アーカイブ

Archive for the ‘stoma’ Category

ストーマで困るのは寒いトイレと定格消費電力

人工肛門・ストーマで困るシリーズ第5弾!!

まず、少し前置きから・・・

KenUは、某ストーマ装具メーカーの情報配信の会員に何となく登録しています。
そのメルマガに「こんなときどうしてる?」というコーナーがあり、他のオストメイト会員様からのトイレでの防寒対策についての質問に対して、事務局からアドバイスを募集されていたのでお応えしようと思った訳です。

そして、その情報提供用に写真を撮っているときに、あることに気付いてしまい、それが新たな検討へと発展し、家族の満足にもつながり、といった面白い展開になったので記事にします。

*

KenUが住んでいるところは東北・宮城県。
一戸建て住宅、東日本大震災で少し傾き、隙間風あり、真冬の真夜中のトイレはとっても寒いです。
氷点下になることもあります。

しかし、人工肛門では排便を我慢したり、コントロールしたりすることはできないので、真冬の真夜中であろうと、ストーマパウチに便が溜まったらトイレに捨てに行きます。
便排出時は、上着をまくり上げてお腹を露出させるので、モコモコに上着を着込んだりしません。
KenUが便排出に要する時間、つまりトイレに籠っている時間は、便の性状によりますが、15分~25分。

ほんと、寒いです(笑。

そんなときは、屋内専用カセットボンベ式ガスストーブ(ニチネン製、ミセスヒートイヴ KH-013)を使っています。

今冬で3シーズン目。

ですが、狭いトイレ内での使用は決して安全とは言えないので、この防寒対策は他人にはお薦めできません。
でも、一応説明します。

↓換気扇を回しながら、こんな感じで点火して使っています。

まず気を付けないといけないのが、” 一酸化炭素中毒 ”。
死んじゃいますからね。
ドアは開けっぱなしにして、水を入れたペットボトルをドアに挟んで閉まらないようにします。

そして怖いのが” 火災 ”。
ストーブの近くに燃えやすいものを近づけないようにしつつ、便座に座ってストーブを監視しつつ、ストーマパウチから便を排出します。
何かあったときにすぐに消火できるように、脳内シミュレーションもしながら。

なお、出力は0.9kW(800kcal/h)、恐らく木造2.5~3畳目安なので、1畳程度のトイレには十分すぎる暖房能力です。

*

当初、電気式ヒーターのほうが安全で良いと思っていたのですが、トイレ内のコンセントは暖房便座の電源をとるのに使っていたので、しかたがなくガスヒーターで我慢していたという訳です。

と、ところが・・・

今回の写真を撮っているときに改めて見てみると・・・

な、なんと・・・

コンセントは二口あるじゃぁありませんか!!(笑

コンセントの空きに気付くきっかけを頂いた事務局様には感謝です。
ありがとうございます。

*

善は急げ!!

翌日、近所のホームセンターでいいものを見つけました。
セラミックファンヒーター(アイリスオーヤマ製 JCH-D083T)です。

一酸化炭素中毒の心配がないので、トイレのドアを閉めて使用できます。

760wの定格消費電力で、ヘアードライヤーよりも弱い風の、やんわりとした温風が出てきます。
暖かくなるまでに多少の時間はかかりますが、ストーマパウチから便を出して綺麗にしている間に体は温まってきます。

比較的安全ですし、何もないよりは良いですね。
持ち手(取っ手)付なので、片手で簡単に温風吹出口の向きを変えられるのも便利です。

家族の評判は?というと・・・
小のときは温まる前に用足しが終わるのでスイッチは入れず、大のときはとっても有難いそうです。

*

ところで、電気式ヒーターを購入するときに気を付けたいのが、定格消費電力。

我が家のトイレのコンセントは、定格電流が100V、15A。
つまり2口合わせて1500W(定格容量)を超えての使用はできません。

使用中の暖房便座の定格消費電力は53W。
今回購入したヒーターと合わせた定格消費電力は、813Wになるので定格容量的にはかなり余裕です。

実は、余裕を持たせた理由があります。
それは、近々下水道工事が始まり、いよいよ我が家も簡易水洗汲み取り式トイレから水洗トイレに変わる予定で、それに伴って温水洗浄暖房便座にしようかなと思っていたから。

あっ、KenUは肛門ないからおしり洗浄機能は不要だけど、家族のためにね。(笑

定格消費電力を調べてみると、TOTOウォシュレットは316W~1281W、LIXILシャワートイレは300W~1300Wまで、様々な機種があります。
セラミックファンヒーターが使えなくならないように、機種選定の際には気を付けたいです。

既に温水洗浄暖房便座を取り付けている方は、その定格消費電力とコンセントの定格電流を調べてから、コンセントの定格容量を超えない定格消費電力のセラミックファンヒーターを選ぶと良いと思います。

*

余談ですが・・・

このブログネタのために、温度計も買ってきてトイレに取り付けてみました(笑

12/6朝6:00のトイレ内は8℃。
これから、どんどん冷え込んでいきます。
今冬はいったい氷点下何度まで低下することやら。

*

[2017/12/10追加]
これを書くのを忘れていました。

トイレで写真を撮るついでに、トイレの整理をしていて見つけたのがこれ!!

フマキラーの「泡でトイレの悩み解消 トイレ消臭 初めから終わりまで」という商品。
いつ購入したものか不明ですが、現在は販売されていない古い製品みたいです。
試しに、ストーマパウチから便を捨てる前に使ってみたら、トイレの中に臭いが拡散するのを少し抑えられ、ミントの香りもして、なかなか良かったです。

*

ニチネン ミセスヒートイヴ(屋内専用) KH-013
←Amazonで見てみる。

アイリスオーヤマ JCH-D083T
←Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

ストーマで困るのはスボンと下着と入浴とセックス

ストーマで困るのは温泉と浴衣と旅館のトイレ

ストーマで飛行機に乗るときに困るのは?・・・心配しなくても大丈夫

ストーマで困るのはギックリ腰になったとき

人工肛門関連記事一覧

***********************************

広告
カテゴリー:アイテム, ストーマ, stoma

オストメイト対応トイレ使い方講習があれば参加してみたいかも?

はいっ、久しぶりの人工肛門・ストーマ関連ねたです。

いきなりですが・・・

全国各地で「オストメイト交流会」、「ストーマ患者会」などが開催されていますが、そのような場でオストメイト対応トイレ(以下、「オストメイトトイレ」といいます。)の使い方について、講習会的なことを企画してみては?

というのがKenUの提案です。

そこで今回、何故そのようなことを思ったのかを記事にしたいと思います。

*

これ ↓ は、KenUが定期的外来している病院の、オストメイトトイレ(TOTO製)です。

病院のTOTO製オストメイト対応トイレ

↓同じ病院の2Fのトイレ

病院2Fのオストメイト対応トイレ

すでに3年前、「人工肛門ストーマパウチからのトイレでの便の出し方」という記事で、ここのトイレでの便の排出を解説しました。

その一方、オストメイトトイレというのは”ストーマ装具(ストマパウチ)の交換にも使用できるもの”とイメージされていると思いますが、KenUはまだそうした用途で試したことがありません。

オストメイトのみなさんは、オストメイトトイレでどのようにストマパウチ交換をしたらよいのか、イメージできているでしょうか?

一言にオストメイトトイレといっても色々なタイプのものが存在しますが、どのタイプでも快適に利用できるのでしょうか?

使い勝手の良し悪しがあり、初めて使うタイプのオストメイトトイレではパウチ交換が上手く出来ないのではないか?という不安を抱いていないでしょうか?

正直言って、KenUはオストメイトトイレでパウチを交換する勇気はありません。

*

これ ↓ は、皇居東御苑平川門にあるオストメイトトイレです。

皇居東御苑平川門のオストメイトトイレ

尿瓶(しびん)洗浄タイプと言われるものですが、外したストマパウチを洗浄するための水洗ノズルが便座の下に付いていて、下に向かって水がでます。

これ ↓ も、しびん洗浄タイプの新幹線車内のオストメイトトイレです。

新幹線のオストメイトトイレ
写真提供:れんこんじじいさん( ツイッターより)

揺れる列車内で、うまく使いこなせるでしょうか?

これ ↓ は、時々お買い物に行くスーパーマーケットのオストメイトトイレです。

スーパーマーケットのオストメイトトイレ

手持ちの水洗ホースが付いています。
片手が不自由な人には使いにくいかもしれません。

多目的トイレ入口にオストメイトトイレの表示があっても、入ってみると色々な面でがっかりすることが多いです。
所詮、設置した側は健常者目線なんですよね。
でもまあ、それは仕方の無い事だと思います。
だって、KenUも健常者だったときには、障害用のトイレの使い勝手など考えたことなかったから。

でも、障害者になってはじめて気付くことがあるんですね。
パウチの水洗いができる便器が「あればいいんではありませんよ」という意見(※1)があり、KenUも同感、共感したりします。
※1「簡易型オストメイトトイレ」←参照リンク(赤い着物と黒いギターの大腸癌患者より)

そんなわけで、いきなり糞便まみれのパウチで試すのは不安なので、未使用のパウチで練習してみたくないですか?

*

さて、外出先でストーマ装具を交換するシーンというのは、装具が外れそうとか、パウチが剝がれてしまったとか、便が漏れてしまったというときですよね?

KenUは未だそのような状況になったことがないので、想像してみます。

・まず、ストーマパウチを外すので、便が付かないようにズボンは脱ぎたい。脱いだズボンはどうしたらいいのかな?

・ストーマパウチの中の便を出来るだけ便器に出してから、ストーマ装具を外します。外した装具はどこに置いておいたらいいのかな?

・ストーマとパウチのどちらを先に洗う? もちろんストーマが先ですよね?

・ストーマとその周囲皮膚を綺麗にします。普段持ち歩いているトイレに流せるおしりナップを使って、ふきふきします。この操作は問題なさそう。

・新しい装具を装着します。十分な物置きスペースがあれば操作的には問題ないでしょう。ただし、緊急かつ応急的な交換なので、皮膚被膜剤とバリケアパウダーで処置したり、シール材を使ったりはできませんが。

・最後に外したパウチの中を水洗します。これをやったことがないので不安。水流の勢いを強くし過ぎて、便の跳ね返りを浴びたりしない? 体や衣服が汚れたら嫌だなぁ・・・。

・洗ったパウチを捨てるところはトイレ内にあるのかな? なかったら、どうやって持ち帰ろうかなぁ?

*

ということで、トイレメーカーさんに協力を頂いて、モックアップでいいので(水はでるようにして)、オストメイトトイレの使用体験、模擬練習ができたら、とても有意義だと思います。

また、同時にオストメイトトイレを設置する側の関係者にもお越しいただいて、実際にオストメイトがどのように利用するのかを直に見て頂くことが出来れば、さらに有意義でしょう。

トイレメーカー開発者、利用者、設置者が共通の理解・情報共有することで、より快適な方向へ改善が進むのではないかと思います。

*

余談ですが・・・

先日の東京モーターショーに行った前日の晩に、バルバッコア クラシコ 丸の内店でディナーをしました。

バルバッコア クラシコ 丸の内店

ブラジリアンバーベキューのお店ですが、焼パイナップルが美味しくて、ここ大好きなんです。
高いけど、ここでのオフ会とか誘われると嬉しいなぁ(笑

え~っと、そういう事ではなくて・・・

バルバッコアに入る前にストーマパウチから便を出しました。
新丸の内ビル(通称:新丸ビル)の一般大便用トイレは、綺麗で、広くて、扉内側には引っ掛けるフックがあり、荷物を置けるスペースもあり、ティッシュペーパーホルダーは台付きで、人も少なく静かで、周囲のことを気にすることなく落ち着いて処理できるので快適です。

ですから、多目的トイレにオストメイト対応として尿瓶洗浄タイプの便器を設置してもらうよりも、このようなトイレに、水が出せるちょっとした機能を付加してもらったほうが快適にストーマパウチ交換に使用出来るのではないかと個人的には思う訳です。

試したことはありませんが、ウォシュレット付便座でもパウチは洗えそうな気がするんですよね。ウォシュレットのノズルを便で汚してしまうでしょうけど。

カテゴリー:ストーマ, stoma

幻影ファントムもニューロンでコントロール?

3連休のこの機会に・・・
KenUが人工肛門(ストーマ)になってから、もっと早くブログに書けたのに、何だかんだ後回しにしていて、2年以上前からず~っと書いていなかったことがあるので、やっと書くことにします。

*

8月末に「戦闘機の日本語が素敵だった松島基地航空祭2017」という記事で、F-4ファントム戦闘機の写真を紹介しました。

ファントムといえば・・・
まんが「ファントム無頼」と言いたいところですが・・・
KenUは、永久人工肛門患者になり肛門を失ってからというもの、旧肛門部幻覚を思い出します。

旧肛門部幻覚を英語でいうと、Phantom Anal Phenomena(ファントム エィノル フェノーメナ)です。
直訳すると「幻の肛門現象」。

「えっ? 何それ?」って思うでしょ?

簡単に言うと、切除して存在しない肛門部に、肛門がまだあるかのような感覚を体感することです。

*

もう少し詳しく説明すると、旧肛門部に疼痛、排便・排ガス感、肛門残存感などが生じる現象のことです。

参考文献を引用すると、専門的にはつぎの3つを総称したものを旧肛門部幻覚として扱うそうです。
(1)幻影感覚(phantom sensation「ファントムセンセイション」):幻直腸(phantom rectum「ファントムレクタム」)、幻肛門(phantom anus「ファントムエイナス」)
(2)断端痛(stump pain「スタンプペイン」)
(3)幻影痛(phantom pain「ファントムペイン」):幻直腸痛(phantom rectum pain「ファントムレクタムペイン」)、幻肛門痛(phantom anal pain「ファントムエィノルペイン」)
(参考文献: 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.12(2009年9月28日発行)別刷 消化管症候群(第2版)下 VI肛門)

*

KenUは、術後退院してから、ファントムセンセイションとファントムペインを体感していますが、症状は軽い方だったのではないかと考えています。

術後2年を過ぎると漸減して、術後3年経過した現在では滅多に体感しなくなりました。

経験したファントムセンセイションは、無いはずのお尻からウンチがしたくなったり、オナラがしたくなったり、でも便やガスが存在しないお尻から出るはずもなく、何とも気持ち悪かったですね。
なお、KenUは、この現象は無秩序に起こるのではなく、腸内運動と関連して起こるのではないかと、自信の体験から考えています。

このときの対応は、排便・排ガスを我慢するような意識をするのではなく、存在しない肛門から出るわけがないので「そのままお漏らししちゃえ。むしろお漏らししたい。」と意識することで、やり過ごしていました。
そうすると、脳が「肛門ないんだぁ~」って学習します(笑。

当時、ファントムレクタムを検索したときには、「便座にしばらく座っていると落ち着く」と書いている海外のサイトがありました。

ファントムペインは、ときどきチクッチクッと痛いことがあります。
でも、自分の場合は、たいしたことはありません。

*

文献にもありますが、肛門を切除した半数以上の人が経験するとのことです。
だから、旧肛門部幻覚を生じても「自分は異常なの?」と考える必要はありません。

実は、KenUは、意識的に肛門を ” キュッ ” としめることができるんです。(笑
すごいでしょ?

*

カテゴリー:ストーマ, medical, stoma, 医療

ストーマで困るのはギックリ腰になったとき

ストーマで困るシリーズ記事の第4弾です(笑

さて、KenUは、年齢が40過ぎになった頃から、何度もギックリ腰になっています。
それなのに、また油断してしまいました。
2週間前に、永久人工肛門(ストーマ)になってから初めてのギックリ腰になってしまったんです。

困ったのは、ストーマが邪魔になり、昔使っていた腰痛ベルトが使えなくなったこと。

でも、探せばあるもんですね。
ストーマでも装着可能な骨盤ベルトが。
そこで、今回はその商品を紹介したいと思います。

*

まず、ギックリ腰とはなにか?

ひとことで言うと、仙腸関節(せんちょうかんせつ)の捻挫(ねんざ)です。

日本仙腸関節研究会のホームページ(←参照リンク)の「仙腸関節障害について」から引用すると・・・
・仙腸関節は、骨盤の骨である仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節であり、周囲の靭帯(じんたい)により強固に連結されています。
・仙腸関節は脊椎の根元に位置し、画像検査ではほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しています。
・ぎっくり腰のような急性腰痛の一部は、仙腸関節の捻挫が原因と考えられます。

Wikipedia(ウィキペディア)の捻挫(←参照リンク)から引用すると・・・
・捻挫(ねんざ)、または挫き(くじき)は、関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つである。
・一般用語として多用されるが、医学用語としては更に損傷部位を限局し、〇〇靭帯損傷ということが多い。
・ぎっくり腰やムチウチ症などは日常生活で起こりうる捻挫の代表例である。

これらをまとめると・・・
ギックリ腰のメカニズムは、”仙腸関節が可動許容範囲を超えて動いてしまったことにより、仙骨と腸骨を連結している靭帯が損傷する”ということですね。

*

捻挫の治療では、損傷した靭帯を回復させ、関節の支持性が回復するまで関節の運動を制限することが必要なため、ギックリ腰ではベルトで骨盤を固定するわけです。

それで、見付けたのが( ↓ )これっ!!

ワコール産前産後骨盤ベルト

Wacoal(ワコール)の産前&産後 骨盤ベルト(←参照リンク)のSサイズをAmazonで購入しました。

購入時、「妊娠何週ですか?」といったアンケートがあったので、妊婦ではないKenUは購入できないのかな?と一瞬思いました(笑

装着すると( ↓ )こんな具合です。

ワコール産前産後骨盤ベルト ストーマで装着
※洗面台の鏡に映った姿を撮影したのでリバースになっています。

なかなかいいです。
ストーマ装具に被さったり当たったりしません。
これを巻いたまま、椅子に座ることもできました。
車の運転もできました。

*

これ( ↓ )は、妻が使用していたコルセットとの比較です。

最初は、写真右の「骨盤ゴムベルト」を使ってみたのですが、いまいちだったんです。
( ↓ )こんな具合。

骨盤ゴムベルト ストーマで装着

おち〇ち〇が圧迫される、座るときつい、座っているとずり上がってきてストーマ装具に当たってしまう、そんなことから車の運転ができないなど、いろいろと不具合がありました。

*

ということで以上、ストーマでも使える骨盤ベルトの紹介でした。

KenUは、ワコールといえば女性下着メーカーというイメージを持っていましたが、ホームページを見ると男性下着も扱っているんですね。
ストーマでもはけそうなローライズの下着もあるので、いつか試してみようかな?

*

余談ですが・・・

ストーマでギックリ腰になると本当に大変です。
腰が痛いのに、ストーマパウチから便を捨てたり、ストマ装具を交換したり、腰を曲げる作業が色々とありますからね。

それから、洗面所用に丸椅子をホームセンターで買ってきました。

洗面所の丸椅子

*

ワコール Wacoal 産前&産後 骨盤ベルト サイズS ブラック MGY620
 ←Amazonで見てみる。

パイプ丸イス 高さ45cm 合成皮革 ブラック
←Amazonで見てみる。

************** 関連記事 **************

ストーマで困るのはスボンと下着と入浴とセックス

ストーマで困るのは温泉と浴衣と旅館のトイレ

ストーマで飛行機に乗るときに困るのは?・・・心配しなくても大丈夫

***********************************

 

カテゴリー:ストーマ, stoma, 健康, 医療

47都道府県中オストメイトに優しいのは?1道、1都、1府、11県です。

タイトルについてですが・・・

はいっ、裏を返すと、1府、32県が身体障害者(オストメイト)に優しくない自治体であるということが判明しました(笑

比率にすると、全国の30%の自治体が優しくて、70%の自治体が優しくないということになります。

*

前回の「一時的ストーマでも身体障害者手帳交付可能。閉鎖後無返還は十万円以下の罰金」(←参照リンク)という記事の中で、「身体障害者手帳による自動車税・自動車取得税の減免制度は、自治体によって基準が異なっている」ということを書きました。

ということで、せっかくなので全都道府県を調べてみたという訳です。

自動車税・自動車取得税の身体障害者減免制度のうち、KenUが直接関係する「障害者本人自ら運転する場合(本人運転)」を対象として、該当する身体障害者手帳・直腸機能障害(永久的人工肛門、オストメイト)の等級について調べました。

その都道府県の比較一覧表を次に示し、〇は減免あり、×は減免なしを示しています。

直腸機能障害1~3級ではすべての都道府県で減免対象ですが、4級では都道府県ごとに該否が異なります。

身体障害者に優しい都道府県 自動車税減免

残念ながら、KenUが該当する直腸機能障害4級で、KenUが居住する宮城県では減免されません。

この違いは何なのか? 地方ごとに異なるのか? 大都市圏で優遇されるのか? 考えてみましたが傾向は考察できませんでした。

なお、兵庫県では、4級に対しては1/2減免という他の自治体には見られない独自色を出していたりします(笑。

*

今回調べてみて、すべての都道府県で同じ基準になったらいいのになぁと思いました。

みんながツイッターで拡散してくれたら、いずれ直腸機能障害等級4級でも、すべての自治体で自動車税減免対象に該当するようにならないかなぁ~?

カテゴリー:ストーマ, stoma, 未分類

一時的ストーマでも身体障害者手帳交付可能。閉鎖後無返還は十万円以下の罰金

さて、以前「身体障害者手帳と映画鑑賞・・・どうして割り引いてくれるの?」(←参照リンク)という記事を書きました。

同じく身体障害者手帳関連ネタということで、医療従事者・ドクター・ナースの方々も読んでくださっているようなので、永久ストーマのKenUには本来関係ないことなのですが、一時的人工肛門(一時的ストーマ、一時ストマ)造設の場合の身体障害者手帳交付について書きたいと思います。

*

日本公益社団法人 日本オストミー協会のサイト ”主な福祉制度”(←参照リンク)に、身体障害者手帳の交付対象は「永久造設のストーマに限ります。」と記載されています。

はいっ、本来はその通りです!!

しかし、実際には違います。
一時的ストーマでも、障害者手帳が交付されているという事実・現実があります。
もちろん、交付の認定を受けられなかった方もいます。

なぜ、そのようなことになっているのか?
一時ストマで交付を受けられていない人にとっては、不公平ですよね?
どうして、不公平が生じているのか?

ということで、KenUが法的事実を確認しながら、想像し、考察します。

KenUのブログにはまったく社会への影響力はありませんが、いろいろ是正され、一時的ストーマ造設者のすべてが身体障害者手帳の交付を受けられるようなったら「いいね!」と思います。

*

まず、法律から正しい理解を得ます。
————–
身体障害者福祉法(最終改正:平成二八年六月三日法律第六五号)
第2章 更生援護
第1節 総則
(身体障害者手帳)
第15条
1項 身体に障害のある者は、都道府県知事の定める医師の診断書を添えて、その居住地(居住地を有しないときは、その現在地)の都道府県知事に身体障害者手帳の交付を申請することができる。
3項  第1項に規定する医師が、その身体に障害のある者に診断書を交付するときは、その者の障害が別表に掲げる障害に該当するか否かについて意見書をつけなければならない。
————–
上記のとおり、障害者手帳申請のための診断書の作成は、「都道府県知事の定める医師」に依頼する必要があります。

ストーマ手術をした病院に「身体障害者福祉法第15条第1項に規定する指定医師」がいるかどうか、各市町村窓口、各医療機関で確認しましょう。

指定医師がいない場合は?
う~ん・・・各市町村窓口に相談する?

一時的ストーマになられた方で、医師から申請用診断書の作成を拒否された方もいらっしゃるようですが、もしかしたら指定医ではなかったのかなぁ?

*

次に「別表に掲げる障害」とは何か?
————–
身体障害者福祉法別表(昭和24年法律第283号)
別表(第4条、第15条、第16条関係)
5項 心臓、じん臓又は呼吸器の機能の障害その他政令で定める障害で、永続し、かつ、日常生活が著しい制限をうける程度であるとみとめられるもの

身体障害者障害程度等級表(身体障害者福祉法施行規則別表第5号)
ぼうこう又は直腸の機能障害
————–
ストーマは、その他政令で定める障害の直腸機能障害にあたります。

ここで、重要なのは「永続し」の記載があることです。
つまり、一時的な人工肛門は「障害には該当しない」ことになります。

じゃあ、なんで一時ストマなのに身体障害者手帳の交付を受けている人がいるの?

さあ?(笑
医師の裁量?考え方次第?なのかな?

別に通知「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」の中に、
————–
「法別表に規定する『永続する』障害とは、その障害が将来とも回復する可能性が極めて少ないものであれば足りるという趣旨であって、将来にわたって障害程度が不変のものに限られるものではないこと。」
————–
といった記載があります。

つまり「障害の程度が不変でなくてもよい」ということです。
でも、「回復する可能性が極めて少ないもの」ということからすれば・・・。
微妙ですね。

また、東京度福祉保健局 東京都心身障害者福祉センターのサイト ”身体障害者手帳について”(←参照リンク)に、
————–
「注)身体障害者手帳は、その障害が永続することを前提とした制度ですので、障害の原因となる疾病を発病して間もない時期や乳幼児期、障害が永続しないと考えられる場合(例えば疾病の治療に伴う一時的な人工肛門の造設)等については、認定の対象とならないことがあります。」
————–
という記載があります。

「認定の対象にはなりません。」とは記載されていないところが非常にあいまいです(笑

*

ところで、一時的ストーマで身体障害者認定された患者の指定医師は、「身体障害者手帳診断書・意見書」をどのように書いたのでしょうか?

ここが、非常に興味深いところです。

身体障害者認定要領(ガイドライン)というのがあり、診断書の様式・記載項目が決まっています。

そのうち、総合所見を記入する欄があり、東京都の様式では、
————–
⑤ 総合所見(再認定の欄も記入)

〔将来再認定  要 (軽度化・重度化)・ 不要 〕
〔再認定の時期 1年後・3年後・5年後 〕
————–
となっています。

身体障害者手帳には基本的に更新(有効期限)がありませんから、一時的ストーマの場合、再認定を設定しないと、ストーマ閉鎖後も障害者手帳の継続使用が可能なままなので問題になります。

宮城県のサイト ”身体障害者手帳について”(←参照リンク)を引用すると、
————–
身体障害者手帳には基本的に更新がありません。
身体障害者手帳を交付する際に,以下のような場合,1~5年の再認定期限日を設けて認定する場合があります。障害の程度は,手術の経過,発育の状況,リハビリテーションの実施等によって変化する場合があるためです。
【再認定の対象】
発育、発達によって障害程度が変化する可能性があると予想される場合
手術後の容態の確認が必要な場合
機能回復訓練(リハビリテーション)によって障害程度が変化する可能性がある場合
その他
————–
とあります。

*

意見書を記入する欄の東京都様式では、
————–
身体障害者福祉法第15条第3項の意見
障害の程度は、身体障害者福祉法別表に掲げる障害に・該当する・該当しない
障害程度等級についての参考意見  級相当
————–
となっています。

一時ストマに対して、医師はどのように記入するのでしょうか?
「該当しない、(だけど)4級相当」と書くんですかねぇ?

さすがに、永久的ストーマの人と同じ「再認定・不要」「障害に・該当する」「4級または3級」とすることはないでしょうし、
————–
刑法
第2編 罪
第17章
(虚偽診断書等作成)
第160条 医師が公務所に提出すべき診断書、検案書又は死亡証書に虚偽の記載をしたときは、3年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処する。
————–
という法があるので、医師も迂闊には、いい加減なことは書かないはずです。

*

「身体障害者手帳診断書・意見書」を作成してもらえたら、とりあえず申請してみて、認定する・認定しないはお役所(自治体)の判断になります。

自治体によって判断基準は異なると思うので、不公平はここで生じるのかも知れませんね。

ちなみに、例として・・・
身体障害者手帳による自動車税・自動車取得税の減免制度は、自治体によって基準が異なっていて、東京都では直腸機能障害1級・3級・4級が対象なのに、KenUが居住の宮城県では、4級は対象外なんです。

*

もし、一時的ストーマ造設によって身体障害者手帳の交付が受けられたとしましょう。
そして、しばらくしてストーマを閉鎖する手術をしたとしましょう。

その場合、身体障害者手帳はどうなるのか?
どうしたらよいのか?
どうすべきなのか?

はい、これも身体障害者福祉法に規定されています。
————–
身体障害者福祉法(最終改正:平成二八年六月三日法律第六五号)
(身体障害者手帳の返還)
第16条
1項 身体障害者手帳の交付を受けた者又はその者の親族若しくは同居の縁故者でその身体障害者手帳を所持するものは、本人が別表に掲げる障害を有しなくなつたとき、又は死亡したときは、すみやかに身体障害者手帳を都道府県知事に返還しなければならない
————–

再認定が設定されていれば、その時期がくれば必然的に返還することになりますが、再認定が設定されておらず、そのまま障害者手帳を使い続けていたら?
————–
第5章 雑則
(罰則)
第46条
1項 次の各号の一に該当する者は、十万円以下の罰金に処する。
2号 第16条第1項の規定に違反した者
————–
とあります。

まあ、黙っていればわからないし・・・とも思いますが、
————–
刑法
第2編 罪
第37章 詐欺及び恐喝の罪
(詐欺)
第246条
1項 人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2号 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
————–
という法律もあるので、ストーマを閉鎖したら、すみやかに身体障害者手帳を都道府県知事に返還するのが、大人の対応として好ましいと思います。

*

以上、一時的人工肛門の身体障害者手帳に関して書きました。

一時的ストーマ造設の場合、法的に身体障害者手帳交付の対象外だからドクターは診断書を書かない、申請するだけ無駄だから患者は申請しない、というのがデフォルトだと思いますが、認定・交付の実例も存在することから、考え直してみても良いのではないでしょうか。

また、いろいろと調べてみて思ったことは、医師・自治体ごとのばらつきをなくし、一時的ストーマの方にも確実に障害者手帳が交付されるようにオーソライズされた明確な基準ができ、再認定期間の適切運用による不正使用防止の仕組みさえあれば良いだけなのに、と思いました。

************** 関連記事 **************

身体障害者手帳と映画鑑賞・・・どうして割り引いてくれるの?

ストマ(人工肛門)になったら年金事務所へ障害年金の受給相談に行ってみよう!

ストーマ装具の選定と便排出処理するのにこんなのが欲しい!

47都道府県中オストメイトに優しいのは?1道、1都、1府、11県です。

***********************************

カテゴリー:ストーマ, stoma, 医療

オストメイトピクトグラムがJIS規格に追加されました。

さて、今月のちょっと前に「ストーマ用品に関する用語のJIS規格があるんです。」(←参照リンク)という記事を書きました。

それで、またまた、JIS(日本工業規格;Japanese Industrial Standards)の話題です。

*

7月20日に経済産業省から、「日本工業規格(JIS)を制定・改正しました(平成29年7月分)~案内用図記号などのJISを制定・改正~」(←参照リンク)というニュースリリースがあったわけですが、その ” JIS Z8210:2017 案内用図記号 Public information symbols ” の中に、オストメイトマークとヘルプマークが追加になりました。

今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本人だけでなく外国人観光客にもより分かりやすい、言葉によらない目で見るだけで案内を可能とすること、国際規格(ISO)との整合性を図ることを目的として、改正が行われました。

*

これまでオストメイトマークと呼んでいた、下の案内用図記号(ピクトグラム)は・・・

[番号]5.1.58
[表示事項]オストメイト用設備/オストメイト
[記事]機能:人工肛門保有者や人工ぼうこう(膀胱)保有者の設備がある場所を表示、または人工肛門保有者や人工ぼうこう(膀胱)保有者のことを表す。

という内容で規定されました。

これと同様のピクトグラムが国際規格(ISO)にないことから、今後、国際標準化機構(International Organization for Standardization)への提案を検討するとのことです。

*

ヘルプマークについては、JIS本文ではなく、付属書JD ” ヘルプマークの使用方法 ” での規定になりました。

[番号]JD.1.1
[表示事項]ヘルプマーク
[記事]機能:援助又は配慮を必要としている人が、身に着けることで、周囲の人に配慮を必要としていることを知らせることができる表示。図記号の縦横比率は変更せずに使用する。
注記:公共交通機関、公共施設などへ掲示する活用例もある。

ということで、電車の優先席での使用例が示されています。

ヘルプマークも国際規格(ISO)にはありませんが、今後広く普及させるために、JISとして規定したとのことです。

*

その他、既に2014年のJIS改正時に追加になっている、オストメイトにも係るピクトグラムも紹介します。

[番号]5.1.45
[表示事項]内部障害のある人優先設備
[記事]機能:身体の内部に障害のある人が優先的に使用できる設備を表示。

これは、国際規格 ISO7001にあり、図柄は一致しています。

*

[番号]5.1.50
[表示事項]内部障害のある人優先席
[記事]機能:身体の内部に障害のある人が優先的に使用できる席を表示。

これも国際規格 ISO7001にあり、図柄は一致しています。

*

それから、付属書JB ” 優先設備及び優先席の図記号の組み合わせ使用方法 ” に組み合わせ使用(図記号セット)の基本が示されています。

例えば・・・

実は、KenUはあまり気にしていなかったので、内部障害者も優先されていることは知りませんでした。
でも、今のKenUの健康状態ならば、優先は必要ないですね。

*

JISの話は以上ですが、最近気になるものを発見したんです。

↓これは、よく行くスーパーマケットの多目的トイレの表示で、普通に分かるので、とくに問題はないです。オストメイトマークがあります。

問題はこれ↓。同じスーパーの駐車場です。

手前立て札左上のピクトグラム。人のかたちの真ん中に大きく十字の図柄。
十字の大きさと位置が?????(笑

これは、オストメイトマークのつもりなのかな?
よくわかりません。
謎です。

なお、JISには「人の上半身正面図の右下に白抜きの十字形」と規定されています。

もしオストメイトマークのつもりだったとしても、KenUはここには駐車しません。
常に、駐車するときにも、出ていくときにも、バックせずに済むところに停めたいので(笑
しかも、なるべく歩きたいので、店舗から少し離れたスペースに駐車します。

*

ついでに、障害者のためのピクトグラムという観点からいうと・・・

上写真のような ”緑色” とか、ヘルプマークのような ”赤色” を使用するのは、実はあまり好ましくないんですね。

なぜかというと、重度の色覚異常(色盲・色弱)がある方には識別しにくい場合があるからです。
白色との組み合わせのようにコントラストが付けられれば問題ありませんが。

ですから、公共のものについては、色覚バリアフリーといったことを考慮して配色を選ぶことが重要です。

ちなみに、KenUは赤緑色弱という色覚異常がありますが、ビリジアンのような暗い緑色と黒色との識別が、シーンによってはちょっと困難なときがあるだけで、夕日の赤、芝生の緑など、きちんとカラーに見えるので日常生活ではまったく問題ありません。

************** 関連記事 **************

ストーマ用品に関する用語のJIS規格があるんです。

***********************************

カテゴリー:ストーマ, stoma