困難なだけで、日常生活ではまったく問題ありません。

************** 関連記事 **************

ストーマ用品に関する用語のJIS規格があるんです。

***********************************

カテゴリー:ストーマ, stoma

ストーマ用品に関する用語のJIS規格があるんです。

さて、タイトルについてですが、知っていましたか?

JISとは日本工業規格(Japanese Industrial Standards)のことです。

その一つ、JIS T 9232 (1997)に ” ストーマ用品に関する用語(Glossary of terms used in ostomy aids) ” が規定されています。

用語は(1)~(4)に分類されていて、KenUが知らなかったものもあり、興味深かったので紹介したいと思います。

以下、それぞれの用語の記載の仕方は、” JISに記載の番号 、ストーマ用語、 それに対応する英語、(その国際規格ISO番号またはN/A); 日本語の定義” とします。

※N/A;該当なし

では、以下どうぞ。

*

(1)ストーマ用品に関する一般用語

1001 ストーマ stoma(ISO 8670-2); 消化管や尿路を人為的に体外に誘導して造設した開放口

1002 ストーマ用品 ostomy aids(N/A); ストーマを管理するのに用いられる物品

1003 ストーマ装具 ostomy appliance(N/A); ストーマに装着する器具

1004 単品系ストーマ装具 one-piece ostomy system(ISO 8670-1) , one-piece system(ISO 8670-2); 袋部と粘着式面板とが一体となったストーマ装具

1005 二品系ストーマ装具 two-piece ostomy system(ISO 8670-1) , multiple piece flange system(ISO 8670-2); 袋部と粘着式面板とが分離して,別々に交換することができるストーマ装具

1006~1009 あまり使用されることのない装具の用語なので記載を省略します。

1010 ストーマ袋 ostomy bag(ISO 8670-1,8670-2); ストーマに着けて排せつ(泄)物を収集しておく袋

1011 固定具 fastening device(belt,gasket)(N/A); 装具をストーマに固定する器具(ベルト,ガスケットなど)

1012 面板(めんいた) face plate(N/A); ストーマ装具又は洗腸排液部品を身体に固定する平板

1013 皮膚保護剤 skin barrier(N/A); 排せつ(泄)物及び分泌物を吸収して周辺皮膚を保護するストーマ用品

1014 接皮側 skin side(N/A); ストーマ装具,板状皮膚保護剤,面板の皮膚に接する側

1015 非接皮側 bag side(N/A); 接皮側の反対側

1016~1018は、洗腸関係のため内容の記載は省略します。

*

(2)ストーマ装具に関する用語

2001 面板ストーマ孔 stoma hole(N/A); 面板に開けたストーマサイズの孔

2002 初孔 starter hole(N/A); 面板の中央の小孔。ここから自由な大きさに孔が開けられるようにしてある

2003 既製孔 precut hole(N/A); 面板に既に一定のストーマサイズに合わせて開けて製品化した孔

2004 フランジ flange(N/A); 袋接合部の輪状縁。面板及び袋部の両方にある

2005 袋接合部 portion of bag junction(N/A); 袋と面板との接合している部分。機構として接着式とかん(嵌)合式がある

2006 浮動型袋 floating type bag(N/A); 面板がストーマ孔縁でだけ接合している袋

2007 浮動型フランジ floating type flange(N/A); 面板から浮き上がっているフランジ

2008 固定型袋 stationary type bag(N/A); 面板が全面で接合している袋

2009 固定型フランジ stationary type flange(N/A); 面板に固定されているフランジ

2010 閉鎖型袋 closed-ended bag(ISO 8670-1,8670-2); 便排出口のないストーマ袋

2011 開放型袋 open-ended bag(ISO 8670-1,8670-2); 便排出口のあるストーマ袋。上部開放式と下部開放式とがある

2012 排出口閉鎖具 open-ended bag closure(ISO 8670-1,8670-2); 開放型袋の便排出口を開閉する器具

2013 排気口 flatus vent(ISO 8670-2); 採便袋内ガスの排出専用口

2014 脱臭フィルタ flatus filter(ISO 8670-1); 排気口の脱臭ろ過装置

2015 交換フィルタ replaceable filter(N/A); 取替可能となっている脱臭フィルタ

2016 排気口栓 filter plug(N/A); 袋の排気口を閉じる栓。入浴時などに使用する

2017 尿排出口開閉具 drainage tap(ISO 8669-1); 採尿袋の尿排出口の開閉栓

2018 逆流防止弁 non-return valve(ISO 8670-1); 採尿袋内にある尿の逆流を防ぐ仕切り

*

(3)皮膚保護剤に関する用語

3001~3003 XX状皮膚保護剤 skin barrier XX(N/A); 色々な形状の皮膚保護剤 (※XXの部分は、ウェハー状wafer, シート状sheet, ディスク状disk, リング状ring, ロール状roll, ペースト状paste, 粉末状powder)

*

(4)ストーマ用洗腸具に関する用語

4001~4007は、洗腸関係のため内容の記載は省略します。

*

上記の用語に関する規格の他に、国際規格ISO 8670-2 Ostomy collection bags-Part 2 : Requirements and test methods (基本的要求事項及びその試験方法)というのもあって、「これこれこのような試験をしたときに、装具に漏れを生じないこと」などの規定もあります。

※ISO; 国際標準化機構(International Organization for Standardization)

************** 関連記事 **************

オストメイトピクトグラムがJIS規格に追加されました。

***********************************

カテゴリー:ストーマ, stoma

ストーマ装具漏れ防止シール製品ってなかなか「いいね!」

さて、7月1日に「はさみ不要の面板(ストーマ装具)を使ってみると・・・」という記事を書き、ストーマと面板との隙間が出来ない製品を紹介しました。

その後、7月21日に定期ストマ外来を受診したときに、面板の隙間を埋めるストーマシール製品をいただいたので、レビューしたいと思います。

※注意!:いつもは見せないKenUのストーマ(人工肛門)の一部分が写真に写っていますので、気分を悪くしそうな方は閲覧ご注意ください。

*

では、前置きから・・・

ストーマ周囲皮膚がとくに悪化しているような状態ではなかったのですが、少し痛い部分があったことと、せっかくストーマ外来に来たのだから何かしましょう!ということで、WOCナースさんが、皮膚保護シール剤を使って処置をしてくれました。

それで今回、その残り分と他のシール製品もいただき、自宅でのストマ装具交換時に使ってみたという訳です。

*

まずは、ストーマ外来での処置に継続して、イーキン社(eakin)のコヒーシブ(Cohesive®) イーキンシール スリムズ (SLIMS) 製品コード839005、外径48mm、厚さ3.0mm、入数10枚、価格¥4,500(税抜)を使用しました。

eakin Cohesive SLIMS 839005 試供品

上写真は、はさみで1/4に切ったものです。
そうすれば、1回の使用コストは120円程度で済みます。

これをリング状に整形しました。
でも、初めての製品を使うときは、たいていの場合、一発目は失敗しますね。
1つ目は輪っかを大きく整形し過ぎて、ストマ周囲に一旦は貼ってみたものの上手く修正できず、ストマ粘液が付着してしまったので廃棄(笑
貴重なサンプルを無駄にしてしまいました。

下写真は整形2つ目です。

eakin SLIMSリング整形

このリング状シールをストーマ周囲皮膚に貼り付けて、その上から二品系(ツーピース)装具面板を装着しました。

eakin SLIMS使用ストマ装具面板装着

ストマ周囲皮膚に便を触れさせないように出来るというのは、スキンケアの観点から安心感があります。

3日後、リムーバーを使用して装具をはずしたときには、イーキンシールも面板といっしょに簡単に剝がすことができました。

剥離後装具の観察結果は、面板下への便の潜り込みもなく、ストーマ周囲皮膚に便による汚れもなく、おお~これっ「いいね!」です。

もう少し試してみたいので、イーキンシールスリムを自費で購入したいと思います。

*

次に使用した製品は、ホリスター社(Hollister)のアダプト(Adapt)皮膚保護シール スリム(Slim)、製品コード7815、外径48mm、厚さ2.3mm、入数10枚、価格¥2,500(税抜)です。

Hollister Adapt 7815 Slim

上写真、はさみで半分に切れば1回の使用コストは135円です。

イーキンシール同様に、これもリング状に整形して使用ました。

Hollister Adapt 7815 Slimリング整形

でも、思いもよらずイーキンシールよりも膨潤して膨らみが大きかったので「少し使い方に工夫を要するな」と思いました。
それでも3日間使用して、ストマ周囲皮膚への便付着は防止できたので、この製品もとりあえず「いいね!」です。

2度目の試用ではちょっと考え、引き延ばすようにして”名古屋名物「きしめん」”にしてみました(笑

整形する長さは「ストマの直径cm×π(円周率3.14)」で計算できるので、KenUの場合は10.5cm程度です。

Hollister Adapt 7815 Slim入た状整形

このようにすると、ストマまわりに貼り付けやすくなります。

Hollister Adapt 7815 Slims処置

その上から、少し穴を大き目に切った面板を貼るとこんな感じ↓。

Hollister Adapt 7815 Slims使用ストマ装具面板装着

3日間使用の間に、下痢便もしたけど、面板下への便の潜り込みはまったくなし。

ストーマ外来以降、シール製品を使い続けて皮膚状態もとっても良好です。

レビューは以上です。

以下は雑談。

ストーマシール製品は、二品系装具(ツーピースタイプ)よりも一品系装具(ワンピースタイプ)と組み合わせて使用したほうが、コストが抑えられてベターだと思います。

シール製品を使用すると、面板の穴を少し大き目に切って装具を装着しやすくできて、皮膚に便が触れることもなくなり、ハイドロコロイド剤によって皮膚保護・回復し、メリットはかなり大きいと感じます。

ただし、使い慣れていないと、貼るまでの手間を要して面倒くさいなぁ、というのはあります。

なお、今回試したイーキン製品とホリスター製品のどちらが良いかは、恐らく、使い勝手、膨潤性の好み、皮膚に対する親和性、保護効果などに個人差がかなりあると思いますから、KenUはお答えすることはできません。

ところで、辞書で「SEAL(シール)」を調べると、「封印する」「密閉する」「粘着テープのシール」「印鑑」「アザラシ」など動詞・名詞の色々な意味が出てきますが、ストマシール製品のSEALは「埋めるもの」「塞ぐもの」「漏れを防ぐもの」という理解でよいと思います。

ちなみに、イーキンのイーキンシール(CPB系)ホリスターのアダプト皮膚保護シール(CPBM系)以外では、コロプラストのブラバ モルダブルリング(CPBE系)コンバテックのストマヘッシブシール(CPB系)などもあります。(←それぞれのメーカーの製品ホームページリンクを貼っておきます。クリックすると別タブで商品紹介ページが開きます。)

(C・・・系)というのは、構成成分の略で、頭のCはカルボキシメチルセルロース(CMC)をあらわしています。
KenUは、CMC配合の皮膚保護製品を個人的に勝手におすすめしているので、上記製品を挙げています。

そういう訳で、ストマ装具面板からの便漏れでお悩みの方は、色々なメーカーからシール製品のサンプルを取り寄せて、色々なやり方で試してみたら良いのではないのかなぁと思います。

まあ、KenUイチオシのやり方は「きしめん」ですが(笑

*

さらに、余談です。

最近、一品系装具(ワンピース)を使うときには、毎回自分で面板に改良を加えています。

ダンサックノバ1面板改良

上写真は、ストーマ外来に持参した装具そのものですが、面板周囲に切れ込みを入れているのがわかりますか?

その目的は、KenUのストーマ周りは少しもっこりした膨らみがあるので、切れ込みを入れることで曲面にフィットさせて、面板が良い具合に皮膚に馴染んで貼り付くようにして、好ましくない応力を緩和するためです。

海外メーカー(Salts Healthcare社)のフレキシフィットという製品を真似しただけでなんですけどね(笑

*

最後に・・・

ストーマ外来への定期的通院は3年になりますが、とても有意義に感じています。

経験のない新しい製品を試せたり、WOCナースさんの専門的かつ熟れた手技を直に目にして非常に勉強になったり、ストーマケアに関する知識・情報が増えたり、自分のストマ処置スキル向上に非常に役立っています。

ドクター及びWOCナースさんにはいつも大変お世話になり有難うございます。

*

[2017/8/7追加]
アダプト皮膚保護シールは、2ついただいていたので、ワンピース装具(ダンサック ノバ1)との組み合わせで使用してみました。
今回は1/3の大きさに切って使って「きしめん」にしたので、一回の使用コストは90円です。

8/5の晩、装具なしでの入浴後に新しい装具を装着して、夜中に大量に排便。
その後、8/6の朝から8/7の朝まで下痢をしっぱなしで、2日間で合計7回もトイレで便を排出。

で、8/7の晩、入浴前に装具を取り外した訳ですが、まったく面板下への便漏れなしでした。
ストーマ周囲皮膚にも何ら異常なしで、とっても綺麗。

*

[2017/8/16追加]
上記予告どおり、イーキンシールスリムを購入!

1/4の大きさに切って、「きしめん」にして使用しました。

イーキンシールスリムきしめん

開封した残りた分は、余計な水分を吸わせないように、ブリスターケースごとチャック付きポリエチレン袋(100円均一で購入)に入れて保存すると良いと思います。

************** 関連記事 **************

ストーマ装具の選定と便排出処理するのにこんなのが欲しい!

ストーマ装具などの価格から自己負担額を計算してみた。

はさみ不要の面板(ストーマ装具)を使ってみると・・・

***********************************

カテゴリー:ストーマ, medical, stoma, 医療

クシタニCBM in 道の駅 路田里はなやま

7月15日 土曜日の今日は、「2017 KUSHITANI COFFEE BREAK MEETING ・クシタニコーヒーブレイクミーティング(←参照リンク)」に行ってみました。

道の駅 路田里はなやま案内標識

「路田里」は、「ロータリー」と読むのね(笑

場所は、宮城県のここ↓です(クリックすると別タブで拡大表示できます)。

栗駒山麓ジオパーク ジオサイトマップ

*

開始がAM7:00だったので、ちょっと寄り道してきて、ほぼ7:00に到着。
KenUが一番乗りで、後から他にライダーが2人来ました。

クシタニCBMテントとMT-09

MT-09でクシタニコーヒーブレイクミーティング

ブースは4つあり、奥から・・・
バイク盗難保険・ロードサービスのズットライド(ZuttoRide)さん(←HPリンク)、
レザージャケットなどバイク用品のクシタニ(KUSHITANI)さん(←HPリンク)、
インカムなどモーターサイクル用ワイヤレス通信機の有限会社トーヨー産業(toyo sangyo)さん(←HPリンク)、
モーターサイクルのロイヤルエンフィールド(Royal Enfield)さん(←HPリンク)。

KenUのMT-09の他に写っているバイクは、ロイヤルエンフィールドの展示車です。

*

で、何をするという訳でもなく、コーヒーを1杯ごちそうになり、気温が上昇して暑くなる前に、さっさと帰宅しました。
とはいえ、途中の久しぶりに走るワインディングロードは気持ち良かったなぁ^^

KISHIUTANI Coffee Break MEETING

KUSHITANI CAFE

*

それから、CBMは毎年開催しているとのことで、スタンプカードをいただいたのと、カメラのクッション用にタンクバッグの中にタオルを敷いているので、それ用にクシタニのミニタオルをお土産で購入しました。

KUSHITANI CBM STAMP CARD

クシタニCBMブース

*

さて、人工肛門保有者(オストメイト)のKenUがツーリング時にいつも心配になる御手洗いは、というと・・・

道の駅 路田里はなやまのトイレ

路田里はなやまのオストメイトトイレ

オストメイト対応トイレの表示がありました。
朝食を摂らずに自宅を出発したから排便もなく、使用せずに済んだので中を覗いてないけど。

*

最後に・・・

CBMに来る前に寄り道したところというのは、牛渕公園(うしぶちこうえん)です。

アジサイ(紫陽花)が咲いていたので、カシャッ!

牛渕公園の紫陽花とMT-09

はさみ不要の面板(ストーマ装具)を使ってみると・・・

2品系(ツーピース)ストマ装具のサンプルをいただきました。

ホリスター ニューイメージFFF テープ付き。
ハサミでカットせずに指で穴を広げて使用できるという優れものです。

HollisterニューイメージFFFテープ付きサンプル

しかし、メーカーサイトに掲載されている「ニューイメージ FFFテープ付 装着手順方法」(←参照リンク・PDFファイル)では上手に装着できなかったので、今回、KenUが試してみた装着方法を紹介します。

それに関連して、他のサンプルの記事も書きたいと思います。

*

少し前置きから・・・

KenUは、永久人工肛門になった約1か月後には『ストーマ装具の選定と便排出処理するのにこんなのが欲しい!』、約6か月後には『ストーマ装具などの価格から自己負担額を計算してみた。』という記事を書いていますが、3年後の今でも、コストパフォーマンスの視点からいろいろな装具を使ってみたいと考えています。

退院後から今日までずっと、ホリスター(HOLLISTER)の ニューイメージ(New Image )FWFテープ付き(面板)とニューイメージロックンロール(パウチ)をメインの装具として使っています。

今回頂いたサンプルは面板だけでしたが、普段使い慣れているパウチ・ロックンロールがそのまま取り付け可能です。

*

では、試用した手順を説明していきます。

まずは、失敗した方法から・・・

ストーマ装具を外しての入浴後に、とりあえずストマサイズを測定しました。
なお、測定器具は『ストーマサイズを測るノギスみたいな測定器の名前は知覚計』という記事に書いています。

オイレンブルヒ知覚計(ストーマノギス)

続いて、メーカーの言う手順通りに操作しました。
最初に、面板のリリースフィルムを剥がします。

ニューイメージFFFリリースフィルムの剥離

あっ、そもそも、すでにここからだめじゃんっ!?
目盛りがなくなって、広げる大きさの目安がなくなってしまいました(笑

HollisterニューイメージFFFテープ付き面板皮膚保護材面

でもまあ、手順どおりに適当に皮膚保護材を指で広げて穴を大きくします。
はい、こんな感じ↓ (本当にいいのか、こんなんで?と思いながらも・・・)

ニューイメージFFF皮膚保護材穴広げ

そして、ストーマに装着します。

で、装着したら・・・
伸ばして広げた穴が縮んできて、まるで首を締められるように、皮膚保護材のハイネックでストーマの上の方がキュッと締め付けられている状態、ストーマが搾られている状態になってしまいました。
「こりゃだめだ」と思い、すぐにリムーバを使って剥がして、いつもの装具に装着し直しました。

*

次は、上手くいった方法・・・

日を改めて、残りのもう一枚のサンプルを使ってリベンジしました。

KenUの方法では、最初にリリースフィルムを剥がすことはしません。

HollisterニューイメージFFFテープ付きH14103

手指をよく洗浄した後に、
皮膚保護材を外側に向かって巻くように、指で転がしてながら穴を広げます。

ニューイメージFFF皮膚保護材穴の広げ方

目盛りが見えるので広げる大きさもわかります。

ニューイメージFFF皮膚保護材穴ひろげ後

はい、こうすると穴が縮んできませんし、ハイネックにもなりません。

完璧です!!

面板をこのように調整しておいて、入浴後にリリースフィルムを剥がして、いつものように装着しました。

装着後は、皮膚保護材の巻いた部分を指で巻き戻すようにしながら、ストーマの大きさに合わせて、隙間を埋めるように整えます。
少しその作業に時間がかかってしまったのと、指にストーマの粘液が付着したりしたので、手先の器用さと、慣れが必要かもしれません。

装着感はとても良いです。

*

ニューイメージFFFテープ付きのお値段は、一枚1,080円。
これにパウチ380円を足すと、一回分は1,460円になります。

高い。
FWFテープ付きが700円ですから、380円のコスト増です。

でも、この装具のメリットを考えてみると・・・
ストマと面板の隙間なしに装着できるということ。
便漏れを起こしやすい人、面板にペーストを併用している人とかには、もしかしたら効果的かも知れません。
イレオストミーの人とかにも?

それから、もしかしたら、排便後にパウチの中を水で洗っても、面板下への便の潜り込みもなく装着期間を長持ちされられるかも?
もしかしたらですよ。
KenUは責任持ちませんが、もしかしたら・・・

ちなみに、一回実験してみました(笑
パウチの中に水を入れて便を洗い流してみると・・・
ストマと面板の間に隙間ができる装具では、水を入れるとストマ周囲皮膚が「ヒヤッ」として冷たいのですが、FFFテープ付き面板ではそれほど冷たく感じませんでした。
隙間が少ない効果かな?

また、テープ付き面板の良いところの一つは、うんちがお風呂のお湯で茹らないように入浴前に便を排出して、トイレットペーパーねじりん棒でパウチ内を綺麗にして、面板周囲にフィルムドレッシングを貼らずに、そのまま入浴できるところです。

価格的には高いですが、是非一度お試しください。

*

別に、『世界の人工肛門オストミー製品を調べてみた。』という記事を書いているときに見付けて、村中医療器さんからサンプルを頂いて試していた製品が、Trio(トリオ社)のSiltac(シルタック)とSilken(シルケン)です。

実は、かなり以前にお試ししていたのに、記事にしていませんでした。

シルタックの使い方は、それを貼った上にストーマ装具を装着します。
How to Apply the Trio Siltac™ Silicone Ostomy Seal(←YouTube動画参照リンク)

この製品は厚みがあるのが難点で、それが原因で最初の試用のときに、案の定失敗しました。
面板にせん断応力がかかって、皮膚保護材が凝集破壊したことと、面板下皮膚が痛くなってしまったのと、便が下に潜り込みました。

それで、またまた工夫です。

ダンサックノバワンの面板周囲をSalts Healthcare(ソルトヘルスケア社)のFlexifit(フレキシフィット製品)の面板の真似をして、加工しました。
なお、下写真のマジックで線を書いた部分は、ダンサックノバワンミニの面板サイズです。
こうすることで、厚みのあるシルタックを装着しても、包み込むようにして応力を緩和して皮膚にフィットさせて貼ることができました。
そういえば、イーキン社の新しいツーピース装具の面板もフレキシフィットみたいな形じゃなかったかな?

このときにはシルタックは小さいほう(No.2)を使用。
シルタックは、伸びがありストマが締め付けられることもなく、隙間も埋まって良い感じでした。

2日間装着して、その効果は?
実は、よくわからなかったんです(汗

シルタック自身は皮膚との粘着性はあまり強くなくて、水気がつくとさらに粘着力が弱まるようです。
使用感もうまく説明できません。

興味をお持ちの方は、是非お試しください。(外出せず、失敗してもよい日に。)

*

シルケンは、ペースト製品で、ツービース装具を装着してからストーマと面板の隙間に塗って使ってみました。
ノンアルコールのシリコーン製品なのでストマに付着しても大丈夫で、時間の経過とともに固まりゴム状になります。
How to Apply the Silken™ Silicone Stoma Gel / Stoma Paste(←参照リンク・YouTube動画)

チューブから直接出して塗るのではなく、ゴム手袋をつけた指先にペーストを付けてストマ周囲に塗りました。

チューブがなくなるまで何度も使用して、その効果は?
実は、よくわからなかったんです(笑

ストーマと面板の隙間を塞ぐので、皮膚に直接便がつく確率は減りますが、固まったシルケンと皮膚との接着性がないので、シルケンの下に便が付着していることもありました。

装具交換時に面板を剥がした裏側を見て、皮膚保護剤がどれくらい溶けて(またはふやけて)いるか観察しますが、とくにふやけが減るということはなくて、つまり面板の装着期間が延びるということはなかったです。

興味をお持ちの方は、是非お試しください。

*

今回のレビューは、ストーマは個人差が大きすぎるので、「KenUの場合はこうでした」ということであって、全てのオストミーに当てはまるものではありません、ということを付け加えさせてもらいます。
きっと、快適に製品を使用されているユーザーさんもたくさんいらっしゃることと思います。

ストーマ装具及び関連メーカーさん、いろいろとサンプルをくださって有難う御座います。
感謝申し上げます。
おかげ様で、なんか、究極のストーマ装具のかたちが見えてきました。

そういえば最近は、バイオデザイン(←参照リンク)の勉強を怠ってるなぁ(笑

************** 関連記事 **************

ストーマ装具の選定と便排出処理するのにこんなのが欲しい!

最近、これはいい!と思ったストーマケアアクセサリー

はさみ不要の面板(ストーマ装具)を使ってみると・・・

ストーマ装具漏れ防止シール製品ってなかなか「いいね!」

***********************************

カテゴリー:ストーマ, stoma

ロート製薬のケアセラ®はストーマ洗浄に使えるか?

久しぶりのストーマ(人工肛門)ねたです。

先日、妻がボディーソープを買ってきました。
妻自身が使いたいと思って買ったらしいのですが、「弱酸性だし、もしかしたらストーマにも使えるんじゃない?」と言われたので、考えてみることにしました。

以前「ストーマ装具を交換するときに、どんな皮膚洗浄料を使用するのが良いか?」という記事を書いているので、成分の考察、試用結果などを記事にしようと思います。

*

ロート製薬から販売されている、ケアセラ。

この製品のコンセプトは「乾燥肌になやむ人をなくしたい」ということで、そのメカニズムが「タオルを使わずに、セラミドホイップで肌バリアを守って洗う」というもの。

pHを測定してみると、pH6.0~pH6.5の弱酸性でした。
実は、KenUは弱酸性にはこだわっていません。
というのは、ストーマ粘液のpHは弱アルカリ性だから。

pHの測定方法などは、過去の「人工肛門から出る便のpHとストーマ用品のpHはどれくらい?」という記事を参照してください。

さて、ケアセラの配合成分は・・・

うわ~、いろいろ入っていますね。

角質層のある通常の皮膚には大丈夫なのでしょうけれど、ストーマ、つまり大腸粘膜表面を洗うのに大丈夫かどうか、原料メーカーのサイトなどから、それぞれの成分の機能などを調べてみました。カッコ()内に書きす。

・水(希釈剤)
・ラウリン酸PEG-80ソルビタン(洗浄剤。非常に大きな分子量(約4,000)を持つ非イオン性界面活性剤なので、皮膚や眼に対してほとんど刺激がない。)
・ソルビトール(水分調整剤・湿潤剤。グルコースを還元し、アルデヒド基をヒドロキシ基に変換したもの。)
・ココイルグルタミン酸2Na(洗浄剤。アミノ酸系アニオン界面活性剤で、極めて低刺激性で、アレルギー性がない。)
・ラウリルヒドロキススルタイン(洗浄剤。両面活性剤で、皮膚や眼に対して刺激性が少なく、高い増泡力と泡安定性がある。)
・ココイルメチルタウリンタウリンNa(アミノ酸系アニオン界面活性剤、高い増泡力と泡安定性がある。)
・カプロイルメチルタウリンNa(アニオン界面活性剤。非常に低い細胞毒性。高起泡性、高加水分解安定性がある。)
・天然型マルチセラミド[セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6II、セラミドEOS、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン]構成成分(保湿剤)
・ベヘン酸(直鎖飽和脂肪酸)
・コレステロール(皮膚の保湿機能補助、皮膚バリア能の回復促進)
・ランブリッサトリコフィラ葉エキス(様々な炎症から皮膚の赤味を正常化)
・フキ葉/茎エキス(エモリエント剤)
・カミツレ花エキス(抗炎症、抗酸化、収斂、鎮痒)
・ポリオクタニウム-7(被膜剤。カチオン界面活性剤)
・デキストリン(粘度調整剤)
・BG(1,3-ブチレングリコール、保湿剤)
・グリセリン(保湿剤)
・EDTA-2Na(キレート剤、洗浄力低下抑制)
・イソステアリン酸イソブチル(エモリエント剤)
・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロビニル(防腐剤、保存料。ポジティブリスト収載
・PEG-60水添ヒマシ油(乳化剤。低刺激・低毒性、非イオン界面活性剤)
・セタノール(乳化物の安定化剤。パーム・ヤシ由来の飽和高級アルコール)
・セテアレス-25(乳化剤)
・コカミドDEA(増粘性、増泡性、洗浄力)
・クエン酸(pH調整剤)
・香料

*

刺激性や毒性の高いものは入っていませんし、皮膚の保湿成分・保護成分、抗炎症成分などが配合されていて、年齢からくる乾燥肌にはとっても良さそうな感じがします。

ただし、ストーマ洗浄の使用はというと・・・
洗浄剤としてノニオン界面活性剤意外にも、アニオン、カチオン界面活性剤がかなり入っているので、洗浄効果が高すぎるとちょっと不安です。

KenUの場合は、大腸表面の粘液が洗浄され過ぎて除去され過ぎると、ストーマ付近のどこかがちょっと痛くなります。
例えば、ストーマ外来で使っている、コラー〇ュ〇ル〇ル泡せっけんで洗うと、痛いんですよね。
でも、処置してくださっているWOCナースには申し訳なくて、やめてと言えなくて、半年毎のことなので我慢していますが・・・(笑

それから、防腐剤として入っているブチルカルバミン酸ヨウ化プロビニルも、よくわからなくて不安。
でも、ポジティブリスト収載で配合規制がなされているので大丈夫かな?

ということで、とりあえず、試しに使ってみることにしました。

*

泡を手にとり、ストーマを洗ってみると・・・

ストーマ粘液の水分がケアセラの保湿成分に吸収されすぎて、こてこてっとした感じになって、なめらかさがなくなり洗い難くなります。
ですから、お湯を適度に付け足しながら洗うと、すべすべな洗い心地になってよいです。
心配していた、粘液のとりすぎというのはなくて、特にストーマ周囲の痛みは生じませんでした。
ケアセラは、全身も洗えるし、ストーマ周囲肌のケアにも良さそうな気がしました。

*

でも、KenU個人的には、ストーマを洗うのには、永久人工肛門を造設してからずーっと3年以上使い続けている、これ↓がやっぱり一番自分には合っているみたいです。

または、ハビナース 清拭料 泡タイプと同じ成分が使用されている「ベーテルF」もいいです。

*

しばらくケアセラを使ってみて、ストマ周囲のスキンケアに対する効果を観察してみようかな。

CareCera(ケアセラ) 泡の高保湿 ボディウォッシュ 450mL
←Amazonで見てみる。

ハビナース 清拭料 泡タイプ 500ml
←Amazonで見てみる。

カテゴリー:ストーマ, stoma